ワールドトリガー 162話 ネタバレ 【玉狛支部⑤】最新確定

      2016/10/29

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
ワールドトリガー名言まとめはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ前編はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ後編はこちら

 

ワールドトリガーネタバレ最新話情報です☆

 

~162話 ワールドトリガー ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料~

 

~前回のハイライト~

部屋を片付けているレイジとゆり

ゆり
「千佳ちゃん
そろそろ時間じゃない?」

千佳
「あっ はい
それじゃあ行って来ますね」

ゆり
「うん 気を付けてね」

(遊真くんも個人ランク戦
しに行くかな・・・?)

片付いた部屋に呼ばれる修

ゆり
「今日から修くんは
この部屋を使ってね

前の人の私物が
ちょっと残ってるかも
しれないけど

気にしないで」


「はい どうもありがとうございます」

("前の人"・・・?
誰の部屋だったんだろう)

ドアを見上げている修が
天井に書かれているかすれた"城戸"の文字を発見する


「・・・!」

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20161e8a9b1162e8a9b120e69c80e696b0-4


「"城戸"・・・・・・・・・?」

 

"前の住人"と
玉狛支部の浅はかならぬ
因縁の内容とは!?

 

ネタバレ ワールドトリガー 162話『玉狛支部⑤』

 

修が見つけた前の住人の痕跡はまさかの・・・!?

 


「『城戸』・・・?」

(『城戸』って・・・城戸司令のことだよな たぶん)

(玉狛支部に なんで城戸司令の部屋があるんだ・・・?)

さらに机の引き出しを開けた修は 玉狛支部の前で撮った集合写真を発見する

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20162e8a9b1163e8a9b120e69c80e696b0-2


(集合写真・・・?)

(あっ)

(これ・・・迅さん・・・?)

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20162e8a9b1163e8a9b120e69c80e696b0-3

(レイジさんとゆりさんもいる)

(今よりみんなずいぶん若い けっこう前の写真だな)

(玉狛支部をバックに写ってるってことは 元・玉狛支部のメンバーなのか・・・?)

 

ゆりの元へ行き写真を見せる修

ゆり
「あら 懐かしい写真」

「6年くらい前ね 私若いわ~」


「すみません 引き出しの中で見つけてしまって・・・」

「あの部屋ってその・・・城戸司令が使ってた部屋なんですか?」

ゆり
「そうよ この写真もたぶん城戸さんの」


「・・・でも城戸司令は写ってないみたいですけど」

ゆり
「写ってるわよ ほらここ」

ゆりが指さしたのは 屈託のない笑顔を見せる男

オサム
「これが城戸司令・・・!?」

ゆり
「昔は顔の傷がなかったのよ」

オサム
(いや傷がどうとか言うより・・・)

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20162e8a9b1163e8a9b120e69c80e696b0-4


「どうして城戸司令の部屋が玉狛支部に・・・? 一緒に住んでたってことですか?」

ゆり
「そうよ」

「・・・と言うより 今の本部基地ができるまでは」

「玉狛(ここ)がボーダーの本部だったの」


「・・・!」

ゆり
「一般に公開される前の いわゆる『旧ボーダー』の本部ね」

「この写真に写ってる19人がそのメンバー」


「『旧ボーダー』・・・!」

ゆり
「昔はにぎやかだったのよ」

「今は少しさびしくなっちゃったけど」

「修くんたちが来てくれたから また少しにぎやかになるわ」


「今玉狛にいない人は 本部のほうに移ったんですか?」

ゆり
「そうね・・・」

「城戸さん 桐山さん 忍田さん」

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20162e8a9b1163e8a9b120e69c80e696b0-5


(あ 本部長)

ゆり
「この3人は本部に移ってがんばってるわ」

「あとは・・・この子・・・」

「真都ちゃんは ボーダーを辞めて一般の人に戻ったの」


(なるほど 辞めた人もいるのか・・・)

