僕のヒーローアカデミア 118話 ネタバレ 【最新確定ネタバレ118話僕のヒーローアカデミア 】

      2016/12/01

僕のヒーローアカデミア強さランキングはこちら

 

僕のヒーローアカデミアネタバレ最新話情報です☆

 

~118話 僕のヒーローアカデミア ネタバレ 画バレ 確定 最新話~

 

~前回のハイライト~

 

爆豪
”どんだけピンチでも最後は絶対勝つんだよなあ!!”

デク
”どんなに困ってる人でも笑顔で救けちゃうんだよ・・・”

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20117e8a9b1118e8a9b120e69c80e696b0-15

爆豪
「怪我したくなきゃ構えろ蹴りメインに移行したんだってな?」

デク
「待ってって!!こんなのダメだ」

━━━━━━━━━━━━━━━

爆発の威力も使いながら本気で突っ込んでいく爆豪

デク
「かっちゃん!!」

右腕を振りかぶっている爆豪

デク
「右・・・!いや!以前に破られてる!違う!右はフェイント・・・」

しかし爆豪はそのまま右腕を振りブチかます!

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20117e8a9b1118e8a9b120e69c80e696b0-4

デク
「った・・・!!」

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20117e8a9b1118e8a9b120e69c80e696b0-16
爆豪
「深読みするよな、てめェはァ・・・来いや!!」

デク
「マジでか・・・!!かっちゃん・・・」

 

ネタバレ 僕のヒーローアカデミア 118話【意味のない戦い】

デクと爆轟のやり取りを
警備ロボが壁際から見ていた

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20118e8a9b1119e8a9b120e69c80e696b0e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-1

警備ロボ
「A組・・・担任イレイザーヘッド内戦8番」

相澤に通信する警備ロボ

警備ロボ
「オイ、イレイザーヘッド!オタクノ生徒ガグラウンド・βニイルゾ!
監督不行届!!責任問題叱ッテ来イ!」

そのころPCで作業をしていた相澤は

相澤
「まじかよ・・・」

警備ロボ
「マジマジ」

玄関を出て相澤がグラウンドβに向かおうとする

相澤
「一体何を・・・」

その時、外に出た相澤に対して何者かが手を広げ立ちふさがる

相澤
「!?」

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20118e8a9b1119e8a9b120e69c80e696b0e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-12

(デク・爆豪)

対峙するデクと爆轟。デクは爆豪の言葉を思い返している

爆豪
「じゃあ、俺の憧れは間違ってたのかよ」

デク
「待ってって!本当に戦わなきゃいけないの!?」

攻撃態勢をとる爆豪

デク
「間違ってるわけないじゃないか!!君の憧れが間違ってるなんて誰も・・・」

爆豪が突っ込み両手で爆破をしかけるがデクは間一髪で避ける

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20118e8a9b1119e8a9b120e69c80e696b0e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-10

デク
「待ってってば・・・!」

爆豪が幼少期を思い返す

(回想シーン)

幼いころのデクと爆豪の様子。デクが爆豪の後ろをおいかけている

デク
「待ってよ、かっちゃん!」

爆豪ナレーション
「いつも後ろにいやがったのに」

泥にはまった爆豪に対して手を差しのべるデク

デク
「大丈夫?」

公園で爆豪がデクをぶん殴る。爆豪がそのまま仲間と行こうとするが
その後を付いてくるデク。

爆豪ナレーション
「どんだけぶっ叩いてもいつも背中に張り付いてやがった」

ヒーローズチップスを店で買って2人は外に出て開ける

オマケの袋にオールマイトのカードが入っている

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20118e8a9b1119e8a9b120e69c80e696b0e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-13

爆豪ナレーション
「同じ人に憧れたのに・・・」

授業の後にオールマイトに爆豪がかけられた言葉

オールマイト
「言っとくけど・・・自尊心ってのは大事なもんだ!!
君は間違いなくプロになれる能力を持っている!わかるよ・・・緑谷少年の急成長だろ?
でもレベル1の力とレベル50の力・・・成長速度が同じなハズないだろう?」

爆豪ナレーション
「何で・・・」

(回想シーン終了)

 
爆豪
「逃げんな!!戦え!!」

左腕を振りかぶりながら爆豪はデクに突っ込む

デクは右手を前に出し防御する

だが爆豪は左脚を振り抜きデクの顔面を蹴りあげる

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20118e8a9b1119e8a9b120e69c80e696b0e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-14

両手を前に出しデクに畳み掛ける爆豪

しかしデクは蹴られた勢いを使ってバク転しながら爆豪に蹴りをはなつ

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20118e8a9b1119e8a9b120e69c80e696b0e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-15

爆豪
「何で・・・!!」

着地して数歩後退した爆豪が少しグラついて尻をつく

爆豪
「って・・・!」

爆豪に近付き手を差し出すデク

デク
「ハァ・・・ハァ・・・大丈・・・」

しかし爆豪はその手を強く振り払う

爆豪
「俺を心配すんじゃねぇ!!戦えよ!!何なんだよ!!何で!!何で!!
ずっと後ろにいた奴の背中を追うようになっちまった!!
クソザコのてめぇが力をつけて・・・!!オールマイトに認められて
強くなってんのに!!なのに・・・何で俺はっ・・・!
俺は・・・オールマイトを終わらせちまってんだ!!」

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20118e8a9b1119e8a9b120e69c80e696b0e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-3

必死の形相の爆豪
それを見て目を見開いて固まるデク

爆豪
「俺が強くてヴィランに攫われなんかしなけりゃあんな事になってなかった!!」

涙を拭う爆豪

爆豪
「オールマイトが秘密にしようとしてた・・・誰にも言えなかった!
考えねぇようにしてても・・・フとした瞬間に沸いてきやがる!
どうすりゃいいか分かんねんだよ!!」

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20118e8a9b1119e8a9b120e69c80e696b0e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-2

デクは爆轟が悩んでいた事に気付く

デク(心の中で)
「ずっと・・・抱え込んで・・・!!僕なんかより・・・ずっと・・・!
悩んでたんだ・・・考えてたんだ・・・!!」

先程のデク自身の言葉

デク
「本当に戦わなきゃいけないの?」

デクナレーション
「この戦いに意味なんてないかもしれない
勝ちにも敗けにも意味はないのかもしれない
それでも僕はやらなきゃって思った)

デクに突っ込む爆豪
デクが爆豪に蹴りを放つ

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20118e8a9b1119e8a9b120e69c80e696b0e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-4
デク
「丁度いい・・・シュートスタイルが君に通用するかどうか」

デク(心の中で)
「かっちゃんのこの気持ちを今、受けられるのは僕しかいないんだから」

フルカウルで構えをとるデク

e58395e381aee38392e383bce383ade383bce382a2e382abe38387e3839fe382a220e3838de382bfe38390e383ac20118e8a9b1119e8a9b120e69c80e696b0e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-16

デク
「やるなら・・・全力だ!!」

 

※編集中※近日公開予定※

 


スポンサード リンク

僕のヒーローアカデミア強さランキングはこちら

~僕のヒーローアカデミア 119話 ネタバレ 確定120話の展開は?に続く~休載無料

 - 僕のヒーローアカデミア