ワールドトリガー 163話 ネタバレ 【それぞれの矜持がぶつかる】最新確定

      2016/10/29

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
ワールドトリガー名言まとめはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ前編はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ後編はこちら

 

ワールドトリガーネタバレ最新話情報です☆

ジャンプ48号掲載順

ブラッククローバー
ワンピース
ワールドトリガー
銀魂  ※Cカラー
ヒロアカ
青春  ※Cカラー
アマルガム
トリコ
ゆらぎ
斉木  ※Cカラー
ネバラン
ハイキュー
鬼滅
左門
火ノ丸
食戟のソーマ
ダンス
磯部衛
ラブラ
レッスプ

 

~163話 ワールドトリガー ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料~

 

~前回のハイライト~

ヒュースとユーマの訓練はヒュース08-12ユーマで決着

クローニン
「現時点だと遊真のほうがまだ上だね」

ヒュース
「・・・”現時点では”な」

ヒュースを挑発するようなポーズを取る遊真

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20162e8a9b1163e8a9b120e69c80e696b0-8

クローニン
「変化弾は弾丸トリガーの中でも特に扱いが難しいんだ」

「ヒュースにはアフトの角で強化されたトリオン量がある」

「大丈夫 練習すればもっと強くなるはずだよ」

ヒュース
「わかっている」

「トリオンの操作は得意だ 本番までにはものにしてみせる」

そこにやってくる千佳

千佳
「遊真くん わたし本部行くけど遊真くんも行く?」

「レイジさんが送ってくれるって」

遊真
「おー行く」

「ヒュースも行くか?」

ヒュース
「オレは『隠し玉』だ」

「これ以上本部で目立つ必要はない」

遊真
「なるほどそりゃそうか」

「じゃあしっかり練習しろよ」

ヒュース
「うるさいさっさと行け」

上機嫌のユーマ

千佳
(近界民(ネイバー)の友達が増えて楽しそうだな・・・)

そして本部へ向かう車の中

レイジ
「迎えは6時くらいでいいか?」

千佳
「はい ありがとうございます」

遊真
「あ おれは迎えはいいや」

「今日はあとでかげうら先輩の家に行く予定だから 晩ごはんもいらないって言っといて」

レイジ
「わかった」

「何時でも連絡よこせば迎えに行くぞ」

遊真
「大丈夫大丈夫 ありがと」

本部で千佳と別れるユーマ

遊真
「どうもおまたせ」

村上
「おつかれさん」

影浦
「おせーんだよ」

遊真
「さーて次の試合の前に」

「一丁軽く揉んでやるかね」

影浦
「こっちのセリフだボケ!」

 

一方 千佳と夏目の元にやってきたのは茜 ユズルと当間の狙撃手3人組

 

ネタバレ ワールドトリガー 163話『絵馬ユズル②』

 

次なる戦いへ向け・・・

 

合同狙撃訓練に臨む千佳

レーダーを見ながら的を捜している

千佳(1時の方角90m 低め)

正確に的を撃ちぬく千佳

ナレーション:
本日の訓練『レーダーサーチ訓練』

レーダーで指示された的を探して撃つ
指示された的以外は撃っても意味がない

一つ当てると次の的が指示される

制限時間内にいくつ当てられるかで成績が決まる

夏目の成績は41位/135人

夏目
「やった! 自己ベスト!」

当間
「いい感じじゃねーの」

夏目
「ユズルとトーマ先輩のおかげっす
でも上位15%はまだ遠いわー
正隊員含めての15%だし」

ユズル
「そうは言っても正隊員は訓練休む人もいるし マジメにやらない人もいるよ」

「C級の中でトップ5ぐらいに入ればOKなんじゃないの?」

夏目
「その時点で難しいんだっつーの」

「おっネコやん」

ネコを抱いて歩く千佳に声をかける隠岐

「ネコと雨取ちゃんやん おつかれさーん」

千佳
「おつかれさまです」

当間
「おー」

「前の試合肝心なとこではずした隠岐じゃねーの」

隠岐
「いやいやあれは違うんですよ 当間さん」

当間
「なにが違-んだ」

隠岐
「おい一人っ子なもんで 雨取ちゃんみたいな妹がおったらなーて前から思ってんたんですよ」

当間
「相打ち狙いに怯んだだけだろ」

隠岐
「いやいやかわいい子は撃ちにくいって話ですわ な」

雨取
「えっ いえ」

とそこでユズルが千佳の前に

夏目
「おっ」

20161027145105a71

ユズル
「やめなよ隠岐先輩 雨取さん困ってるじゃん」

隠岐
「お? どしたんや? ユズル」


「隠岐先輩わたしはー?」

隠岐
「うーん 日浦ちゃんもけっこう撃ちにくいわ」


「やったー!」

とそこでユズルの携帯に連絡が

「あ カゲさんだ」

「みんなでカゲさんち行こうって」

当間
「おーいいね」

「イズホとチカ子はこのあとどうする?」

千佳
「6時にレイジさんが迎えに来てくれるので・・・・・・」

夏目
「それまで日浦先輩と練習して帰るっす」

茜「にゃんこ!」

当間
「そうか了解 じゃーまたな」

千佳
「ユズルくんまたね 次の試合で」

ユズル
「・・・・・・うん 次の試合で」

”お好み焼き かげうら”

