暁のヨナ 129話 ネタバレ 【タオの命を救うゼノ!】最新130話

      2016/10/09

暁のヨナ人気キャラランキングはこちら

 

暁のヨナネタバレ最新話情報です。

 

【129話 暁のヨナ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料 花とゆめ2016年19号】

 

谷を見渡しているシンア。

シンア
「こいつらだけじゃない・・・
この谷に何人も入り込んでる・・・」

シンアのその言葉を聞き慌てて宮へと戻るヨナ。

ヨナ
「タオ姫はどこ・・・!?
タオ姫が危ない・・・!!」

 

ネタバレ 暁のヨナ 129話

ヨナ
「タオ姫!タオ姫はどこ!?」

叫びながら王宮へと向かうヨナ。
そこにタオ姫の側近ヴォルドが駆け付ける。

ヴォルド
「何事ですか?」
ヨナは自分がタオ姫と間違えて襲われたこと、彼女に危険が迫っていることをヴォルドに報告。
そこへ大勢の敵が出現し囲まれるヨナたち。

ジェハ
「ヴォルドくん
ここは僕らに任せて君はタオちゃんの所へ行きな」

ジェハ、キジャ、シンアは戦闘態勢。
ヴォルド、ハク、ヨナはタオを探しに王宮へと向かう。
ヴォルドは去りながら四龍の戦いを目の当たりにして、驚きの表情を見せる。

 

 

一向はタオの寝室に到着。

ヨナ
「タオ姫っ!」

そこには剣を振りかざしたひとりの男がいた。

ミザリ
「あれぇ・・・
ヴォルド先輩じゃないです?」

ヴォルド
「ミザリ・・・」

ミザリ
「遅かったですね
かわいそうにタオ姫はここで小さく震えていますよ
神様にお祈り中です?」

ヴォルドに向け剣を振り下ろすミザリ。

ヨナ
「やめてっ」

その瞬間、布団の中から猫に囲まれたアルギラが登場。

アルギラ
「よぉ、ミザリ」

ミザリ
「ここはタオ姫の寝室だと思ったんですけど
姫はどこに?」

アルギラ
「姫は避難させたわいタコ」

ミザリは、ヴォルド・アルギラと一緒で五星の仲間。
五星とは、真国で特に武術に優れたものに与えられる称号。
ヴォルドとアルギラはタオ姫の従者で、ミザリは姉のコウレン姫の従者だった。

ミザリ
「わー
ついにタオ姫は高華国の人と接触を図っているのですか
それはいけない
あなた方を殺して早くタオ姫を探さなくては!!]

剣を振り、アルギラに攻撃を仕掛けるミザリ。
アルギラは攻撃をかわすと、ミザリに強烈な蹴りを放つ。
ミザリは吐血するも、ふらふらしながら再びアルギラに襲い掛かる。

アルギラ
「へえ、見直した
よく耐えたんじゃね?」

e4416cfe-s

アルギラの戦いを見て、いい腕だと感心しているハク。

ミザリ
「ちくしょ・・・
丸腰ならいけると思ったんだけどなあ」

ヴォルド
「同じ五星と調子に乗るなミザリ
あのアホをこの国で止められるのは俺だけだ」

アルギラ
「笑わせんなヴォルタコが
いつてめーが俺を止められたよ?」

ヴォルド
「本気出せば止められるわ、アホギラ」

ミザリ
「・・・別になにも考えずに挑んでるわけじゃないですよ」

血を吹きながら、ドアの方に目をやるミザリ。
すると大男が突然ハクに襲い掛かる。
とっさにヨナを抱えてよけるハク。

ハク
「おい、あんたら逃げろ!」

ヨナ
「ハク・・・!」

ハク
「すみません
すぐ終わらせます」

173cafea-s

あっという間に大男を倒すハク。


「ぎゃぁあああ」

驚いている様子のミザリ。

ミザリ
「なんです?あの人・・・」

アルギラはハクの戦いっぷりに見惚れていた。

アルギラ
「・・・・・・」

a1cda635-s
何かに気付くヨナ。

ヨナ
「ハク、油のようなにおいが・・・」

ヨナと同じように異変に気が付くアルギラ。

アルギラ
「てめえミザリ!
何をした!?」

ミザリ
「アルギラ先輩
タオ姫は・・・
避難していると言っていましたよね
でもこの屋敷内にはいるんでしょう?
早くいかないとあったかい火に包まれちゃいますよ」

アルギラ
「てっめ・・・」

ヴォルド
「アルギラ
こいつは俺がやる
早くタオ姫の元へ!」

剣を構えるヴォルド。
ハクも同様にアルギラに早く行けと叫ぶ。

アルギラ
「・・・ありがとうハクにゃん!!」

ハク
「にゃん・・・?」

 

一方、ゼノも異変に気付いていた。

2a330265-s
ユン
「どうしたのゼノ」

ゼノ
「・・・焦げ臭い・・・
ちょっと行ってくる!
動くなよ」

タオは屋敷内ですでに火に囲まれていた。

タオ
「火がもうこんなに・・・
危険でも脱出しなくては
行きましょう」

ここで死んだら、何千万という民が劫火に焼かれてしまう。
タオは逃げようとするも、あまりの火の勢いにしり込みする。

そこへ、火の中からゼノが登場。

ゼノ
「いたっ」

タオ
「あなた・・・ゼノさんっ」

ゼノ
「お姫さん、よかった」

タオ
「来てはダメすぐ戻ってください!」

と、ここで屋敷が崩れ落ちる。
大きな柱がタオ姫めがけて降ってくるがゼノが盾となって姫をかばう。

cc894a34-s

ゼノ
「ぐあああああ」

タオ
「ゼノさん!」

ゼノ
「いいから行って!!
・・・崩れる前に・・・」

タオ
「そ・・・そんな・・・」

目に涙をためて、ゼノを見つめるタオ。

ゼノ
「大丈夫、俺は非力だけど焼かれてる方が丈夫になる・・・
からっ・・・」

(ああ、再生が遅い・・・
緋龍城が遠いからだ)

ゼノが頭につけている、緋龍王の龍神の紋章が静かに音をたてて落ちる。

タオ
「何を・・・言って・・・」

炎に焼け焦げていくゼノを見て言葉を失うタオ。

ゼノ
「平気だから、俺は死なない
黄龍の身体は
こんな時の為にあるんだから」

b442414f-s

ゼノ
「この屋敷も崩れる・・・
柱を支えている間に早く・・・」

(力を貸して、緋龍城・・・)

猛火の中で意識が途切れそうになりながら、龍神の加護に救いを求めるゼノ。

そこへアルギラが現れる。

アルギラ
「タオ姫!」

タオ
「ア・・・アルギラ・・・っ」

目から涙を流しながら、ゼノの方を振り返るタオ。

焼かれて輪郭もわからなくなってきたゼノの様子を見てアルギラも言葉を失う。

 

随時追加更新


スポンサード リンク

暁のヨナ人気キャラランキングはこちら

~花とゆめ2016年20号 暁のヨナ 130話 ネタバレ 確定131話の展開は?に続く~

 - 暁のヨナ