食戟のソーマ 188話 ネタバレ 【葉山の熊料理の評価が判明】最新確定

      2016/10/20

遠月十傑評議会ランキングはこちら

 

食戟のソーマネタバレ最新話情報です☆

 

扉絵
「葉山 竜胆 司の後ろ姿」

 

~188話 食戟のソーマ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料~

 

~前回のハイライト~

宗衛
(旨みのグラデーションを作り出すことに成功している!!
それが重層的なコクを感じさせるのだ!!)

さらにメンチカツを食べる宗衛

宗衛
(この料理で彼が走った“綱渡り”―――――
危険をかいくぐる料理人の覚悟が・・・)

ネクタイを緩める宗衛
そしてシャツのおはだけ

『爆ぜて 止まらぬ!!!』

坊主達
「はだけ・・・・・・た・・・!!」

堂島
「『おはだけを継ぎし者』も・・・
幸平の品を認めたようだぞ!」

ガッツポーズのソーマ

坊主達
「うおおおおお!!すごい!すごいぞぉ!!」

「さすがは幸平殿だ!この勝負決まったぞ!!」

久我
「ふっふっふ・・・ワシは信じていたぞよ」

「流石じゃのう幸平創真よ!」

しかしソーマの反応は薄い

久我
「・・・・・・幸平ちん・・・?」

ソーマ
「や・・・・・・
どーっすかね」

無表情で葉山の料理を待つソーマ

そして葉山が審査員のもとへ完成した料理を持ってくる

葉山
「お待たせしました
最高の熊肉料理でございます」

葉山の出した料理に驚いている一同

坊主達
「な・・・・・・・・・!!?」

「何だ・・・・・・!!!この輝きはぁ-ッ!?」

ソーマ
「この勝負・・・まだまだ
どうなるかわかんねーっすよ」

 

ネタバレ 食戟のソーマ 188話『第一ラウンド』

 

香気を操る孤高の天才
新十傑・葉山アキラ
姿を見せる葉山の一品!!

 

ソーマの言葉を思い返している葉山

ソーマ
”・・・まさかこんな感じで
お前との再戦の日が
来るとはなぁ”

葉山
「・・・」

葉山のフライドベアが姿を現す

坊主達
「うおおおっ!!
これが・・・香りの名手

葉山アキラの創りあげた
熊料理店!!」

ソーマ
「”フライドベア”・・・!
葉山!俺の分はぁ!?」

e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20188e8a9b1189e8a9b120e69c80e696b0-11

ソーマ
「オイ・・・
どこまでも眼中にねーって
ツラだな」

葉山
「ずっとそう言ってる
もう立場が違うんだ・・・
弁えろよな」

坊主達
「自信満々ですね
葉山アキラも熊肉に対して

臭みと旨さの綱渡りを
したはずなのに・・・」

久我
「そだね まずは臭み抜きの
バクチに成功してるのかが
ポイントだけど
多分考えるまでもないだろうな」

宗衛
「では早速実食だ」

シーラ&ベルタ
「う うん・・・」

フライドベアを持つソーマ

ソーマ
「あちっ・・・
あちち・・・」

シーラ
「う・・・うぅうっ・・・
創真さんの品もすごかったけど・・・
こ これも・・・」

ベルタ
「う うん・・・!
正直早くかぶり
つきたいよぉ・・・!」

ソーマ
(きらきらと眩しいほどの
衣の照りと軽やかさ!

衣の水分がしっかり抜けてカラっと
でもジューシーに揚がってる!

さすが葉山のヤロウだ・・・
調理の腕は疑いようもねぇ!

おし・・・・・・
バクっと一気に・・・)

大きく口を開くソーマ
しかし口を近づけた所で
急にビクッと止まる
シーラ達も止まっている

e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20188e8a9b1189e8a9b120e69c80e696b0-5

フライドベアを実食する一同
宗衛の口の中にジューシーな
肉汁が広がっていく

ベルタがポロッとフライドベアを落とたと同時に
あっという間におはだけ

シーラ
「くぅうっ・・・
ダメ・・・だよ・・・
気をしっかり!
ベルタっ!」

ベルタ
「えぇシーラ・・・っ
落ち着いて・・・
分析しなきゃ!
えぇっと―――――・・・」

(この鼻にピリリと抜ける辛さは
ブラックペッパーに含まれる成分
”ピペリン”!

パプリカパウダーを
加熱した事で生じた”ピラジン”の

香ばしさと相まって
風味の土台になってる・・・!

熊肉の獣臭さを
打ち消しているのは”ダイム・・・”!

”チモール”というジャープで
ツンとした香りの成分が作用して・・・

ええっと・・・それから・・・
カイエンヌとオレガノの・・・

オレガノの・・・)

じゅるっとよだれを垂らすシーラ

シーラ
「うあああっもうダメ・・・!
理性なんか吹っ飛んじゃうもん~!!」

宗衛
(絶妙・・・っ!!

熊肉の匂いは全て強烈な
旨さへと変貌している!!

複雑に構築された
旨味と風味の重層感・・・

これは間違いなく)

e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20188e8a9b1189e8a9b120e69c80e696b0-4

葉山
「熊肉はケイジャンスパイスを
はじめとした香辛料と塩で
風味付けしてから

衣をたっぷりと
厚めにつけて揚げた

マリネする際
スパイスグラインダーで潰して

香りを立てたジュニエーヴルも
使用している

噛めば噛むほど上質で
甘さすら感じさせる熊の風味が

怒涛の波のように
広がっていくはずだ」

坊主達
「ぐぅう・・・!!
な・・・なんだと!?

