東京グールre 隻眼の王”名無き”の本当の正体はカネキ(ハイセ)で確定? 最新伏線考察

      2016/05/13

~トーキョーグールre 隻眼の王”名無き”の本当の正体は金木(カネキ)? 伏線考察まとめ最新~

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

"グール限定"強さランキングはこちら
クインクス 新旧メンバー一覧はこちら
ピエロメンバー一覧まとめはこちら
東京グールre 伏線考察総集編はこちら

 

今回は、東京喰種reの隻眼の王”名無き”の本当の正体について考察していきたいと思います。

まず、記者会見で自身が喰種であることを告白し、世間を驚かせたエト(高槻 泉)の一連の逮捕劇。

これをメインに考えていきます。

 

エトの逮捕劇は最初から全て操作されている?

東京喰種re75話にて、旧多の前に突如現れた隻眼の梟、エト。

2016050717501886c

エトは檻の中にいたはずなのに、旧多の前に現れたということは、つまり脱走しているわけです。

何故、エトが脱走できたのかという以前に、そもそも超強キャラで、頭も切れるあのエトが簡単に逮捕されたこと自体が不可解ですよね。

個人的にはズバリ、これは最初から計画されていたことなのだと推測します。

それでは、エトが仕組んでいるであろう一連の流れを時系列順におさらいましょう。

アオギリの樹の集会で告白(61話)

tkg6122.jpga

エトはこの時点で既に逮捕されることを想定していて、また、今後カネキを”隻眼の王”としてアオギリの樹に迎え入れやすくするための下準備として、わざとメンバーに自分が”隻眼の王”ではないと発言したのではないでしょうか?

あっさりと逮捕されるエト(62話)

tkg621.jpga

以前、塩野マネージャーがエトの自宅で冷蔵庫に入っていた人間の遺体の一部を発見した際、エトはわざと気づいていないそぶりを見せている様子でした。
なので、塩野の自白も想定内だったものと思われます。
そして、エトは逮捕の際、抵抗するそぶりを全く見せていません。
わざと捕まっていることが伺えます。

“王のビレイグ”発表と自身が喰種であることを告白(63話)

7564

新作発表の記者会見で自身が喰種であることを突如告白したエト。
世間に波紋を広げた会見となったわけですが、これもカネキを目覚めさせるための伏線ではないでしょうか?

また、同胞たちに向けて書いたという“王のビレイグ”ですが、一番読んで欲しかったのはカネキのはずです。

65話で久々に登場した万丈さんも、”グールのために書いたっつうならもっとひらがなを増やすべきだぜ”と言っています。
(エトは64話でカネキに、”頭のついている読者であればわかるはずだ 馬鹿は放っとく”と言っていましたが・・・)

さらに万丈さんは、”あの隻眼女・・・いったい何を企んでやがる・・・?”と思っていることからも、少なくともエトが何かを企んでいることは間違いなさそうです。

sdfsdfd (2)

カネキ(ハイセ)に“王のビレイグ”と“V”に対しての入れ知恵をする(64話)

64話65話 (6)

64話65話 (9)

“王のビレイグ”と“V”のことをカネキに話していたエト。

この後、結局カネキはCCGに対して不信感を抱いたのか、アヤト・万丈たちのコクリア襲撃を手助けし、結果的にCCGを裏切ることになります。

この時点で、エトの思惑は計画通り成功したと言っていいのではないでしょうか?

 

エトの脱走(75話)

そして最新75話でエトがついに脱走!

2016050717501886c

ある程度の目的を達成したエトは、もはやコクリアに留まる理由がないので、何らかの手段(恐らくCCGに共謀者がいる模様)を使って脱走したのではないでしょうか。

脱走ついでに、塩野マネージャーを殺害した旧多(ふるた)に復讐するものと思われます。

今後の展開が楽しみですね♪

それでは、エトの手助けをしている協力者は誰なのかについて考察します。

エトの協力者はやはり有馬?

最近、目がほとんど見えていない、もしくは全盲である可能性が判明している有馬ですが、有馬とエトとの癒着は、前々から指摘されていました。

以前、エトと戦った際、それらが全て演技であった可能性があるからです。

また、有馬と金木の誕生日が完全に一致していることや、有馬は佐々木 琲世(ささき はいせ)の名付け親であるということも何かひっかかりを感じます。

さらに、有馬はどこか、自分をカネキに殺して欲しいようなふしがあります。

 

また、CCGを寝返ったカネキに対し、2秒で殺せると言っておきながらも、実際は殺しておらず、カネキを成長させようとしているようにも感じます。

この有馬が、エトを脱走させた張本人ではないでしょうか?

そしてもうひとり、今後キーマンとなりそうな人物がいます。

それがヒデです。

 

ヒデは実は生きている?

カネキのピンチの際、たびたび脳内に出現してはカネキを救っているヒデ。

ピエロのボス、またはメンバーではないかと噂されていますが、既に死んでいることが判明しています。

しかし、エトや有馬と共通して、カネキを成長させる手助けをしていることから、もしかすると生きている可能性もありそうです。

20160507175246e7bs

 

まとめ

以上のことから、エト・有馬・ヒデはカネキを成長させると共に、誘導しているのではないでしょうか。

エトと有馬が共謀していることは既に濃厚ですが、もしかするとヒデもそこに関わっているのかもしれませんね。

3人は、カネキを成長させて、どこへ導いているのか、その一番の理由として考えられるのは、隻眼の王”名無き”の正体がカネキだからだと推測します。

今後、それぞれがどのようにつながっていくのかとても楽しみです。

以上、今回は隻眼の王”名無き”の本当の正体についての考察まとめでした!



~次回考察へ続く~



スポンサード リンク

その他の関連記事一覧↓

 - 東京喰種トーキョーグール:re