東京グールre 99話 ネタバレ 【次の作戦とは?今後の鍵は和修旧多宗太と西野貴未!】最新確定

      2016/11/05

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グールre 伏線考察総集編はこちら
クインクス 新旧メンバー一覧はこちら
"グール限定"強さランキングはこちら
ピエロメンバー一覧まとめはこちら
東京喰種reのタイトル解読はこちら

 

東京グールreネタバレ最新話情報です☆

 

~99話 東京グールre ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料~

 

~前回のハイライト~

 

・梟へと変貌した亜門だが最後は米林によって圧死

・流島上陸作戦は終了

 

屋敷の中にいる旧多・ドナート・ウタ

「殺して良かったの?
君のお父さんでしょ?」

q

旧多
「いーのいーの
どうせ僕の顔も覚えてないよ
・・・さーて ”仮名” でヒラ捜査官やるのも今日までだ
最後に笑わせてもらいましょーか」

q

ナレーション
「和修家分家 和修旧多 宗太(わしゅうふるたそうた)」

━━━━━━━━━━━━━━━

嘉納とオカヒラを出迎えるフードを被った女性

嘉納
「西野くん
実験資料は
もってきたね?」

西野
「・・・はい・・・」

フードの女性は錦の彼女の西野貴未だった

d

━━━━━━━━━━━━━━━

船内で落ち込んでいる政
そこに報告にやってきた捜査員

捜査員
「特等ッ!
ほ・・・本土から報告が・・・」


「なんだ?」

捜査官
「わ・・・わ・・・
和修総議長が・・・
和修家が・・・
全員殺害されたと・・・!」

背景には常吉(オニツネ)の死亡している描写

a

 

 

ネタバレ 東京グールre 99話『白』

 

静けさを取り戻した”東京”
・・・しかし ここにはまだ
”喰種(グール)”と”ヒト”が
存在する・・・

 

ベッドで眠っている金木
そこへバタバタと足音が近づいて来る

0番隊子供たち
「おはようございます!!」

カネキの寝ているベッドに勢いよくダイブする子供たち

カネキ
「??・・・??
えーっと・・・?
0番隊の・・・」

0番隊子供たち
「起こしに来ました
ほら朝だ朝だ」

金木をベッドから連れ出す0番隊の子供たち

カネキ
「起きる起きる・・・」

廊下に出た先には平子が待っていた

カネキ
「・・・おはようございます」

無言で会釈する平子

平子と金木の他に0番隊子供が4人いる様子

カネキは0番隊子供たちと一緒に
喫茶店:reへ向かう

━━━━━━━━━━━━━━━

”:re”

0番隊子供たち
「駅前のパン屋ってあれでしょ
メロンパンがさー」

「平子先輩朝ごはんをですねー」

「すべすべ
またパンの話をしてる」

カネキ
「・・・」

トーカ
「コーヒー要る?」

カネキ
「!」

視線を交わすカネキとトーカ

e69db1e4baace596b0e7a8aere20e3838de382bfe38390e383ac2099e8a9b1100e8a9b120e69c80e696b0-1

トーカが淹れたコーヒーを飲むカネキ

e69db1e4baace596b0e7a8aere20e3838de382bfe38390e383ac2099e8a9b1100e8a9b120e69c80e696b0-2

トーカ
「ねえ」

カネキ
「?なに」

トーカ
「なんであんな
ごまプリンみたいな頭してたの?」

カネキ
「いや あれは・・・Rc細胞の抑制で
一時的にメラニン生成がどうとか
って柴先制が・・・
好きでそうしたワケでは・・・」

苦笑いする金木

トーカ
「ふーん」

TVからニュースが流れている

ニュース
『続いてのニュースです

1月前の昨年12月に発生した
捜査官による”コクリア襲撃事件”

