弱虫ペダル 427話 ネタバレ【最新確定ネタバレ427話弱虫ペダル】

      2016/12/10

弱虫ペダル 金城真護についての考察はこちら

 

弱虫ペダルネタバレ最新話情報です☆

 

 

~427話 弱虫ペダル ネタバレ 画バレ 確定 最新話~

 

 

~前回のあらすじ~

 

小野田
「すいません どいてもらえませんか 水田さん!!
ボクは先を急いでいるので」

17

水田
「オレは”フタ”やって言うとるやろ!?え!?」

既に水田を抜いている坂道

水田
「あ――――――ッ!いかれた―――!!」

18

小野田
「まってて今泉くん!!」

今泉
(つか!! 来んだろ おまえなら 坂道!!)

水田
「あかん いつの間にか 湖沿いの平坦が終わって――――
”登り区間”に入っとる!」

 

 

ネタバレ 弱虫ペダル 427話

 

水田をあっさりと抜き去る猛加速
今泉との約束を守るため
脇目も振らず ただ前へと進む!!

 

 

水田
「登りになるとあいつは信じられんほど速いんや!!
しか――し!!
そんなことでおいていかれるオレやないわ!!

ハハハ!!
オレは京伏キャプテン水田!!
フェイズ82はおまえに”フタ”を・・・

あっ おい まてコラ
あっ うそやろ 見えなくなった」

杉元
「選手は全員スタートしたよ!!
ボクらは給水所に先回りだ早く積み込んで」

段竹
「はい」

寒咲兄
「古賀 昨日は大変だったな」

古賀
「いえ たまたま 学連の車にひろってもらえて無事に戻ってこられましたよ」

寒咲兄
「この序盤どう見る?」

古賀
「そうですね・・・
まずは小野田が追いつくかどうかですね
そこが重要だと思います」

寒咲兄
「小野田が・・・今泉に―――――か?」

古賀
「―――――いえ
その先の箱根学園2人にです
もしその2人を逃がすことになれば
今日のレースは終わってしまうかもしれません」

小野田
(けど!!この登りはそんなに長い峠じゃない!!
カーブがあける!!見えて!!先頭!!)

カーブの先の今泉が視界に入る坂道

小野田
「今泉くん!!」

今泉
「小野田!!」

御堂筋
「・・・・・・ホゥ・・・!!」
(サァカミイチィ・・・・・・!!)

━━━━━━━━━━━━━━━

観客
「来たぞ追走!!1名!!」
「昨日6位だったゼッケン1番だ」
「総北!!」
「3日目 序盤の 最初の峠の終わり
榛名山の外輪山の峠の頂上で前のグループに追いついたァ!!」

小野田
「あ・・・あ・・・・・・は!!」
(追いついた・・・!!けど)
「箱根学園がいない!!」

小野田
「・・・・・・・・・・・・・・・ごめん
ボクが追いつくのが遅かったから!!」

今泉
「いや ギリギリ大丈夫だ
オレのうしろにつけ 景色は見るな
オレのギアとケイデンスと荷重移動をうしろから見てそっくり真似ろ」

小野田
(え)

今泉
「まだ急げばつかまえられる差だ!
坂道よくこのタイミングで追いついてくれた!!」

小野田
(あ)

今泉
「こっから先は長い下りだ
昨日登ってきた榛名山を一気に下る!!
急ぐぜ?
今からおまえはおまえの知ってる速度以上でこの山を下る
一度ミスすりゃ路肩にふっとぶ命がけのハイスピードダウンヒルだ!!」

小野田
(今泉くん!!追いつく気だ!!
下り・・・!!ダウンヒル!!)

小野田
「うん!!いこう!!」

今泉
「よし!!!いくぞ!!」

小野田
(速い!! いきなり速い!!景色がうしろにふっとぶ
コーナーがすぐ来る!! う・・・・・・あ うわ 斜めだ!!)

小野田
(遠心力を感じる!
落ちるみたいな速度で曲がってる!!
こんな速度で曲がったことない!!
でも今泉くんに動きを合わせて!!
行く!!フルブレーキ!!)

小野田
(コーナーがすぐ来る!!ギリギリだ!!すごい!!
早送りみたいだ!!)

小野田
(速い!!怖い!!
だけど少しも怖くない
今泉くんの背中には安心感がある)

今泉
「まだいけるかァ!坂道!」

小野田
「あ・・・うん!!
あの こういう時に言うの違うかもしれないけど」

今泉
「!」

小野田
「今泉くんの背中はいつも・・・安心感があるから
だから大丈夫!!」

今泉
「はぁ!?背中!?」

小野田
「うん・・・・・・・・・何ていうか」

小野田
「いつも こっちこいよって言ってくれてるみたいで
何ていうか・・・
いつも優しく 引っぱってくれるから」

今泉
「本当に 今
言うことじゃねぇな」

小野田
「あ だよね
ごめん
言いたくなっちゃって
レース中なのにごめん」

今泉
「でも・・・・・・・・・
や・・・・・・・・・
やっぱちがうか
レース中に言いたくなったんなら
それは言う時だな」

小野田
「え」

今泉
「ロードレースは長いしすぐに局面が変わる
なのにひたすら前に進むスポーツだ
戻ることはできねぇ
時間の流れに似てる
常にめまぐるしく変化する
そん時に思ってることって
そん時しかねぇんだよ実際
ありがとよ
さっきの言葉はげみにするよ
ま オレは大して優しかないけどな」

小野田
「・・・・・・・・・!!そんなことないよ」

今泉
「さて―――――」

今泉
「ようやく見えてきたぜ
箱根学園!!」

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

弱虫ペダル 金城真護についての考察はこちら

~弱虫ペダル 428話 ネタバレ 確定429話の展開は?に続く~休載 無料

 - 弱虫ペダル