進撃の巨人 LOST GIRLS ミカサ編 5話 ネタバレ 最終回 別冊少年マガジン

   

人間キャラ強さランキングはこちら
巨人キャラ強さランキングはこちら
進撃の巨人 キャラ人気ランキングはこちら

 

進撃の巨人 LOST GIRLSネタバレ最新話情報です

【5話 進撃の巨人 LOST GIRLS ミカサ編 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 最終回 最終話】

 

進撃の巨人 LOST GIRLS5話ネタバレ

『Lost Girls』

ミカサ
「アニ・・・
落ちて」

3901aab419b7659cd63b9a4313c6764e

アニとミカサの物語が、いま融け合う あなたはきっと二人の少女が抱える陰に魅了される 2人の少女の、追憶の物語

 

ミカサ
「何をしているの?」3901aab419b7659cd63b9a4313c6764e-1

 

アニ
「・・・・・・何って・・・
調理当番だからね・・・見ての通りじゃが芋の皮を剥いてるんだけど
ミカサこそどうかした?今日は当番じゃないだろ?」

ミカサは開いていた扉を閉め、左の胸ポケットから指輪を取り出す

ミカサ
「練兵場に落ちてた さっきの格闘術の訓練の時、あなたが落としたものだと思う」

アニ
「・・・・・・確かに私のものだね・・・どうも・・・」

アニが指輪を受け取ろうとすると、ミカサは指輪の仕掛けを動かす

ミカサ
「”コレ”は何?」3901aab419b7659cd63b9a4313c6764e-2

 

アニ
「・・・・・・護身用の仕掛け」

ミカサ
「護身用・・・?あなたはずいぶんと対人格闘術に長けているように見える
こんなものが必要だとは思えないけど」

アニ
「格闘術だけでは対応できない事態というものがあってね」

ミカサ
「あなたの格闘術で対応できない事態にこんなものが役に立つとは思えない」

アニ
「ミカサ・・・・・・何が言いたいの?」

ミカサ
「何かが言いたいわけでもないし、これが護身用などというでたらめが聞きたいわけでもない・・・
ただ、何故あなたが、何のためにこんな物騒な物を持ち歩いているのか質問しているだけ」

アニ
「それは父親が・・・両親が私を故郷から送り出すときにくれたものなの」

ミカサはアニの右手に視線を移す3901aab419b7659cd63b9a4313c6764e-3

 

アニ
「・・・・・・両親は・・・ひどく心配性でね
娘を見知らぬ土地に送り出すわけだから、彼らとしては護身道具のひとつでも持たせたくなる
たとえそれが・・・何の役にも立たないものだとしてもね
あんたの両親だってそうなんじゃないの?」

ミカサ
「親はいない」

アニ
「巨人に殺されたの?」

ミカサ
「巨人にというわけではない」

アニ
「・・・・・・・・・そう、変なこと言って悪かったね」3901aab419b7659cd63b9a4313c6764e-4

 

ミカサ
「私はただ・・・
そんな物騒な指輪をはめた状態でエレンと対人格闘術の訓練をしないで欲しいだけ
何かの弾みでその刃物が出たらエレンが怪我をする」

アニ
「・・・・・・ああ・・・なるほど
安心していいよ
これは・・・
お守りみたいなものでね
滅多に身につけることはないから」

そう言うとアニは包丁を置いて指輪を左の胸ポケットに入れる

ミカサ
「そう・・・それならいい
邪魔をして悪かった」

ミカサは帰り際扉の前で立ち止まる

アニ
「・・・・・・」

ミカサ
「・・・あなたは何故ここにいるの?」

アニ
「さっき言ったはずだよ、調理当番だって・・・」

ミカサ
「違う
何故 訓練地にいるのかということ」3901aab419b7659cd63b9a4313c6764e-5

 

アニ
「ほかの連中と同じだよ、安全で快適な場所でいい暮らしをするために憲兵団に行きたいだけ
あんたとは違うみたいだけど」

ミカサ
「アニが憲兵団に行きたいというのはなんとなくわかる
でもそれは・・・安全で快適な場所でいい暮らしがしたいからではないような気がする」

アニ
「・・・なんでそう思うの?」

ミカサ
「ほかの人たちは巨人が怖いから逃げたいんだと思う
あるいは贅沢したいから
王様のために身を捧げたいって奴もいたけど、アニはそのどれとも違う・・・
”そうしないといけないから”・・・
そんな風に見える」3901aab419b7659cd63b9a4313c6764e-6

 

「アニ、あなたは・・・何を抱え込んでいるの?」

アニ
「・・・誰だって何かを抱え込んでいるでしょ?そいつらの抱え込んでいるものと大した違いはないよ」

しまった指輪を再び取り出して眺めているアニ

アニ
「これは何の役にも立たないつまらないものかもしれないけど・・・
だからと言って簡単に捨てられていいものじゃないんだと思う
これはこれで何かしらの役割があって作られたものだから
私はそういうものに対して冷酷になれないんだ
たとえそれがどれだけささやかで誰にも顧みられない役割だったとしてもね
たぶんそれが・・・私が抱え込んでる問題だよ」

ミカサ
「・・・・・・格闘術だけでは対応できないような事態には役に立つ
そんな事態が来ないことを祈る」3901aab419b7659cd63b9a4313c6764e-7

 

そう言って調理小屋から出ていくミカサ

アニ
「・・・ああ、私もそう願うよ、本当に・・・」
(心からそう願う)

そして場面は始めのアニの巨人を壁から落とすところへ

ミカサ
「アニ・・・落ちて」

随時追加更新


スポンサード リンク

人間キャラ強さランキングはこちら
巨人キャラ強さランキングはこちら
進撃の巨人 キャラ人気ランキングはこちら

~進撃の巨人 LOST GIRLS 6話 ネタバレ 最終回 最終話~

 - 進撃の巨人