灰崎監獄長をはじめ
警護にあたっていた
特等捜査官1名が死亡」

画面には灰崎と有馬の姿

ニュース
『2名が重傷を負うなど
その被害は甚大であり

喰種(グール)対策局は現在も
その対応に追われています

また喰種対策局は
襲撃の主犯格である
”佐々木琲世元准特等捜査官”らを

重要指名手配者として
捜索しております

画面には金木と平子の姿

q

ニュース
『対策局は彼らの情報を求めて・・・』

トーカ
「有名人じゃん」

カネキ
「・・・バイトできないね」

トーカ
「ば~か ・・・ねぇ呼び方
”カネキ”でいいの?」

カネキ
「・・・うんカネキで
トーカちゃんはカネキがいい」

トーカ
「そ」

トーカがカウンターから出て
金木のそばへ来る

金木
「・・・?」

トーカ
「カネキ」

次の瞬間 トーカがカネキを
思いっきり殴る

丁度そこへ四方がやってきて
一部始終を見て少し驚く

カネキが白目を向きながら倒れる

e69db1e4baace596b0e7a8aere20e3838de382bfe38390e383ac2099e8a9b1100e8a9b120e69c80e696b0-3

トーカ
「あースッキリした!」

満面の笑みを浮かべるトーカ

四方
「トーカ」

カネキ
「・・・」

トーカ
「あ ヨモさん
いつから居たの?」

四方
「・・・今 来たばかりだ」

e69db1e4baace596b0e7a8aere20e3838de382bfe38390e383ac2099e8a9b1100e8a9b120e69c80e696b0-4

四方
「月山から連絡が・・・
準備が出来たと
立てるか」

カネキ
「あ はい」

カネキに手を貸す四方
店を出る金木に古間が声をかける

古間
「おお カネキくん」

カネキ
「・・・!」

そこには入見と古間の姿

20161029151241eac

古間
「なんだい? 幽霊でも見るような顔して・・・痛いッ」

話の途中で古間が入見に蹴られる

古間
「なんでッ」

入見
「あらごめんなさい
発想が被ったのが癪で」

カネキ
「古間さん・・・入見さん
本当に・・・本当に・・・
無事だったんですね・・・」

微笑む入見と古間

古間
「店長はああなってしまったけれど・・・
少なくとも年増2人は生きてる」

入見
「あそこであなたが
20区に戻ってきた事
決して無駄ではなかったわ

そのせいで貴方を苦しませて
しまったけど・・・」

カネキ
「いえ・・・良かった・・・」

目に涙が浮かべているカネキ

20161029151243f1d

そこに錦も登場

e69db1e4baace596b0e7a8aere20e3838de382bfe38390e383ac2099e8a9b1100e8a9b120e69c80e696b0-7

カネキ
「西尾先輩・・・」

西尾
「よぉ 頭髪不安定

万丈軍団の下っ端に
ロマの見張り頼んできた

全員揃ったし
月山んとこ向かおうぜ」

トーカ
「重い」

古間
「店番は俺達が」

入見
「気をつけてね」

カネキ
「いってきます」

 

━━━━━━━━━━━━━━━

”ホール”

どこかのホールに向かう金木たち
既に集まっているアオギリやre:組

ナキ ホオグロ 承正

e69db1e4baace596b0e7a8aere20e3838de382bfe38390e383ac2099e8a9b1100e8a9b120e69c80e696b0-20

承正
「兄貴」

ホオグロ
「来ましたぜ」

アヤト クロナ ミザの姿

アヤト
「・・・」

クロナ
「なるほどな・・・」

ミザ
(アイツが・・・)

