食戟のソーマ 159話 ネタバレ 【楠vs黒木場!決着?】

   

食戟のソーマ最新話ネタバレ情報です。

159話 食戟(しょくげき)のソーマ ネタバレ 画バレ 確定 最新話

 

カラー扉絵は幼いアリスとえりなを見守る仙左衛門。
桜の木にテンション上がる2人。

『春霞 たなびく山の さくら花』

食戟のソーマ159話ネタバレ 最新あらすじ

極星寮で1人ヒマを持てあますえりな。

黒木場が食戟をしている一方で・・・!?

枕を抱いてぼーーーっとしてるえりな。
パタンとベッドに倒れ込み、ソーマの言葉を思い出す。

『いま俺が納得いかねーって思ってんだ それに従って動いてる』

えりな
「・・・・・・・・・」

とそこでいきなり天井のパネルが開き、一色登場。

一色
「おや薙切
ふみ緒さんまで居ないとは珍しいね」

えりな
「きゃああああああっ!?」

201603162207490f5
一色
「・・・・・・あれ? 薙切くん?
おーーいっ
薙切くーん もどっておいでー」

えりな
(心臓が飛び出るかと思った・・・・・・)

ロープを伝って降りて来た一色は全員偵察に出てると聞かされる。

一色
「なるほど偵察か!
どうりで誰もいないわけだね
たしか今頃は・・・
アリスくんが絡んだ食戟も行われてるはずだ」

えりな
「え!?
アリスが・・・・・・!?
どうして・・・」

一色
「・・・・・・現地の様子が気になるかい?」

D会場

審査員が黒木場の料理を絶賛したことでざわつく会場内。


「何だっつうんだよ・・・!
この緑色の層の正体は!!」

田所
「黒木場くん!」

ソーマ
「いいぞー!」

タクミ
「審査員を満場一致で唸らせるとはな!」

メア達
「・・・・・・ッ」

大泉
「層の正体はクレープじゃ
それもほうれん草を練りこんでおる!」

もも
「ほうれん草のクレープ・・・
ふうん それで緑色なんだ」

メア
「それが・・・
どういう効果があるっていうのよっ!?」

大泉
「ほうれん草のわずかな渋みが味に深みをもたらし
カットした時の見た目も鮮やかになり栄養価もアップ・・・
それに何よりも 鮭を包み込んで旨みを凝縮するのにも力を発揮しておる!」

田所
「そっか・・・!
さっき食べた時ふわっとしたやさしい渋みを感じたけど・・・
それはほうれん草の風味だったんだ!
鮭のまろやかな脂をきゅっと引き立ててたよ」

ソーマ
「ふーむ・・・
聞いてるだけでめちゃくちゃ美味そうだな・・・」


「勿体ぶらなくていいっての
まだ何か仕掛けがあるんだろ・・・!?
あの激流のような鮭の旨み・・・エキス!!
ほうれん草だけじゃ到底説明がつかねぇ!!」

黒木場
「そのとおり・・・
仕掛けはもう一つある
クレープに練り込んだのはほうれん草と・・・」

瓶を置く黒木場
「シーズニングスパイスだ!」


「シーズニングスパイス・・・
だと!?」

初めて名前聞いたよレベルのリアクションを見せる楠。

2016031623265859e
※シーズニングスパイス・・・オリジナルで調合したスパイスミックスに塩や佐藤などの調味料をブレンドしたもの。

ソーマ
「スパイス・・・!」

黒木場
「材料はタイム・オレガノ・ガーリック等に塩・佐藤・・・そして乾燥ベーコンのパウダーだ」


「ベーコンだって!?」
(俺の鮭料理と同じ──!)

大泉
「うむ!
奇しくも両者とも鮭にベーコンを合わせたのだ!
着眼点は同じだがその内容は全く別!
楠はそのまま鮭に撒きつけ 手恩調理によってじんわりと優美なる火入れを行った
ラーメン界で定番の魚介豚骨スープのように 魚と肉のうま味を合わせ すばらしい刺激を作り出している!
オリーブオイルに沈め、エキスを一滴も逃さない工夫も見事だった
いわば皿の上に鮭の美味しさを完全にとどめた一品!」

メア
「・・・なのに・・・!
連ちゃんの皿のどこが劣ってるって言うのよ!?」

早乙女
「鍵となったのは・・・
『不均一さ』だ」

ソーマ
「不均一・・・?」

早乙女
「人の舌というのは均一に混ぜられた物よりも 不均一な物の方がコクや風味をより感じるように出来ているんだ
ラーメンのスープに浮かべたごま油やタレは敢えて均一にかき混ぜず提供したり
珈琲に入れるクリームを混ぜずに飲むことを好む人が多いのも同じ理屈だね」

