神さまの言うとおり弐 152話 ネタバレ 【俺まで回せ(キスミー)】

   

神さまの言うとおり弐ネタバレ最新話情報です

152話 神さまの言うとおり弐 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

「俺まで回せ」

神さまの言うとおり弐152話ネタバレ

このババ抜きは命懸け!!生と死が紙一重の極限状態・・・

f7b22eecbdef54e2692793b852f76a42


「かみまろ 引けよ お前の番だぜ」

かみまろ
「ど れ に し よ う か な ?わかってると思うけど、カードに書かれたバツに逆らったら死だかんな

それは平等に!俺にも!お前にも訪れる『神罰(ジャッジメント)』!!」

そう言いながら瞬からカードを1枚引くかみまろ


「・・・・・・」

かみまろ
「あ
セーーーフ」

と言いながら屁をかますかみまろ


「・・・・・・」

かみまろ
「えへへ
まだまだこれから!
いくよ
つぎつぎつぎ―」

【次順 かみまろ→ハンナ】

かみまろ
「引け引け!ほれ!ん?怖い?怖いの?臭い?屁臭い?」

ハンナ
「・・・・・・」

かみまろ
「ホラ、早く引きなよ!てか何か反応しろよハンナちゃーん」

ハンナ
「・・・・・・」

チラッと自分の手札を見るハンナf7b22eecbdef54e2692793b852f76a42-2

ハンナは無言のままかみまろから1枚カードを抜き取る

かみまろ
「お、いいの引いたね!」

ハンナ
「!?」

【♣3 引いたらくずぐり地獄30秒】

かみまろ
「イッツショータイム♪」

ハンナの座っている椅子(地蔵)から複数の手が伸び、ハンナを拘束する

ハンナ
「!?」

明石
「ハンナ・・・!?」

そして複数の手で全身をモミモミされるハンナ

ハンナ
「つ・・・ツ・・・!!」

天馬
「な・・・何ですかコレーー!?」

ハンナは体中を揉まれ悶絶

かみまろ
「30秒間くすぐり地獄
ギャグカードだから安心しろって
この”神罰”では死なないよ」

かみまろはそういうものの、ハンナは『声出したら死』のカードを持っている

しかしなんとかハンナはその30秒を耐え抜く

地蔵
「30秒終了」

明石
「ハンナ・・・!?大丈夫!?」

かみまろ
「なんかすっげー我慢してる様に見えたけど・・・あ・・・もしかして、『声出したら死』カード持ってたり?」

ハンナ
「・・・・・・」

かみまろ
「わあっ」

ハンナ
「・・・・・・」

かみまろ
「・・・・・・・・・あー、ダメかー ビックリして声出すかと思ったのにぃ!」

明石
「・・・ほっとけ、ハンナ」

黙ってうなずくハンナ

天馬
「そうです!次!行きましょう」

【次順 ハンナ→天馬遊】f7b22eecbdef54e2692793b852f76a42-5

地蔵
「ダメだ 一度触れたカードは変更できない そのカードを引けぇ」

天馬
「え・・・」

天馬が触れたカードがポウ・・・と光始める

天馬
「ちょ・・・ハンナさん!それって・・・!!ダメなやつなんですよねぇ!?」

地蔵
「引けぇ」

天馬
「ちょっと待って・・・嫌だ嫌だ!!嫌だ嫌だ!!」

地蔵
「逆らう者は『神罰(ジャッジメント)』!!」

天馬
「わかった、わかった、引くからぁ!!」

目をつぶったままカードを引く天馬

天馬
「・・・・・・・・・!へ?」

『♥Q 引かれたらその相手にキス』

すると、間髪入れずにハンナが天馬にキスをする

天馬を含め驚く一同

天馬
「・・・・・・・・・!へ?」

アルフ・E
「おいおい、何やってんだよぉ!?これも『神罰(バツ)』なのかぁ!?」

天馬
「んはっ・・・生きてたぁ」

黙ってうなずくハンナ

かみまろ
「シシシ、シシシ」

明石
(今の『キス』・・・さっきの『くすぐり地獄』・・・そんでイパネマの『しゃくれ』もカードの『神罰(バツ)』だとしたら・・・このゲーム・・・

『引いたら死』みたいな直接『死ぬ』神罰だけじゃない ならそんなにビビる必要もないのか?

てかむしろ『キス』カードみたいなカードを回せば・・・いつか誰かの手札で確実に数字が揃って捨てる事が出来る!!

もしかしたらそれが攻略法につながるのか・・・!?いや・・・でも・・・『キス』カード引くってことは・・・)

丑三
「さぁ明石、お前の番だ」f7b22eecbdef54e2692793b852f76a42-7

丑三
「俺まで回せ(キスミー)」

~神さまの言うとおり弐 153話 ネタバレ 確定154話の展開は?に続く~

随時追加更新


スポンサード リンク

 - 神さまの言うとおり弐