神さまの言うとおり弐 150話 ネタバレ 【『地獄変』の最後選別『神罰ババ抜き』】

      2016/04/06

神さまの言うとおり弐ネタバレ最新話情報です

150話 神さまの言うとおり弐 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

「神罰(ジャッジメント)ババ抜き」

神さまの言うとおり弐150話ネタバレ

■最終選抜(ラストゲーム)はババ抜き!!14人のうち1人だけが新世界の神になれる!!

かみまろ
「最後のゲームを始める前に自己紹介しておこう
どーも皆の神さま
神小路(かみのこうじ)かみまろでーす
爪切りましたー
元々は俺もお前らと同じ普通の人間だったんだけどね
アシッド・マナちゃんに『神の力』もらってこうなったんだよ
ねー」

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5

マナ
「ねー」

かみまろ
「・・・で、いきなり『神さま』になれって言われたんだけどー
面倒臭いし、嫌だから一回断ったのね
でも『どーしても』って言うから仕方なく―――――・・・
俺の代わりに『神さま』やる人を選ぶことにした
それがこのゲームのはじまりだぁ
ここまで全部観てきたけど、ぶっちゃけお前らオモロイ奴らばっかだわ
泣いたり笑ったり
憎しんだり
愛したり
お前らちゃんと生きてて偉いと
思うのよ」

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-1

かみまろ
「だから最後はそーゆーお前らと一緒に何かしようと思ったわけで―――――・・・」


「いいぜ、神まろ」

そういっていきなり殴りかかる瞬

かみまろ
「!」

いちか
「瞬・・・!?」


「俺が遊んでやるよ」

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-2

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-3

バシュンとかみまろのバリアに弾き飛ばされる瞬

天谷
「ハハ♪相変わらず!命知らずだなぁ、瞬!」

飛ばされた瞬を天谷がガシッとキャッチ

天谷
「でも神殺しの続き、ここでやるってんなら付き合うぜ、相棒」

かみまろは中指を立てながらあっかんべー

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-4

マナ
「神はこの中から決まるよ♡とりあえず好きな席に座って♡
ババ抜きのルールはわかるよね?手札に同じ数字が2枚揃ったら捨てることが出来て
最後に1枚だけ残ったババを持ってる人の負けだよ♡」

丑三は「明石の横は俺がもらう・・・」としっかり明石の隣りに座る

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-5

マナ
「あ、そーだ あとは・・・自分の手札について『教える』のも反則ね 力尽くで他人のカードを奪ったり見たりするのもダメ、こんなところかな♡

じゃあ好きなのを取って下さーい それが運命を決める手札だよ マナは天から見てるね♡」

マナはそういって自分の前に並べた手札の山を選ばせる

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-6

『地獄変』の最後選別(ファイナル)『神罰(ジャッジメント)ババ抜き』スタート!!

明石
「かみまろ 始める前に聞かせてくれ お前にとってこのゲームは何だ?」

かみまろ
「ん?遊びですぜ、旦那」

明石
「俺達の命は?」

かみまろ
「おもちゃ」

明石
「そんな風にしか思えないお前は・・・俺達と同じ人間なんかじゃねぇよ・・・」

かみまろ
「あ、そーすか?」

明石
「かみまろ・・・
俺たちはお前を神にはさせない」

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-7

かみまろ
「うん、やっぱお前ら偉いと思う」

明石
「行くぞ皆!」

明石は手札の山から一つを選択

明石
(勝つのは俺達だ!!)

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-8

明石
(この4枚が俺の手札・・・
ってことは単純に考えれば・・・
2回揃えばCLEAR・・・!?
でもコレ、本当にただのババ抜きか・・・?)

紫村
「あ・・・揃ってる!
あと2枚だ!」

明石
「!」


「俺もだ」

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-9

落ちて来たサイコロの目は「SHIMURA」

サイコロ
「スタートは紫村から」

紫村
「おお・・・!
一発で上がれるかも・・・!
ラッキー!」

サイコロ
「オスメスからカードを引いて初めて下さい」

座席が周り、紫村とオスメスが向かい合う

明石
(ちょっと待てよ・・・そもそもババ抜きって・・・負けるのは最後の一人だけだよな?
神になるのが1人なら
『JOKERを最後まで持ってたやつの勝ち』
ってのもありえるのか?)

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-10

紫村
「紫村・・・いきます!」

紫村はオスメスの持つ4枚のカードのうちの1枚に手をかける

明石
(考えてもわっかんねぇな・・・
とにかく・・・ゲームを始めてみるしか・・・)

紫村は取ったカードを自分の方に向ける

紫村
「・・・え」

4ebed167d1717fdfb6a1080ff0ac0fc5-11

明石
「紫村!!!」

■次号、身悶え~~~

 

~神さまの言うとおり弐 151話 ネタバレ 確定152話の展開は?に続く~

随時追加更新


スポンサード リンク

 - 神さまの言うとおり弐