幸平殿は・・・
五味子のもつ
複数の風味で熊の匂いを
引き立てていたうえに

リスクを負ってでも匂いの
強い部位を投入したと言うのに
それでも足りないのか!?

葉山のスパイス使い・・・
そこまで差をつけられて
しまうほど高次元なのか!?」

葉山
「なにも驚くことじゃないぜ?
香りってのは人間の鼻でも

数千から一万近くもの種類を
識別できると言われてる

俺はこの料理でそれに
働きかけただけだ」

久我
(は・・・よく言うよ

葉山の超嗅覚と
センスがなければ

そんな皿創り出せるわけ
ないでしょ・・・!)

 

”葉山の回想”

ソーマと再戦をする事になった直後の出来事

葉山
「じゃあな幸平
せいぜい試作に励んでくれ」

そしてある部屋に入る葉山
そこには最新の機器が揃っており
何人もの学者が研究をしていた

e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20188e8a9b1189e8a9b120e69c80e696b0-10

黒服
「ここにある機材も人材も
全て好きなように使い試作を―――――」

葉山
「要らねえ」

黒服
「・・・え?」

葉山は冷蔵庫から熊肉を取り出すと
数十種のスパイスを並べ調合していく

葉山
「あぁ 試作も試食も自分でやるから
全員帰ってもらって構わないぜ

俺の出す熊肉料理は
もう”此処”に組みあがった」

何もない皿を見ている葉山

学者達
「バカな・・・!

素材を見た瞬間から
ものの数分で!!

オリジナルの
ケイジャンスパイスが完成・・・!?

なんて男だ・・・!!」

”回想終了”

━━━━━━━━━━━━━━━

葉山
「さぁ・・・終わりだ」

葉山がボクシング姿で
ラッシュを仕掛けるイメージ描写

━━━━━━━━━━━━━━━

”回想”

秋の選抜の後 ソーマ達が
訪ねてきた時の場面

葉山のスペシャリテについて
教わっている

ソーマ
「やーしかし
まさかかえしをバーナーで炙って
脂と香りを立たせるとはな~

どーやってソレ考え付いたんだ?
教えろよ
なぁなぁなぁ
ケチィ」

黒木場
「引き算と強調ね・・・

まぁネタさえ分かれば
次は絶対負けねぇけどな

いつまでも自惚れてんなよ」

葉山
「お前ら・・・
教わりに来たのか
ケンカ売りに来たのか
どっちだ!!」

また月響宴 1年勢で
盛り上がった時の描写

楽しそうなソーマ達の顔
葉山も楽しそうな表情を浮かべる

だが葉山が過去の自分と
決別するかのような描写

”回想終了”

━━━━━━━━━━━━━━━

葉山
「幸平・・・悪いな
俺にはお前らを倒してでも
守りたい場所があるんだ」

葉山がソーマにアッパーを浴びせるイメージ描写

e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20188e8a9b1189e8a9b120e69c80e696b0-2

ダウンしたソーマが
机にうなだれる

久我
「・・・」

堂島
「・・・」

坊主達
「超えられ・・・なかった・・・
つまりこれで幸平殿の退学は
決まってしまったのか・・・?」

倒れたままソーマが口を開く

ソーマ
「”終わり”って言ったのか?
葉山よぉ」

ボロボロの姿で立ち上がるソーマ

葉山
(こいつ・・・?
まだ目は生きてる・・・!?)

宗衛
「まだ判定には早いぞ

我々は先ず揚げ物単体での
味を確かめたに過ぎない

ソースを付けての審査が
残っている」

シーラ&ベルタの手が止まり
ファイティングポーズを取るソーマ

e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20188e8a9b1189e8a9b120e69c80e696b0-16-d0ee1

ソーマ
「勘違いすんなよ
”終わり”のゴングは
まだ鳴ってねえ・・・!」

 

拳に宿る不屈の闘志!!

 

 

以下嘘バレ

眩いばかりの黄金の輝きを放っている葉山のフライドベア

その見た目に圧倒されている一同
黄金に輝く理由は2つ

一つ目は葉山独自のスパイスの調合
通常のケイジャンスパイスとは違い 黄色の強いクミン・ジンジャー・ガーリック等を多めに入れている
そして緑色のタイム オレガノ ローリエを控えめにしているらしい

しかし薙切によると この調合は”諸刃の剣”
クミンもジンジャーもガーリックも香りが強いのが特徴であり 下手に扱えば香りのバランスを崩してしまうという

堂島
(いや 葉山ならやってのけるだろう
こと”香り”に関して 葉山のセンスは我々の想像の遥か上をいく―――――)

そして黄金フライドベア 2つ目の理由は揚げ油に牛脂ならぬ”熊脂”を使っていること
熊の脂は一般的な揚げ物に使われるサラダ油と違ってアミノ酸の量がケタ違いに多い
そのアミノ酸が高温に熱されることで変性し 金色に変わるらしい
熊の風味を高めるべく 素材を使いこんでいる証だと褒める薙切

そして審査員による実食が開始される
今回も瞬間でおはだけするシーラとベルタ

宗衛もソーマ以上のおはだけを見せる
見た目・味・香り・素材の持ち味 全てにおいてソーマを圧倒していると語る薙切
堂島や久我たちがすっかり諦めムードの中 小鍋を差し出すソーマ

ソーマ
「まあ 騙されたと思って試しに”これ”をちょっとかけてみてくださいよ」

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

遠月十傑評議会ランキングはこちら

~食戟のソーマ 189話 ネタバレ 確定190話の展開は?に続く~

 - 食戟のソーマ