ソーマ
「・・・たしかに卵かけごはんもざっくりかきまぜた方が旨いもんな
醤油も敢えて均一にしないでテキトーにかけるのがいいんだよなー」

大泉
「黒木場が狙ったのはまさにそれじゃろう」

黒木場
「このクレープには・・・
シーズニングスパイスをまばらに振ってある
そうすることで鮭のうま味だけをストレートに味わえる部分と 鮭エキスとベーコンのうま味が合わさってガツンと味が深くなる部分のふたつが生まれるわけだ
だからこそ噛みしめるごとに旨さが段階的・重層的に舌へと響く
たたみかけるように鮭の持ち味が炸裂する!!
その味の世界は・・・
ベーコンをのっぺり巻きつけただけの鮭じゃ絶対に表現できねェ!」

審査の最大のポイントは鮭のうま味をいかに逃さないか、一見すると楠の方が優れているようだが、黒木場はうま味を包みつつさらに加速させたことが評価のポイントだったらしい。

そんな大泉のコメントを客席で密かに聞いている薊の姿。

審査員
「確かに・・・二つを食べ比べた時はっきりと分かったのです」
「楠連太郎の鮭は極めて単一的・・・表面的な味だと!!」


「何だと・・・・・・ッ!!!」
(くそっ・・・!
わざと不均一にさせたスパイスの効果まで考え抜いただと!?)
「どうなってんだよ!?
うま味同士をぶつけ合うだけの料理人だったはずなのに・・・!
こんな繊細な発想以前のテメェには・・・
選抜の時にはなかったはずだ!!」

黒木場
「・・・確かにな・・・・・・」

黒木場は一月ほど前のスタジエールを思い出す。

~黒木場回想~

インド料理屋に配属になった黒木場。
店長もガチのインド人。

インド人
「こらー!
何ヤッテル!
ワタシの店にスタジエール来させてやってるダカラ
もっとセカセカ動くー!」

2016031623265961d

黒木場
「・・・・・・うす・・・」

20160316232701478
黒木場
(くそがっ・・・!
よりによってカレー屋かよ・・・!
イヤでもあのスパイス野郎の面がちらつくぜ・・・ッ)

さっそく厨房を手伝う黒木場。

黒木場
「・・・できましたチェックを──」

しかしインド人はちらっと見ただけでダメ出し。

インド人
「ダメダメー!
こんなんじゃお客サン出せナイ!
オマエスパイスの負荷さ何もわかってナイ!
どうせなら選抜で優勝シタ子来てホシカタねー
その子スパイスのプロフェッショナルなんダロー?
オマエと違てー!」

その言葉にイライラしまくる黒木場。

そして閉店後。
店の掃除をしている黒木場のケータイが鳴る。

アリス
「ごきげんよう
リョウくんっ
ちゃんとスタジエールしてるかしら♪」

黒木場
「・・・・・・まぁ・・・
それなりに」

アリス
「お客さまに愛想よくしてる?」

黒木場
「・・・敬語はちゃんと使ってますよ」

アリス
「店主の方にブチ切れたりしてないでしょうねぇ」

黒木場
「・・・・・・ブチ切れてないすよ
一応まだ」

アリス
「このままじゃ終われないものね・・・
私たち
選抜で負けた悔しさを晴らさなければならないもの」

黒木場
「・・・・・・そっすね」

電話を終えた黒木場は、また黙々と掃除に戻っていく。

黒木場
(やってやる・・・!!
この店に来たからには スパイスの奥深さ・・・
活かし方 絶対モノにしてやる!!)

~回想終わり~

ソーマ
「へへ・・・選抜から何も変わってないわけねーよな
だよな黒木場・・・・・・!」

黒木場
「とにかく・・・
もうあの頃の俺とは違う
今の俺からしたらテメェの鮭は・・・
凍ってるのと同じだぜ」


「ぐぅうううう・・・っ!!!」

大泉
「判定じゃ!!」

評決は3-0で満場一致の黒木場!!

大泉
「勝者は黒木場!!」

観客
「すげぇ・・・!」
「セントラルに選ばれた二年生を・・・倒しやがった」

戻って来た黒木場をアリスやソーマたちが出迎える。

アリス
「お疲れさまリョウくん
私のいいつけを守ってちゃんと勝ったわね♪」

黒木場
「ギリギリでしたけどね・・・
次やったら勝てるかどうか分かんないっす」

タクミ
「とにかく・・・!
一勝はできたわけだ!
セントラルに一矢報いたぞ!!」

パチパチ パチパチ

拍手をしながら観客席から出てくる薊。


「いい勝負だったね」


「・・・・・・!!」

一同
「薙切・・・薊!!」

ざわつく会場内。

ソーマ
「あ 中村先輩いたのか」

タクミ
「どうでもいいがなぜ旧姓で呼ぶんだ」

アリス
「・・・・・・薊叔父様
お久しぶりですわね・・・」

20160316232702341

アリス、何を思う・・・!?