月山
「ンン・・・」

平子
「・・・」

0番隊子供
「S A A S S+
SS S+ S~
一発で準特等になれそー」

0番隊子供
「やめなよ功績数えるの・・・」

トーカ
「万丈と”あの捜査官”は?」

月山
「バンジョイくんは
マドモアゼルヒナミと
レディ捜査官のところさ
”捜査官”くんは欠席・・・かな

カネキくん・・・ようこそ
過去の事はまず水に流そう」

カネキ
「月山さ・・・」

月山
「おや 眼帯かい懐かしいね」

カネキ
「あ・・・ちょっと事け・・・事故で」

トーカ
「・・・」

━━━━━━━━━━━━━━━

ナキ
「オイ!!」

金木に攻撃するナキ

カネキ
「!!」

ホオグロ
「アニキッ!!
どうしたんです!」

赫眼を出すナキ

ナキ
「コイツが”セキガンオウ”?
聞いてねぇぞ!!」

目に涙を浮かべているナキ

ナキ
「その顔面忘れねえぜ・・・
神アニキを殺った野郎・・・!!
ぶっ殺してやる・・・!!」

アヤト
「ナキ!よせ
そういう事じゃねーだろ」

カネキ
「・・・」

ナキ
「るせェアヤト!!
俺はコイツだけは
許せねえんだよ!!」

ホオグロ
「”大兄貴”を殺った野郎だけじゃねぇ
なんで”白鳩(ハト)”がいやがるんだよ」

ホオグロ
「ウワサの”隻眼の王”ってのは
人間に媚びるクソヤローか?」

平子
「俺達はカネキケンを守るだけだ」

0番隊
「そーゆーコト
貴将さんの遺志は絶やさせない・・・」

カネキ
「彼らはコクリアを抜ける
手助けをしてくれた人達だ・・・
味方だよ」

ナキ
「お前にとっちゃな!」

クロナ
「おい”喰種(グール)”ども
誰が敵とか味方とか・・・

そんな事は知らん・・・
私の味方は一人だけ

これはなんの集まりだ?

アオギリ残党と
喫茶店の店員が集まって
お茶でもするのか?

私は嘉納が殺せればそれでいい」


「・・・」

クロナ
「そのためなら手を貸す
その話し合いだろう?

白スーツのナキ
アオギリを失ったお前達が

こいつらに反発して
どう生きるつもりだ?

ナキ
「アア?
俺らは元々叩き上げだ
ソシキとかアオギリとか
元々要らねーんだよッ!!」

ミザ
「カネキケン」

カネキ
「・・・!」

ナキ
「おいババア・・・」

ミザ
「私は”アオギリの樹”の元幹部
刃(じん)の首領・・・ミザだ

島で私はお前の仲間に命を救われた
お前達が目指すものに興味はある・・・

だからお前の考えを
聞いてから決めたい

去るか 残るか」

━━━━━━━━━━━━━━━

”~回想~”

コクリアで話している金木とエト

カネキ
「僕が・・・”隻眼の王”・・・?」

カネキ
「・・・僕が それをする理由は?」

エト
「イチイチうるせーな君は
あえて言い切る
”お前”に理由はない

理由があるのはお前じゃない
”喰種”の方だ

誰かがやらねば緩やかに”喰種”が死に
傀儡のような世界が続くだけだ

それもまたいいだろう
世界は卵のようなもの・・・

なにかを産み出すには
目前の世界を破壊せねばならん

そしてお前には卵を割るだけの
力が与えられた

問おう お前は何者だ?」

カネキ
「・・・僕は有馬貴将を殺した”喰種”・・・」

エト
「そうだ すなわちこの世で
もっとも力をもつ”喰種”

それが君が王となる理由だ
あとは・・・やるか やらないかだ

選べ」

”~回想終了~”

━━━━━━━━━━━━━━━

カネキ
「僕は・・・先代の隻眼の王の遺志を継ぎ
”喰種”とヒトが理解し合える
世界をつくります」

アヤトと月山は笑みを見せるが
アオギリ連中は驚き固まっている

クロナ
「・・・ぷっ ハハハ
どんな考えが飛び出すかと思えば・・・
クックッ

さすが私の”お兄ちゃん”だな
”嘉納式”で脳までRc細胞にやられたか?

どうやって分かり合おうと言うんだ?
ヒトと”喰種”が」

カネキ
「話し合う」

クロナ
「それこそ正気か?
馬鹿野郎なのか?」

カネキ
「”喰種(グール)は駆逐すべき
生きるためにはヒトを殺して
喰らうしかない”

殺し合う関係が
いつまでも変わらないのは

お互い歩み寄ろうとさえ
しないからだ・・・

人と”喰種”は分かり合える・・・
ヒトであった僕がここにいる事が
その証明だ

大事なのは話し合う事・・・」

クロナ
「・・・」

カネキ
「でも彼らはそんなこと
受け入れはしないだろう

・・・だから”強制的に”話し合いの
テーブルについてもらう」

すると部屋に凶悪そうな喰種の集団が入って来る

20161029151742d30

カネキ
「ここに”隻眼の王”を筆頭とする
対・人間の組織を発足します」

集団の先頭に居るのは
”元コクリア収監者(Sレート)府河(ふか)”

