監獄学園 プリズンスクール 236話 ネタバレ【最新確定ネタバレ236話監獄学園 プリズンスクール】

      2016/11/28

花はいつからキヨシに惹かれ始めたのか考察前編はこちら
花はいつからキヨシに惹かれ始めたのか考察後編はこちら
横山杏子とシンゴの今後の関係性はこちら

 

監獄学園 プリズンスクールネタバレ最新話情報です☆

 

~236話 監獄学園 プリズンスクール ネタバレ 画バレ 確定 最新話~

 

~前回のあらすじ~

 

蹴り飛ばされたケイトとみつ子

11

外側にいたみつ子がアンドレから落ちそうになる

ケイト
「私のせいじゃないわよ・・・
芽衣子が蹴ったせいなんだから・・・

どうなっても・・・
知らないわよ!!」

12

 

ネタバレ 監獄学園 プリズンスクール 236話

 

BBQ

熊と対峙したときの武勇伝で盛り上がっている理事長と有力者

1

ここでハッと気づく理事長

理事長
「しまった・・・
BBQのうまさと楽しさに時間を忘れてしまった・・
急いで出発せね・・・ば!」

皆が引き留める中 ヘリコプターに乗り込む理事長

理事長
「私が行かねば大変な事になるん・・だ!」

騎馬戦

アンドレの頭から落ちていくみつ子

2

みつ子
「いやぁ~ん!」

ケイト
「どうなっても知らないわよ!」

ガクト
「みつ子殿ぉぉぉ!!!」

杏子
「だめ・・・髪が・・
解かれる!!」

みつ子の髪はほどけてしまいつつも
アンドレの耳たぶに掴まって落下はまだ免れている状況

3

みつ子を助けようと走り出すガクト

ガクト
「小生が今行くでゴザル!」

しかしガクトは走り出してすぐに石につまづいて転がる

4

5

その間にリサがみつ子に手を貸し

リサ
「 意外と高くないぞ 大丈夫だ」

6

みつ子も高さを自分の目で確認し怖がっている様子はない

みつ子
「んー 確かに大丈夫そう・・・かな」

無事に着地するみつ子

しかしそこに転がってきたガクトがぶつかり
みつ子はガクトの顔面に尻餅をつく

みつ子
「ガクト君大丈夫?
ごめんね!?」

ガクト
「小生は大丈夫でゴザル・・
みつ子殿が無事でよかったでゴザル・・・」

大したことが起こらず拍子抜けしているシンゴとジョー

しかし杏子はまだ怯えている

杏子
「私のせい・・だ・・・・!」

7

みつ子が尻をどけると ガクトの頭にPBR様がないことに気付く
先ほどみつ子とぶつかった際に取れていたのだった

地面を転がっているPBR

8

 

理事長

ヘリに乗って去って行った理事長を見送っている有力者とハニー

有力者
「行っちまったな・・・
そういや結局ヤツはどこに向かったんだ?」

ハニー
「あ・・・
聞きそびれちゃった・・」

有力者
「きっと・・
奴を必要としている人々がいる所だろう・・・」

ハニー
「そうね 私たちがそうだったように・・・」

9

 

騎馬戦

転がっているPBRを追いかけているガクト

その様子を見ている一同

芽衣子
「フン・・
やはりハッタリに過ぎんかったか」

万里
「あれがそんなに恐ろしいことかしら?
ケイトもう終わりね」

しかしケイトは恐怖の形相

ケイト
「そうよ!何もかももう終わりよ!
あなた達が”地獄の門”を開いたのよ!!」

10

ケイト
「私は忠告したからね・・
パンドラの箱をあけたのは私じゃない・・・

あなたたち裏生徒会よ!!」

万里
「まだそんな事言ってるの・・?
アナタの負けは変わらないわよ」

万里
「いいえまだわからない・・・
それを決めるのはカミ・・
みつ子の力(ドジ)よ!!」

杏子
「私が・・・ケイトさんに伝えてしまったのがいけなかった・・・!!
みつ子の髪の秘密を!!

誰にも言うなって叔母さんにあれほど言われてたのに!」

シンゴ
「心配しすぎだって!
せいぜいパンチラくらいのもんだって」

杏子
「そんなもので済むわけ無いでしょ!
パンツは完全に破れ散り ブラは地平線の彼方に飛び立ってしまうわ
もう何が起きるか誰にもわからないわよ」

ケイトも
「万里・・・覚悟なさい
山の向こうから巨人が現れて私たち全員を叩き潰すかもしれない
あるいは天使が現れて全校生徒を連れ去ってしまうかも!!」

芽衣子
「安心しろ
天使なら私が始末した・・・」

ケイト
「はあ!?
芽衣子 アンタおかしな事言わないでよ」

万里
「ケイト
おかしなことを言ってるのはアナタよ
何が起きるかわからないですって・・・

これだけはわかるわ・・・
あなたは大人しく私にハチマキをとられて終わる

それが嫌なら 芽衣子にここから蹴り落される・・・
まぁ・・・どっちにしろあなたは終わりなのよ ケイト」

ケイト
「聞こえ・・る・・・」

万里
「?何も聞こえな・・・」

ケイト
「聞こえるでしょう・・・
地響きが・・・

始まったのよ!!
もう誰にも・・!
止められないわ」

11

上空からバババババという音が聞こえ 一斉に八光学園の上空を見上げる生徒たち

12

それは理事長を乗せたヘリだった

芽衣子
「一体何の音?
会長・・・嫌な予感がします・・・
早く決着をつけましょう」

万里
「ええ・・・そうね」

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

花はいつからキヨシに惹かれ始めたのか考察前編はこちら
花はいつからキヨシに惹かれ始めたのか考察後編はこちら
横山杏子とシンゴの今後の関係性はこちら

~監獄学園 プリズンスクール 237話 ネタバレ 確定238話の展開は?に続く~休載無料

 - 監獄学園