「あの・・・それで」

「残りの10人くらいの人たちは・・・?」

ゆりさんの目がわずかに沈む

ゆり
「みんな死んでしまったわ 5年と少し前の戦いで」


「・・・!? 死んだ・・・!?」

ゆり
「そう」

「・・・玉狛のエンブレムがあるじゃない?あれって元々『旧ボーダー』のエンブレムだったの」

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20162e8a9b1163e8a9b120e69c80e696b0-1

ゆり
「上の3つの丸が近界(ネイバーフッド)にある3つの同盟国」

「下の大きい丸が『こっちの世界』」

「その間にあるのがボーダー っていう意味なんだけど」

「同盟国のひとつが『こっちの世界』に近い軌道上にあってね」

「その国が別の国に襲われたの」

「私たちが同盟国に加勢して戦ったわ」

「それが同盟国との約束だったし 放っておくと『こっちの世界』まで巻き込まれるところだったから」

「『こっちの世界』まで攻め込まれる前に『敵の国』はなんとか追い返したけど 犠牲も大きかった」

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20162e8a9b1163e8a9b120e69c80e696b0-6

林藤
『最上さんは5年前に 黒トリガーを残して死んだ』

レプリカ『勝利寸前まで攻め込んだ大国が 黒トリガーの逆襲を受けて敗走した例が過去いくつもある』

という言葉を思い出す修

ゆり
「城戸さんがこわい顔になって 私たちとは違う道を行くようになったのはそれから」


「『違う道』・・・ですか」

ゆり
「城戸さんはボーダーに人を集めるために 『近界民は全て敵』って言ってるでしょ?」

「それは『こっちの世界』と近界民との橋渡しを目的にしてた『旧ボーダー(わたしたち)』とは 真逆の姿勢(スタンス)なのね」

『「近界民にもいいヤツいるからなかよくしようぜ主義」の我らが玉狛支部』という迅の言葉が浮かぶ


「なるほど・・・」

(玉狛支部は 旧ボーダーの考えを引き継いでるわけか・・・)

ゆり
「・・・でも なんでもかんでも反発してるわけじゃないのよ」

「協力できるところは協力するし」

「今のボーダーが短い間にこれだけ大きくなったのは」

「城戸さんのやり方の成果だってことは みんなわかってるわ」

「この間の大規模侵攻だって 城戸さんが集めた隊員たちがいなかったら どうなってたかわからないし」

「また5年前みたいな大きな戦いが起きたら 味方が多い方が心強いもの」

「・・・問題は 城戸さんより『正しい方法』を考えつけなかった 私たちのほうにあるのよね・・・」


「・・・?」

「ぎゃ―――――ッ!!!!!」と叫ぶ小南

「ちょっとなに見てんの!?」


「小南先輩」

小南
「ちょっとこれ昔の写真じゃない! ひーーーー!!」

ゆり
「この頃の桐絵ちゃんは叔父さんにべったりだったのよね」

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20162e8a9b1163e8a9b120e69c80e696b0-7

小南
「没収よ没収!」


「うわあ」

 

一方ヒュースとユーマの訓練

ヒュース08-12ユーマ

クローニン
「現時点だとまだ遊真のほうが上だね」

ヒュース
「・・・”現時点では”な」

遊真
「グラスホッパー殺法!」

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20162e8a9b1163e8a9b120e69c80e696b0-8

クローニン
「変化弾は弾丸トリガーの中でも特に扱いが難しいんだ」

「ヒュースにはアフトの角で強化されたトリオン量がある」

「大丈夫 練習すればもっと強くなるはずだよ」

ヒュース
「わかっている」

「トリオンの操作は得意だ 本番までにはものにしてみせる」

そこにやってくる千佳

千佳
「遊真くん わたし本部行くけど遊真くんも行く?」

「レイジさんが送ってくれるって」

遊真
「おー行く」

「ヒュースも行くか?」

ヒュース
「オレは『隠し玉』だ」

「これ以上本部で目立つ必要はない」

遊真
「なるほどそりゃそうか」

「じゃあしっかり練習しろよ」

ヒュース
「うるさいさっさと行け」

上機嫌な様子のユーマ

千佳
(近界民(ネイバー)の友達が増えて楽しそうだな・・・)