府河
「伏せィ」

一斉に伏せる集団

クロナ
「こいつら・・・」

アヤト
「・・・コクリアを抜けてきた
”喰種(グール)”」

(野郎(カネキ)が
解放した連中か・・・)

カネキ
「まずは(CCG)と”話し合う”」

e69db1e4baace596b0e7a8aere20e3838de382bfe38390e383ac2099e8a9b1100e8a9b120e69c80e696b0-10

眼帯を外す金木

カネキ
「組織の名は”黒野羊(ゴート)”とする」

 

世界の仕組みを変える
この手で この遺志で
次回 100回記念巻頭カラー

 

 

以下嘘バレ

6月21日 東京2区

捜査官
「おい まだ何か何やってるのか?」

捜査官
「ええ 今アオギリ戦の資料の整理を
行っている最中です」

資料にはアオギリの樹殲滅作戦の特別功労賞受賞者の名前

”特別功労賞”

法事 項介 特等
鈴屋 什造 特等

アオギリの樹殲滅作戦から7ヶ月後CCGは新たな作戦に向けて動いていた

捜査官
「上官 少しよろしいですか?
"ピエロ"の件でお知らせしたいことがあります」

瓜江
「何だ」

(俺に言うな)

S3班 クインクス班 班長
瓜江 久生(21)”上等捜査官”

捜査官
「実は 先日6区担当の五里上等からピエロ関連の情報提供がありまして」

瓜江
(残党が残っていたか )

捜査官
「その情報によると ピエロの生き残りがガスマスクと関係を持っているそうです」

瓜江
「ガスマスク?」

(なぜだ )

「・・・わかった こちらで対策を練る 特等方には俺の方から伝えておく」

S3班会議室を出るとそこにいたのは・・・

S3班 傘班 班長
傘 照路(29)(かさ てるみち)”准特等捜査官”

元千葉CCG所属の捜査官 東京が捜査官不足のため 特別配属された


「瓜江上等
浮かない顔してどうしたんですか?」

瓜江
「ピエロの生き残りが発見されたのですが その残党が6区のガスマスクとなんらかの関係があるそうです」


「ふーん 仕事増えるな~
東京は大変だ ファイト!」

瓜江
「はい」

(何なんだ この異質感)


「あっ そういえば田中丸さんが今日20区から帰って来るそうです 近々会議も開かれるみたいですし」

そう言ってどこかへ向かって行く傘准特等

右手にはZALと書かれた黒いクインケケースを持っていた

瓜江
「はあ」

(何のことだ?
それよりあいつはいつまで・・・・・・)

安浦に電話をかける瓜江

瓜江
「・・・チッ
何で出ない」

六月
「安浦君出ないの?」

クインクス班
六月 透(21)”上等捜査官”

瓜江
「ああ」

すると瓜江に安浦から連絡が入る

安浦
「瓜江さん遅くなりすみません」

S3班 クインクス班
安浦 新三平(20)”二等捜査官”

安浦
「はい 一緒です 米林さんも間違いないと はいわかりました 失礼します」

米林
「何やて」

安浦
「もうちょっと 調べる必要があると」

米林
「そうかい そうかい ヤルシカナイノカイ」

S3班 クインクス班 副班長
米林 才子(21)”一等捜査官”

米林
「ママン 一体どこ行ったん?」

米林達が見張っていたのは大きなマンションの一室

そこには何やら大勢のグール?が居る

安浦
「班長が 明後日の会議までには報告書をまとめとけ と」

米林
「・・・・・・・・・・・・・・・」

安浦
「よ 米林さん?」

米林
「お おう 了解」

六月
「何だって?」

瓜江
「米林はまだ消化しきれてないらしい」

六月
「無理もないよ 先生があんなことするなんて 半年たっても忘れられない」

瓜江
「佐々木ッ 奴は必ず俺が見つけて殺してやる 不知のためにも必ず」

六月
「瓜江くん・・・・・・・・・」

瓜江
「行くぞ」

六月
「うん」

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グールre 伏線考察総集編はこちら
クインクス 新旧メンバー一覧はこちら
"グール限定"強さランキングはこちら
ピエロメンバー一覧まとめはこちら
東京喰種reのタイトル解読はこちら

~東京グールre 100話 ネタバレ 確定101話の展開は?に続く~休載無料

 - 東京喰種トーキョーグール:re