201610271451031ec

影浦の実家のお好み焼き屋に来たユーマたち
影浦 村上の他には先ほど呼ばれたユズルと当間 そしてゾエさんの姿も

お好み焼きをひっくり返すユーマ「ほっ」

当間
「おーやるじゃねーの」

ゾエ
「上手い上手い」

ソース マヨ かつおぶしをトッピングしていく

わさわさわさ

ユーマ
「おお かつおぶしが生きてるみたいだ」

そして熱々のお好み焼きを頬張り ご満悦のユーマ

「んまい」

そんなユーマを温かく見守る一同

2016102714512600c

影浦
「どーだ うめーだろコラ」

ユーマ
「うまうま」はふはふ

村上
「ヤケドするなよ」

当間
「にしてもカゲおめー」

「ずいぶん空閑のこと気に入ってるよな」

影浦
「あー?」

ゾエ
「だよね 自分から店に連れてくるとか」

「カゲに友達が増えてゾエさんうれしいよ」

影浦
「うるせー!」

「こいつは他のやつとはものが違うんだよ」

「普通のやつは攻撃してくる時 攻撃より先に『攻撃すんぞ』って感情が刺さってくる」

「俺のクソ副作用(SE)のせいでな」

「けどこいつにはそれが無え」

「メカか昆虫(ムシ)かってくらい攻撃の感情が読めねえ」

ユーマ
「ムシ?」

影浦
「こんなに感情を消して攻撃してくんのは」

「こいつ以外じゃ東のおっさんくれーのもんだ」

「だから斬り合いにスリルがあっておもしれぇ そこがいいんだ」

村上
「なるほど 無心の剣か・・・・・・」

ユーマ
「ふむ よくわからん」

 

 

一通り食べ終わる一同

影浦
「そういや話変わるけどよー 空閑」

「こいつ おめーんとこのチビ狙撃手に気ぃあるみたいなんだわ」

2016102714510012c

ユズル
「!!?」

ユーマ
「ほう お目が高い」

「チカは一本芯の通ったいいやつです」

そう言われても困る といった様子のユズル

 

一方涙のゾエさん

ゾエ
「ユズルにガールフレンドが・・・・・・」

「ゾエさんうれしいよ」

村上
「うれし泣いてばっかりだなゾエ」

影浦
「うれしかねーよ」

「こいつ次の試合わざと負ける気だぞ」

その言葉に固まる一同

ゾエ
「雨取ちゃんに勝ちを譲るってこと?」

「ユズルだけに」

ユズル
「・・・・・・・・・」

20161027145100979

ユズル
「・・・・・・だって」

「べつに影浦隊(うち)遠征狙ってるわけじゃないじゃん」

「だったら真剣に遠征狙ってる人に 譲ったほうがいいんじゃないの?」

ゾエ
「だからってわざと負けるってのは・・・・・・」

村上
「・・・・・・」

ユーマ
「あーそのへんは大丈夫なんでおかまいなく」

「チカは遠征行くの決まってるし」

ユズル
「え・・・・・・?」

当間
「どーいうこった?」

ユーマ
「チカはトリオンが凄いから チカがいると遠征の船をでかくできるんだと
城戸さんは遠征に人数たくさん連れて行きたいから
チカを貸してくれって頼まれてんの」

ゾエ
「そういえば・・・・・・
B級からも何人か遠征メンバー選ぶって こないだ通達があったね」

当間
「遠征艇はせめーからな
チカ子のトリオンで船を増築するわけか」

影浦
「ならなんの問題もねえじゃねーか
遠征行きが決まってんなら
わざと負けてやる必要もねえ」

ユズル
「遠征行きが決まってるのは雨取さんだけでしょ
一人で行くより 隊で行くほうが安心できるに決まってるじゃん」

ユーマ
「ふむ?」

村上
「たしかにそれはそうか」

影浦
「こいつは~あー言えばこー言うな 」

ユズルの髪をわしゃわしゃする影浦

とそこで店に入ってきた荒船と穂刈

荒船
「お? なんだ?」

201610271451028ff

B級 荒船隊 隊長
狙撃手
荒船 哲次(18)

荒船隊 狙撃手
穂刈 篤(18)

 

村上
「荒船 穂刈」

ユーマ
「あらふねさん」

荒船
「・・・・・・なるほど
話は大体わかった
けど 何も難しいことはないだろ
絵馬が個人で遠征メンバー目指して
玉狛のチビちゃんについて行けばいいだけの話だ」

ユズル
「・・・・・・!
オレが遠征部隊に・・・・・・!?」

荒船
「それならわざと負ける必要もないし 玉狛のチビちゃんを一人で行かせる必要もない」

村上
「わかりやすいな」

ユーマ
「なるほど」

荒船
「チビちゃんが心配なら 自分で行って自分で守れ」

ユズル
「自分で・・・・・・」

ユーマ
「まぁ 手を抜いてくれてもくれなくても
こっちはどっちでもいいけどね
どっちにしろ 勝つのは玉狛第二(うち)だ」

その言葉にピクっと反応するユズル

 

不敵ッ!!
次号 ランク戦を前にそれぞれの矜持がぶつかる!!

 

以下嘘バレ

 

スナイパー訓練終わった荒船がユーマ・村上たちに合流

荒船
「次の試合解説頼まれてるんだ じっくり試合を見させてもらう」

村上・影浦
「見んなよ」

ユーマ
「見ないでよ」

次の試合解説は荒船と歌川(風間隊)
実況は三輪隊オペの月見さん

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
ワールドトリガー名言まとめはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ前編はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ後編はこちら

~ワールドトリガー 164話 ネタバレ 確定165話の展開は?に続く~休載無料

 - ワールドトリガー