弱虫ペダル 422話 ネタバレ 【2年目インターハイ最後の闘いの場へ】最新確定

      2016/11/12

弱虫ペダル 金城真護についての考察はこちら

 

弱虫ペダルネタバレ最新話情報です☆

 

洗面所の窓から外へ出る真波

確認しに来た箱学メンバーが真波が脱走していることに気がつく

箱学メンバー
「あーーーっ!!しまった洗面所の窓あいて・・・真波さん外へ!!」

「逃げられたーー!!」

外に出て自転車を走らせている真波

真波
「3日目は今日よりもっとすごい山がある

そして”最終日”・・・!
この状況!!

ワクワクしないわけないでしょ!!」

43c5aeedb046aee1efb06ed341e2bc86-2

 

来るIH最終日・・・!!闘いの幕が上がる!!

 

~422話 弱虫ペダル ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料~

 

ネタバレ 弱虫ペダル 422話

 

静かに迎えた朝 すでに準備は始まっていて・・・・・・・・・・

 

スマホのアラームが鳴る 1

 

寒咲は既に起きて顔を洗っている

半分寝たまま左手を上げて寒咲に合図を送る橘2

 

(最後の朝―――――)

(2年目のインターハイ 一生懸命皆練習してきた
無駄な時間なんて1秒もないくらい)

(新入生が入ってきて 2年生になって 夏になって
苦しい時間を過ごして)

(皆すごく強くなった レースでも強かった でも)

(今年のインターハイでは まだ1枚もゼッケンをとれていない―――――)

(今日が最後のレース
2年生として走る最後のインターハイ)3

 

(がんばって チーム総北!!)

 

4

 

2年目インターハイ!!最後の闘いの場へと いざ 行かん!!

 

スタート地点のゲート付近

観客
「おおお」
「きた」
「でてきたよ」

バシャバシャとカメラのシャッター音が響く

観客
「王者 箱根学園!!」
「ハコガク――――――!!」
「いけー」
「今日獲れよォ!!」5

 

堂々とその中を歩く箱根学園のメンバー

 

記者
「泉田くん! 昨日僅差だったね
けどゴール前に2人送りこんだのはハコガクだけ!
形は完璧だったねぇー」

「惜しかったねぇ オールゼッケンコンプリート」

「今日はいけそう!?」

泉田
「ええ 今日のゴールでインターハイ総合優勝が決まります」
「もしスプリントや山岳を狙ってるチームがあるとすれば伝えてください」

「『くれてやる』と」

最後のゴール『黄色いゼッケン』だけを
箱根学園は獲りにいきます!!」6

黒田 銅橋 新開 葦木場は気合の入った顔で 泉田に続く

記者
「”ゴールだけを”――――――」

「・・・おお!箱根学園は」

「箱根学園ははじめから全力で狙ってくるってことだ!!」

「今日の最後のゴールを――――――王者としての復権を!!」

7

泉田
「今日は全てを捨てて走るよ 雪成」

黒田
(”全てを捨てる”―――――てこたぁ
塔一郎おまえ・・・・・・!!)

泉田
「キャプテンとしての最後の役割だ―――――雪成」

黒田
「塔一郎」

泉田
「ボクたちは」

黒田
「ああ!!」8

泉田
「強い!!」

黒田
「ぜっ!!」

泉田は上から 黒田は下から バチンと音をさせて手を打ち合わせる

銅橋
(ぜってぇ獲んぞ優勝!!)

新開
「・・・・・・・・・・・・」

無言で補給食をサクとかじる新開

真波を探してうしろを振り返る葦木場

9

葦木場
「真波は―――――
遅刻か―――――」

その頃宿舎で布団から起き上がる真波

10

真波
「いやぁ―――――寝すぎたね」

ポリと頭をかく真波

 

一方総北のテントでは 円陣を組むところだった

1

ぐっと握った手を円陣の真ん中に出す手嶋
その手の上にメンバーがガシと手を重ねていく

2

うなずく青八木

3

手嶋
「今まで死ぬ程積んできた」
「そいつを爆発させるのはもう今日しかない」
「全てを出しきってコースに倒れても」
「キセキを信じる力は届く」
「想いをつないで
もし最後のヤツの最終ライン前の差が数cmになったら―――――」

4

青八木
(純太!!)

鏑木
(手嶋さん!!)

鳴子
(カッカッカ!!当然す!!)

小野田
(手嶋さん!!)

今泉
(フ!!)

手嶋
「いくぞ総北 最後のレースだ!!総北ゥ」

全員
「ファイ オオオ!!」

気合に満ちたメンバーがテントから出てくる

7

そこでは寒咲が待っている

寒咲
「今年も精一杯!!がんばってください!!」

寒咲が出した手をパンと叩きながら通り過ぎるメンバー

手嶋
「ああ!!」

今泉
「サポートたのむ」

寒咲
「はい」

小野田
「お願いします」

鳴子
「カッカッカ!ほないってくるわ!!」

鏑木
「しゃす!!」

寒咲
「青八木さん」
「・・・・・・足の具合大丈夫ですか」

青八木
「・・・・・・・・・気づいていたのか」

寒咲
「マネージャーですから」

青八木
「・・・・・・・・・・・・」

寒咲
「レース・・・無理しないようにしてください・・・」
「・・・・・・といってもムリなんでしょうね・・・」
「救急箱のサポーターや痛み止め・・・全部なくなってました」

青八木
「仕方無い・・・オレにはまだやるべき仕事が残っている」

青八木の左脚がズキっと痛む

青八木
「・・・心配する必要はない」
「オレは3年間あこがれたこのジャージで」
「インターハイの最終ステージに立てている」
「最高のメンバーと共に・・・それだけで・・・」

10

 

呉南工業のジャージを着たメンバーが肩で風を切って歩いていく

観客
「うわっ」

「今の」

「え?」

「・・・広島?」

「・・・今年もいたのか」

浦久保
「塩野 里崎 東村ぁ」
「誰かがウワサしとったのう」
「”広島のことは信じるな”・・・」
「”広島は裏切るけ”いうてな」
「おかげで1日目2日目が全然思い通りに動けんかったわ」

12

ガシガシと後頭部をかく浦久保

浦久保
「ナハ!!」
「まあ待宮パイセンなら仕方ないけどのォ」
「ああ見えて後輩思いのやさしいお方じゃけんのう」
「パイセンのやらかしは後輩が謝らんといかんのう」

13

浦久保
「のう!!庭妻ぁ!!」

14

浦久保
「ダメか!ナハ!!」
「じゃあとりあえず誠意見せるために誰か潰すか敵を!!」
「鳥を撃ち落とす猟師みたいに・・・」
「のう」
「『それ』を手土産に・・・」

15

鉄砲を構えるしぐさをする浦久保

獲物を探すように手を四方に向ける

浦久保
「うーん・・・おお!?」
「あれなんかどうじゃ」
「見ろ庭妻ぁ・・・ヨタヨタ歩いて弱そうじゃ」

手が指した方向にいるのは総北のゼッケン4番の背中

浦久保
「弱った黄色い『ヒヨドリ』じゃ」
「ナハ!!」

「ちょっと」
「1弾目を撃ち込んでくるか」

16

 

忍び寄る不穏な空気!!その手が狙うのは・・・!?

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

弱虫ペダル 金城真護についての考察はこちら

~弱虫ペダル 423話 ネタバレ 確定424話の展開は?に続く~休載無料

 - 弱虫ペダル