そして本部へ向かう車の中

レイジ
「迎えは6時くらいでいいか?」

千佳
「はい ありがとうございます」

遊真
「あ おれは迎えはいいや」

「今日はあとでかげうら先輩の家に行く予定だから 晩ごはんもいらないって言っといて」

レイジ
「わかった」

「何時でも連絡よこせば迎えに行くぞ」

遊真
「大丈夫大丈夫 ありがと」

本部で千佳と別れるユーマ

遊真
「どうもおまたせ」

影浦
「おせーんだよ」

村上
「おつかれさん」

遊真
「さーて次の試合の前に」

「一丁軽く揉んでやるかね」

影浦
「こっちのセリフだボケ!」

一方 千佳と夏目の元にやってきたのは茜 ユズルと当間の狙撃手3人組

 

新たな風も着々と・・・
次号 迫る戦いに備え 各部隊の戦略とは・・・!?

 

 

以下嘘バレ

城戸のプレートを見ている修


(城戸・・・ってまさか・・・
珍しい苗字だから被ることは・・・)

迅の言葉が蘇る

『近界民に恨みのある人間が多く集まった『近界民は絶対に許さないぞ主義』の城戸さん派』
『近界民にもいいヤツいるからなかよくしようぜ主義の我らが玉狛支部』
『玉狛(ウチ)と城戸さんとこは考え方が正反対だから あんまり仲がよろしくないわけ』


(あの城戸司令が・・・玉狛に・・・?
城戸司令は昔は玉狛にいて・・・
何かをきっかけに出て行ったのか・・・?
そして現ボーダー本部を立ち上げた・・・)

『裏切り者の玉狛支部が』という三輪の言葉もよぎる
荷物を持ったまま考え込んでいる修


(さっきのクローニンって人も近界民らしいし
玉狛は空閑のことも受け入れてくれた
迅さんの言う通り 近界民に好意的な支部だけど・・・)

荷物を置いてリビングへと向かう修
そこには林藤支部長と陽太郎の姿


「あの・・・」

林藤
「お どうした」


「いえ 部屋のお礼をと思って」

林藤
「礼なんて大袈裟だな
むしろ掃除もロクにしてないような部屋で申し訳ない
もう長いこと使ってなかったからな」


「・・・前に人が住んでたのっていつ頃なんですか?」

林藤
「うーん・・・そうだな
たしかちょうど5年ぐらい前 かな」


「!」

(5年・・・ボーダーを立ち上げたのが確か4年半前・・・)

『空閑有吾・・・有吾さんは・・・・・・4年半前にボーダーの存在が公になる以前から活動していた』
『言わば旧ボーダーの創設に関わった人間 ボーダー最初期のメンバーの一人だ』
『私と林藤にとっては先輩にあたり 城戸さんにとっては同輩にあたる』

忍田本部長の言葉を思い出す修


(やっぱり城戸は司令・・・?)

ニヤっと笑う林藤

「何か聞きたそうな顔だな」


「!」

部屋のネームプレートの話をする修

林藤はかつて城戸司令が住んでいたこと 玉狛支部は旧ボーダーの基地であることを告げる
そして旧ボーダーは近界との平和的交流を目指してたことも

林藤
「まぁいつかは詳しく話してあげたいとは思っていたが・・・
旧ボーダーの話には有吾さん つまり空閑のお父さんも深く関わる
あいつが自分から聞きたいと言うのを待とうと思ってな」

 

一方ユーマvsヒュース

慣れないエスクードとの対決に苦戦しているユーマ
一方ヒュースもさんざん孤月1本で戦った後なので スコーピオンの対処に苦労している

バイパーの扱いに舌を巻くユーマだが 戦い慣れている分ヒュースに対し優勢

まだまだ本気じゃないことがヒュースにも伝わり イライラしている様子
5回目の『あと10本!』の声がかかる

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
ワールドトリガー名言まとめはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ前編はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ後編はこちら

~ワールドトリガー 163話 ネタバレ 確定164話の展開は?に続く~

 - ワールドトリガー