神さまの言うとおり弐 160話 ネタバレ 【メルト死亡!】

      2016/06/21

 

神さまの言うとおり弐ネタバレ最新話情報です。

160話 神さまの言うとおり弐 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

 

かみまろ
「上がった奴は全員生き残り!!
神になる資格が与えられる!!
だから皆、楽しもうや♪」

明石
(・・・・・・かみまろの言葉を信じるなら・・・
勝つ為のルールはこれで明確になった!
上手くいけばここにいるほとんどが生き残れるかもしれない・・・!!
でも最悪の場合、誰一人神になれないのかもしれない・・・!!
つまりかみまろの言うとおり―――――・・・
『神罰』に打ち勝たなければ神になれない!!!
己の手札と場の状況を!!見極めろ!!感じ取れ!!支配しろ!!
運命の流れが変わる瞬間を!!!)

【次巡 秋元いちか→リリィ】

秋元からカードを1枚引くリリィ。080f9745be3de02f67452ef9e065cd2d-7

地蔵
「全体神罰(フィールドジャッジメント)、『引いたら順番リバース』発動!!
こっからもっかい逆回りだあー」

 

神さまの言うとおり弐160話ネタバレ

『時の運』

■全体神罰(フィールド・ジャッジメント)・リバース発動!!運命の流れが変わる瞬間を見極めろ!!

「JOKER」を最後まで持ってたら死!!手札を無くした者は全員生きる!!

地蔵
「『引いたら順番リバース』発動ぉ」

明石
「ルールが明確になった今―――――・・・
乗りこなすんだ
運命の流れを!!」6d3f5880530253daad2883266a4799bb

 

【次巡 秋元いちか→高橋瞬】

瞬(しゃくれ)
「これだな?」

秋元が差し出したカードを受け取る瞬。

「!」

『♣9 持ってる間しゃくれてないと死』

秋元
「それ渡してゴメン、瞬。もう私アゴ限界だ!」


「OK、大丈夫!」
(ダメだな、まだ―――――
この手札じゃかみまろを倒せない!!)6d3f5880530253daad2883266a4799bb-1

 

かみまろ
「そろそろ死んどく?
そういう流れ来たんじゃない?」

【次巡 高橋瞬→かみまろ】

瞬(しゃくれ)
「来いよ」

かみまろ
「こっち・・・じゃなくてこっち!」

瞬(しゃくれ)
(危ねぇ・・・!!取ったのは『シンクロ』カードか・・・)

かみまろ
「しぇしぇしぇ」

かみまろのアゴがゴイーンと伸びる。

瞬(しゃくれ)
(!待てよ・・・今「シンクロ」を持ってるかみまろは俺と同じ神罰を受ける・・・
てことは「引かれたら死」を奴が引けば―――――・・・
俺の死と道連れに
かみまろを地獄へ落とせるのか・・・!!?)6d3f5880530253daad2883266a4799bb-2

 

【次巡 かみまろ→ハンナ】

明石
(このまま行けば・・・あと15ターンで俺は死ぬ!!
時限爆弾は♦10!!ペアにして捨てるにはもう1枚「10」が必要!!引くしかない)

無言でかみまろからカードを引くハンナ。

かみまろ
「それしぇーふ!」

【次巡 ハンナ→明石】

明石
「ハンナ!『10』を持ってたら回してくれ!」

ハンナ
「・・・・・・」

明石
(反応が無いってことは・・・持ってないって事か・・・!!)
「くっ」

ハンナ
「・・・・・・」

明石
(ヤバいな・・・カウントを考えると―――――)

明石が引いたカードは「♡9」

(引けるチャンスはあと1回ってとこ・・・!!
次で「10」を引かなきゃ・・・俺は―――――・・・)

【次巡 明石靖人→丑三清志郎】

丑三
「さぁ明石、俺の番だ。プリーズ『キス』カード」

明石
(もう今・・・!!
そんな時じゃないのに―――――
コイツ・・・”キス”のことしか頭にないな)
6d3f5880530253daad2883266a4799bb-4

明石
「・・・・・・
ゴメンまだ・・・
手に入れたら渡すよ!
とりあえず今回はこれで!」

明石は「♠3」を丑三に渡す。

丑三
「わかった!待ってる!あ、揃った!」

テーブルに♠3と♡3を捨てる丑三。

明石
(今はとにかく自分の事を考えろ・・・!!
「10」を手に入れる方法を・・・!!
あ・・・そうかヤバいのは・・・
俺だけじゃなかった・・・!!
次のターンメルトが・・・!)

【次巡 丑三清志郎→メルト】

メルトにカードを渡す丑三。
メルトの手札はこれで残り2枚。

オスメス
「ホホホ。さっき引きましたよね私から?
『引かれたら死』のカードを
しかし運命は逆転した!
今度はアナタが引かれる番です!
どーですか?
妹を葬った仇に
自分の命を握られているお気持ちは?」6d3f5880530253daad2883266a4799bb-5

オスメス
「憎い?怖い?死にたくない?」

明石
「メルト!オスメスと話すな!!
目をそらせ!
イパネマの時みたいに誘導されて死ぬぞ!!」

黙ってオスメスから目をそらすメルト。

メルト
「・・・・・・明石!黙ってろ」

明石
「!?」

メルト
「そんな小細工で俺の心は暴けねぇ
俺の手札は2枚、生死の確率は1/2なんだ」

明石
「メルト・・・」

メルト
「俺の『運』かコイツの『勘』か、運命が生きるにふさわしい方を選ぶさ・・・
来いよオスメス
お前に俺は殺せない」6d3f5880530253daad2883266a4799bb-6

 

ナレーション:
事実―――――勝負の行方は紛れもなく50%50%でオスメスもまたそれを理解していた。ここで必要だったのは祈りや願いなどではなく―――――・・・ほんの紙一重程の 時の運

勢いよくメルトの右手からカードを奪うオスメス。

明石
「・・・・・・」

オスメス
「・・・・・・プフッ」

明石
「!!?」

すると突然、メルトが歯を食いしばり、目に涙を浮かべながらオスメスに殴りかかろうとする。

ナレーション:
ある者にとってそれは”正義なき不条理”で
ある者にとってそれは”信念を正当化する結末で”6d3f5880530253daad2883266a4799bb-7

 

しかし、オスメスに拳が届く前にメルトの体は液体となって飛散する。

明石
「メルトぉぉ!!!」

メルトの飛び散った体がベチャベチャと明石の体に降り注ぐ。

ナレーション:
またある者にとってそれは―――――・・・
運命の流れを切り開く「勝利への兆し」となる

明石、時限爆弾タイムリミットまであと10。

■次号、一回死んだ人間なんだよ。

随時追加更新


スポンサード リンク

~神さまの言うとおり弐 161話 ネタバレ 確定162話の展開は?に続く~

 - 神さまの言うとおり弐