進撃の巨人 83話 ネタバレ 【ジークはグリシャの腹違いの兄弟であることが判明!】最新84話

      2016/10/13

進撃の巨人考察一覧はこちら

人間キャラ強さランキングはこちら
巨人キャラ強さランキングはこちら
進撃の巨人 キャラ人気ランキングはこちら
未解明の謎・伏線考察はこちら
未解明の巨人の正体考察はこちら

 

進撃の巨人ネタバレ最新話情報です。

 

【83話 進撃の巨人 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 別冊少年マガジン 2016年8月号】

 

~前回のハイライト~

黒焦げになり、屋根の上で横たわっているアルミン。

ベルトルト
「終わった・・・
さぁ・・・次は・・・
エレンと馬を―――――・・・」

ベルトルトが巨人化エレンの方を見る。
巨人化エレンの姿を見て目を見開く。

ベルトルト
「これは・・・硬質化?・・・え?」

地面に座り込んでいた巨人化エレンは、硬質化した抜け殻。

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2082E8A9B183E8A9B120E69C80E696B0-62

驚いているベルトルトの背後から迫る人間体のエレン。

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2082E8A9B183E8A9B120E69C80E696B0-6

エレン
「殺った」

エレンが超大型巨人のウナジを抉りベルトルトを捕まえるエレン。

ベルトルト
(陽動作戦・・・
最初にエレンは動けないと思わせたのも
アルミンの抵抗も・・・
硬質化した巨人のカカシを造るための時間稼ぎ・・・
全ては僕の周りに敵がいなくなったと思い込ませる為・・・
僕の隙を作る為の・・・)

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2082E8A9B183E8A9B120E69C80E696B0-63
みるみる骨だけになっていく超大型巨人。
それを見るミカサ、ハンジ。

両腕が無いベルトルトを連れて屋根の上に降り立つエレン。

エレンがアルミンの言葉を思い出す。

アルミン
『一緒に海に行くって約束しただろ
僕がエレンに嘘ついた事あった?』

エレン
「クソ・・・分かってたハズなのに・・・
誰よりもお前が・・・
勇敢な事ぐらい・・・」

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2082E8A9B183E8A9B120E69C80E696B0-20
エレンの傍らには真っ黒に焦げたアルミン。

燃え尽きても・・・
友に託した夢は消えない!!

 

進撃の巨人83話ネタバレ

【エレンの回想】

エレンとアルミンが初めて会った時の事。

いじめっこ3人組がアルミンを路地裏でいじめて帰る。

泣きべそをかいているアルミン。
物陰からエレンが顔を覗かせる。

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2083E8A9B184E8A9B1-50

エレン
「おい、やり返さないからやられるんだぞ
なんでやり返さない」

アルミン
「でも・・・逃げなかったよ・・・」

エレン
「お前・・・名前は?」

物陰から出てくるエレン。

エレンとアルミンの目が合う。

【回想終了】

 

真っ黒焦げになって横たわっているアルミン。

悲壮な感じでエレンがアルミンに話しかける。

傍らで四肢の無いベルトルトが気絶している。

その時、壁の上から何かが少し離れた屋根に落ちてくる。

落ちてきたのはジークと四足巨人。

 

エレン
「・・・あれは!?」

屋根を伝ってエレンの方に走ってくる四足巨人。

エレン
「!」

エレンがベルトルトの首にブレードを押し当てる。

エレン
「それ以上近付いてみろ!!
喉を掻っ切る!!」

ジークの顔を見るエレン。

エレン
(顔に巨人化の痕・・・
こいつが【獣の巨人】!?)

