七つの大罪 169話 ネタバレ 【エスカノールが不戦敗希望www】

   

七つの大罪ネタバレ最新話情報です。

169話 七つの大罪 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

 

『伝説の最弱聖騎士』

 

七つの大罪169話ネタバレ

ジェリコ
「い・・・意味がわかんねぇ奴だな・・・
祭りに勝って心を手に入れる!?」

ゴウセル
「そうだ・・・俺は感情を理解する
【心】が欲しい」

E4B883E381A4E381AEE5A4A7E7BDAA20E3838DE382BFE38390E383AC20169E8A9B1170E8A9B1-2

ジェリコ
「心を手に入れる為に
仲間を殺すなんて
矛盾してんだろうが!!」

ゴウセル
「なら・・・
この祭りに勝つ以外に願いを叶える方法を教えてくれ・・・
ジェリコ、お前は力を手に入れる為に
人である事を捨てようとした
それと何がどう違う?」

ジェリコ
「・・・っ・・・ああ・・・そうさ・・・
そのせいでバンを・・・
兄貴を傷つけちまった・・・

E4B883E381A4E381AEE5A4A7E7BDAA20E3838DE382BFE38390E383AC20169E8A9B1170E8A9B1-3

だからこそ言わせてもらう・・・

自分の望みの為に
仲間を傷つけるのだけはよせ!!

最後に一番傷つくのは
自分(てめぇ)なんだぞ!!?」

ジェリコがゴウセルと話している際、魔眼で闘級を計りだすホーク

ホーク
「インドメガネ(ゴウセル)、
闘級:3100、前から進歩なし!!

タラコ唇見習い(ジェリコ)、
闘級:280・・・?ハイ雑魚

こりゃ楽勝だな!!
俺の闘級は3000だったが

魔力を手に入れた事によって
倍以上に上がったはず

つまり、およそ10万!!
まぁ安心しろい、チョビヒゲ親父」

E4B883E381A4E381AEE5A4A7E7BDAA20E3838DE382BFE38390E383AC20169E8A9B1170E8A9B1-4

その時、エスカノールが
リングの端っこに走って行く

ホーク
「っておい!!」

リングの端からグロキシニア、ドロールに話しかけるエスカノール

エスカノール
「ぼ・・・僕は大喧嘩祭り用の
お酒を届けに来ただけでして・・・
参加するつもりはなかったんです

どうか不戦敗にして
頂けないでしょうか!?」

しかしドロールはエスカノールの申し出を却下

ドロール
「例外は認めぬ・・・」

グロキシニア
「せっかく選ばれたんだから~
潔く戦うっスよ」

エスカノール
「で・・・ではルールを変更して下さい!!

ゴウセルくんは、ずっと昔からの・・・
ジェリコさんは知り合ったばかりですが
二人共、大事な仲間なんです・・・!!

仲間同士で殺し合いなんて
絶対できません・・・!!」

E4B883E381A4E381AEE5A4A7E7BDAA20E3838DE382BFE38390E383AC20169E8A9B1170E8A9B1-5

エスカノールの言葉を聞いていたメリオダス・バン・キング・ディアンヌ・エレイン・エリザベス

メリオダス
「エスカノール・・・」

そんなエスカノールの背後でゴウセルがジェリコとホークをぶちのめす

エスカノール
「!?
ぶ、豚さん!!
それに何でジェリコさんまで!!」

ゴウセル
「俺はどうしても心を手に入れたい
邪魔をするなら倒すまで」

マーリンに捨てられ絶望の闇に沈む悪夢をエスカノールに見せるゴウセル

しかしエスカノールはマーリンを自分と並び立つような場所にはいない
太陽のそのものだととらえていた

ゴウセルは目覚めさせてはいけない、エスカノールの内なる【太陽】を呼び起こしてしまった

覚醒したエスカノール

エスカノール
「さあ・・・
身を以て償わせてあげよう
心を弄んだ大罪を・・・!!

与えてしまった!太陽を!!
傲慢なる太陽王・エスカノールに
いま覚醒!!贖え、その罪を!!

次回『その光は他が為に』

~七つの大罪 170話 ネタバレ 確定171話の展開は?に続く~

随時追加更新

以下嘘バレ

キング&ディアンヌ

グロキシニア
「負けは負けっすね
しょうがない・・・
キングとディアンヌ組に
シード権をあげるっす!」

キング
「シード権?」

ディアンヌ
「なにそれ?」

グロキシニア
「シード権ってのは他の人よりも
戦う数が少なくなる事っす」

キング
「なんでそんな気前が良い事を・・・?」

グロキシニア
「仮にもうちらの分身を
倒したわけですから、
それなりにアドバンテージを挙げないと
不公平ってもんスから」

ディアンヌ
「それは少し・・・
いや凄く助かるかも!
ハーレクインは今体力消耗してるし・・・」

キング
「確かにそれは
ありがたいけど・・・」

グロキシニア
「いやいや、それくらいの労いは
してあげるっすよ」

ディアンヌ
「この妖精さんはいい人なのかな?」

キング
「騙されないでディアンヌ!
こいつら十戒は敵だ!
どんな手を使って俺達を殺しにくるか
分からない・・・」

グロキシニア
「心配しないで欲しいっす
これでも十戒のなかでも僕は
フェアプレイを心がけてるっすから!」

ドロール
「・・・」

キング
「・・・まあシード権をくれるって言うなら
もらっとくよ」

ディアンヌ
「ありがとう!」

不適に笑うグロキシニア

グロキシニア
「そうっすか・・・シード権
もらってくれるんスね?」

キング&ディアンヌ
「?」

その時、地形が変化

キング&ディアンヌ
「!!」

キング
「なんだ?どういう事だ」

ディアンヌ
「わわわっわわわわわわわ!!」

「地形の変化の影響を受け
地面が揺れている!!」

メリオダス
「なんだなんだ?」

バン
「今度は何を始める気だ?」

ジェリコ
「うっわわあ!今度はなんなんだよ・・・」

ホーク
「わ、わ、わ、地震だあああ!
机の下に隠れろおおお!」

エスカノール
「ホークさん、
ここに机はありませんよ!」

ゴウセルが何かひらめいた表情をする

ゴウセル
「うーむ・・・そうだ!」

ジェリコ
「なんだ・・・?」

【キングサイド】

キング達の地形だけ他の地形よりも
かなり高くなっている

キング
「一体、どうなってるんだ」

グロキシニア
「シード権を挙げるって言ったっすよ?
君達はそれを了承したっす」

キング
「だからなんだ?」

グロキシニア
「だから僕たちと戦う権利を
与えたって事っすよ!」

キング&ディアンヌ
「な・・・!?」

タイズー
「えーただいまより、
キング&ディアンヌ vs
グロキシニア&ドロールの
試合が始まります」

グロキシニア
「さて、初めるっすか?
決勝戦・・・
と言うと変な感じっすから
エキストラマッチでも・・・」

キング
「クソ・・・
もう神器を出せる体力が・・・」

ディアンヌ
「下がっててハーレクイン・・・
こいつらはボクが」

キング
「駄目だディアンヌ、いくらキミでも
十戒二人を相手にするなんて・・・」


「ちょーーーとまったーーー!」

一同
「!?」


「エキストラマッチなら
俺も混ざっても問題ないよね?」

現れたのはゴウセル

キング
「ゴウセル?」

ディアンヌ
「知り合い?」

グロキシニア
「こいつ
どうやって・・・」

ゴウセル
「やあ!
ゴウセル、ただいま参上!」


スポンサード リンク

 - 七つの大罪