以下未確定

審査員「なんだ・・・この緑の層は・・・!?」

大泉「それこそが黒木場の料理の最大のポイントじゃ!!」

「鮭という素材の持つ水分、そして旨みを限界以上に引き出す秘密がそこにある!!」

観客たち「い、いったい何だありゃ・・・!?」「緑色の調理料なんてあるのか!?想像もつかないぞ!」

黒木場「よく分かってんじゃねェかジジイ・・・」

そして黒木場は自信満々に楠を振り返る。

黒木場「ククク・・・俺の料理のポテンシャルをテメェも感じただろうが」

「ラップだ水分だと小細工しても、俺の”切り札”の前には無意味って訳だ!!」

青ざめる楠「あ・・・有り得ない!! 俺は鮭の持つ水分を1%すら逃していない!!」

「なのにコイツの料理の瑞々しさはまるで・・・素材に含まれる以上の水分を引き出してるみたいだ・・・!!」

早乙女「いや、それだけじゃない・・・!この旨みも、今までに食べて来た鮭とはレベルが違う・・・!いったいどんなマジックを・・・!?」

アリス「緑の層・・・素材以上の旨み・・・水分・・・・・・! それってまさか・・・!!」

黒木場「!」

「おっとお嬢、そこまでだ」

アリス「でもそんな・・・リョウ君、あなたが・・・」

涙目になるアリス。
黒木場はやれやれ、といった表情で首を振る。

黒木場「ふん、勝ち進むために手段は選ばねェよ」

「お嬢だって今までそうやって生きて来ただろ?」

アリス「バ、バカにしないで!! いくら勝敗にこだわっても、人間としてやっていい事と悪い事があるはずよ!!」

アリスのあまりの剣幕に、ただただ押し黙る一同。

大泉「何のことだね?いったい・・・ この黒木場の料理のマジックに関係が・・・?」

アリス「ええ・・・」

涙を拭おうとポケットに手を突っ込むも、いつも入ってるはずのハンカチが見当たらない。
代わりに入っていたのはお気に入りの黒いTバックだった。

仕方ない・・・とアリスはシルクのパンティで涙を拭いつつ、”ある事件”について語り始める。

それは2か月ほど前のこと。
アリスの母レオノーラが統括する薙切インターナショナル、その最先端調理研究部門ではある画期的な発明がなされていた。
通称「マジックアスパルテーム」。

新たに合成されたこの人工甘味料は、天然の砂糖のおよそ2000倍の甘味があると言われる。それゆえ、ほんのひと匙口に入れただけで猛烈な勢いで唾液が噴き出すと言われ、まるで”マジック”のようだということから、この名前が付けられたという。

この新しい人口甘味料の開発は、元々は砂漠地帯における食の研究が発端であった。
地 球上で最も乾燥している砂漠地帯においては、数少ない生の食材であってもほとんど水分が含まれず、それゆえに著しく食感が悪いのが常識とされていた。しか しそんな環境でもより美味しく食材を食するために・・・という理念のもと、開発されたのがマジックアスパルテームである。
強い甘味刺激によって人工的に唾液を引き出し、食材の水分を補うことで食感を改善するというのが当初の目的であった。

しかし研究が進むにつれ、この新しい人工甘味料にはうま味成分であるイノシン酸やグルタミン酸と反応して、より強い刺激のうまみ成分へと変化させることが分かって来たのだ。

UMAMI、 いまや国際語となりつつある味覚の一つだが、今までは天然成分以外にうま味は一切存在しないと言われ続けてきた。さらにその安定した化学構造故に、化学合 成で新たなうま味を作り出す事も困難だと言われ、うま味はいつからか「神の味覚」とまで言われるようになっていた。

つまり、マジックアスパルテームの登場は紛れもなく人類の料理史における革命の一つであったのだ。当然ながら、研究員にはすぐに厳重な緘口令が敷かれることになった。

研究室にはミサイル基地なみのセキュリティーが敷かれ、研究員たちは24時間監視体制のなか、研究を進めることとなる。
この調味料にはそれだけのインパクトがあったということである。

世間に公にするタイミングを間違えれば、料理界ひいては人類の調理史そのものが崩壊しかねない、そう研究員たちは肝に銘じ、日々マジックアステルパームの解析を繰り返して行った。

そして1週間後

ちょうどマジックアステルパームの発見から6週間がたった頃、事件は起きた。
世紀の発見の第一人者にして開発室次長である正岡誠司主任が自宅で何者かに惨殺されたのである。

全身を鋭利な刃物でメッタ刺しにされた正岡氏は、ちょうどマジックアスパルテームの公表に向け、原稿を書いている途中だったという。

いよいよ明らかになる真実!! 黒木場の犯した"罪"とは一体・・・!?

~食戟のソーマ 160話 ネタバレ 確定161話の展開は?に続く~

随時追加更新


スポンサード リンク

 - 食戟のソーマ