エレンを見たジークの顔色が変わる。

ジーク
「エレン・・・イエーガーじゃないか?」

エレンがベルトルトの首をブレードで少し斬って威嚇。

ジーク
「父親には似てないな・・・」

エレン
「・・・父親?」

ジーク
「俺はお前の父グリシャの
腹違いの兄弟だ」

ジークの顔グリシャの顔と重なって見えるエレン。

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2083E8A9B184E8A9B1-52

エレン
「なん・・・だと?」

その時、壁の上に全身血まみれのリヴァイが現れる。

全ての巨人を倒してきたリヴァイ。
それに気付くジーク。

ジーク
「ん・・・
リヴァイか・・・
しぶとい奴め・・・」

壁から屋根に跳躍するリヴァイ。

ジーク
「・・・今は分が悪い・・・」

エレンに言うジーク。

ジーク
「エレン・・・またすぐにな」

ジークが四足歩行と逃げていく。
リヴァイがエレンの所に降り立つ。

エレン
「兵長!!」

リヴァイ
「替えの刃を渡せ、奴を始末する」

エレン
「はい・・・!」

リヴァイ
「急げ」

刃をカチャカチャと外すエレン。
その時、黒焦げのアルミンが意識を戻す。

アルミン
「コフッ・・・」

エレン
「!!」

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2083E8A9B184E8A9B1-53

 

一方、四肢がなく目隠しをされているライナー。

ハンジ自身は左目に包帯を巻いている。

ハンジの後ろではミカサがジャンの傷口に包帯を巻いている。

ユミルの手紙を出してライナーに質問するハンジ。

ライナー
「ユミルの手紙は遺書だ・・・」

ハンジ
「・・・あの注射を持っていたら出せ」

ライナー
「・・・無い」

ハンジ
「・・・本当か?」

ハンジがライナーの腹に膝蹴りを放つ。

ジャン
「ハンジさん!!注射って・・・」

ハンジ
「・・・そうあの注射だ」

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2083E8A9B184E8A9B1-54

【回想】

作戦を始める前にエルヴィンが一同に注射につい説明している描写。

注射があれば、重傷者でも巨人化で生き返らせる事が出来る事と
そのうちの一本をリヴァイが今持っていることの説明。

【回想終了】

ライナーの首にブレードを押し当てているハンジ。

しかし注射を本当に持ってない様子のライナー。
ジャンに止められるハンジ。

ミカサがエレンの元に立体機動で向かって行く。

サシャは既に手当てされコニーが看ている。

一方、エレンの所にミカサが到着。

アルミンに必死に話しかけている涙目のエレン。

アルミン
「ハッ・・・ハッ・・・」

エレン
「今、助けてやるからな!!
しっかりしろ!!」

エレンは注射を打ちベルトルトを食わせ、アルミンを巨人化させ復活させようとする。

エレン
「もうすぐだ!!アルミン!!」

エレンが話しかけている相手がアルミンだと知るミカサ。

ミカサ
「アルミン!?」

その際、ミカサはズキズキと頭痛に襲われている様子。

エレン
「兵長!!早く注射を!!」

リヴァイが服をもぞもぞとさぐる。
しかし中々注射を出さない。

エレン
「早く注射を渡して下さい!!
何してるんですか・・・!!
アルミンが死んじゃいます!!」

リヴァイがやっと注射箱を出す。
ミカサが信号弾を上に放つ。

ミカサが放った信号弾をジャン達は見ていなかった。

ジャン達のすぐ目前には四足巨人とジークが迫っていた。

ジャン
「・・・獣の巨人!!」

後ろを振り返ったハンジを四足巨人が食べようとする。

アンカーを放ってハンジを救うジャン。

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2083E8A9B184E8A9B1-57

すぐに態勢を整えてブレードを構えるハンジ。

しかし目の前の四足巨人は襲っては来ずに、ライナーが咥えられていた。

コニー
「奴の目的はライナー!?」

そのままライナーを咥えたまま逃げていく四足巨人とジーク。

ハンジ
「・・・!!」

コニー
「くそっ!!」

追いかけようとするコニー。
しかしそれをハンジが制止する。
悔しそうに地面を叩くジャン。

ジャン
「逃げられた!!」

一方、エレンに注射箱を渡そうとするリヴァイ。

しかしその時、瀕死のエルヴィンを背中に抱えた新兵が現れる。

新兵
「リヴァイ兵長!!エルヴィン団長が・・・
かなりの重症ですが、生きてます・・・」

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2083E8A9B184E8A9B1-59

リヴァイ
「・・・!!」

エレン&ミカサ
「・・・!?」

エレン
「兵長?」

リヴァイ
「・・・」

エルヴィンを屋根の上に降ろす新兵。
リヴァイがエルヴィンの口に手を当てる。

リヴァイ
「確かに・・・まだ・・・息がある」

エレン&ミカサ
「・・・」

注射箱を手にして立ち上がるリヴァイ。

リヴァイ
「悪いがこれはアルミンには打てない
エルヴィンに使う」

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2083E8A9B184E8A9B1-60

リヴァイに詰め寄るエレン。

エレン
「アルミンを救う為に・・・
それを渡して下さい!!」

リヴァイ
「ダメだ、エルヴィンに使う」

新兵
「え・・・!?救う・・・?」

今にも息絶えそうな様子のエルヴィンとアルミン。

エルヴィン
「ゼェ・・・ゼェ・・・」

アルミン
「ハッ・・・ハッ・・・」

 

目を閉じて気絶しているベルトルト。

その時、ミカサがブレードを抜く。

E980B2E69283E381AEE5B7A8E4BABA20E3838DE382BFE38390E383AC2083E8A9B184E8A9B1-62

 

場面変わり、逃亡が成功した四足歩行の巨人とジークは壁の上にライナーを降ろす。

ジーク
「ライナー・・・お前は運がよかった」

煽り
「幼なじみの命を奪うのは
非情なる大人の決断・・・」

 

以下嘘バレ

アルミンは死亡

アルミンの死を嘆いてる一同
その中でも特にエレンが落胆している

俺が余計なプレッシャーをかけちまったからみたいな話をしているジャン

マジギレしたミカサベルトルトの口にブレードを突っ込む

サシャを心配しているコニー

ケニーの言葉を思い出すリヴァイ

ケニー
【お前は何に酔ってる?
英雄か!?】

超速で巨人をぶったぎるリヴァイ
ブレード1本で持ちこたえている

ジークの命令を受けた無知性巨人の腕がリヴァイに迫るが、その腕も切り飛ばす

次の巨人に立体起動のアンカーを刺そうとするリヴァイ

しかしガスがあまり無いせいか、立体起動が上手く動かない

真剣な表情のリヴァイ
それを遠くから見ている新兵

新兵がエルヴィンを見つけて、僕はこのまま逃げたいと話す

エルヴィンは意識はあるが脇腹がえぐれている

新兵が逃げるつもりが論されて
リヴァイ救出を決意

リヴァイのガスと刃が無くなる
無知性巨人はあと4~5体

ケニーの何に酔ってるの、回答
俺は仲間に酔っていた

注射を自身に打つか迷うが、
そこに新兵が逃げた馬と一緒に
突っ込んでくる

馬に乗るリヴァイを
追いかけてくる無知性

リヴァイは死体から装備を補給
新兵が囮になり無知性に食われる

壁を越えようとするジークと四足

マリアの奥側らへんから
壁外に逃げようとしている

それをリヴァイが討伐

ジークを串刺しにして
リヴァイがエルヴィンの元へ

無知性は全て討伐済み

エルヴィンの口から
語られる夢を聞くリヴァイ

エルヴィンに注射を打とうとするが、エルヴィンがやめてくれと言う

エルヴィン死亡、リヴァイ号泣

シガンシナ側 サシャ死亡

こんな出会い方しなきゃあ良い仲間になれたと言いながら
首を切断されたライナー

何故この壁に来たのかを話し始めるベルトルト

随時追加更新

 


スポンサード リンク

進撃の巨人考察一覧はこちら

人間キャラ強さランキングはこちら
巨人キャラ強さランキングはこちら
進撃の巨人 キャラ人気ランキングはこちら
未解明の謎・伏線考察はこちら
未解明の巨人の正体考察はこちら

~別冊少年マガジン 2016年9月号 進撃の巨人 84話 ネタバレ 確定85話の展開は?に続く~

 - 進撃の巨人