ワールドトリガー 161話 ネタバレ 【帰ってきた玉狛の先輩】最新確定

      2016/10/29

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
ワールドトリガー名言まとめはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ前編はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ後編はこちら

 

ワールドトリガーネタバレ最新話情報です☆

 

~161話 ワールドトリガー ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料~

 

~前回のハイライト~

4人揃って隊服を着た玉狛第二のメンバー

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20160e8a9b1161e8a9b120e69c80e696b0-5

宇佐美
「うんうんいいね!
チームって感じ!」

烏丸
「様になってますね」

宇佐美
「他のチームに伏せとくために
メンバー申請は
試合ギリギリに出すけど

これで次の試合からは
ヒュースくんも
玉狛第二の一員だね!」


「ヒュース
よろしく」

ヒュース
「勘違いするなよ
”仲間”じゃない

利害が一致した
”協力関係”だ

はっきり言っておくが
オレはお前の指示に
100%従うとは言えない

従うのは指示に妥当性があると
判断した場合だけだ」


「・・・!(汗」

遊真
「隊長の命令が聞けんのか
現場が混乱するぞ」

ヒュース
「間違った命令に従って
落ちるのは御免だ
オレはオレの判断で動く」


「・・・分かった
今はそれでいい

遠征に行くために
力を貸してくれ」

ヒュース
「言われるまでもない」

小南
「何かっこつけてんの
捕虜のくせに」

ガッツポーズしてる宇佐美

宇佐美
(かつての敵が仲間に・・・燃える!)

小南
「・・・あそうだ
あんたたち
明日全員揃ってなさいよ
ゆりさん達に紹介するから」


「”ゆりさん”・・・?」

小南
「県外に隊員スカウトに
行ってた二人が帰ってくるの

”林藤ゆり”
”ミカエル・クローニン”

うちの古株メンバー
あんた達の先輩よ」

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20160e8a9b1161e8a9b120e69c80e696b0-12

 

ネタバレ ワールドトリガー 161話『玉狛支部④』

 

玉狛の先輩が帰ってくる・・・!?

 

スマホを見ている小南

小南
「二人とももう着くって」


(玉狛支部の古株の二人・・・
一体どんな人達なんだろう?)

落ち着かずそわそわしているレイジ

レイジ
「お前達 ゆりさんに
失礼のないようにしろよ」

千佳の襟を整えるレイジ

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20161e8a9b1162e8a9b120e69c80e696b0-3

遊真
「なんかそわそわしてるね
レイジさん 」

小南
「いつものことだから
気にしなくていいわよ」

そこへクローニンとゆりが帰宅

宇佐美
「二人が帰ってきたよー!」

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20161e8a9b1162e8a9b120e69c80e696b0-2

小南
「おかえり~!」

レイジ
「おかえりなさい!
荷物を部屋に運びましょうか?」

ゆり
「荷物?ないよ
宅配便で送ったから」

レイジ
「あっ そうでしたか
ゆりさんさすが」

ゆり
「うん ふふふ」

遊真
「ほほう」

ゆり
「あっ 修くん 遊真くん
千佳ちゃん ヒュースくん

はじめまして林藤ゆりです
私は林藤支部長の"姪"なの」

"玉狛支部オペレーター
林藤ゆり(24)"

クローニン
「ミカエル・クローニン
カナダ人」

"玉狛支部エンジニア
本部エンジニアチーフ
ミカエル・クローニン(32)"

クローニン
「・・・ってもう
知ってるんでしたっけ?
桐絵嬢」

小南
「知ってる あたしがしゃべった」

ゆり
「皆の事は栞ちゃん達に
電話で色々聞いてたから

初めて会うって気がしないわ
よろしくね」

遊真
「どうぞよろしく」


「よろしくお願いします」

クローニン
「よろしく」

 

━━━━━━━━━━━━━━━

そこへ林藤支部長と陽太郎もやってくる

林藤
「おつかれさーん」

陽太郎
「おかえり!」

ゆり
「叔父さん 陽太郎」

クローニン
「林藤殿
ただいま戻りました」

頭を下げるクローニン

林藤
「うんうん」

クローニンが陽太郎の前に膝をつく

クローニン
「若もお元気そうで何より」

陽太郎
「うむごくろう くろうにん」

ゆりを手招きする陽太郎

陽太郎
「ゆりちゃん ゆりちゃん
おれのおヨメさんこうほ」

千佳を紹介する陽太郎

ゆり
「あら~
私をお嫁さんに
してくれるんじゃなかったの?」

陽太郎
「ゆりちゃんがひとりめ
ちかちゃんがふたりめ」

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20161e8a9b1162e8a9b120e69c80e696b0-1

━━━━━━━━━━━━━━━

ヒュースを見るクローニン

クローニン
「彼がアフトクラトルの?」

宇佐美
「うんそう」

クローニン
「結構男前じゃないか栞嬢」

宇佐美
「ヒュースくんはこれから
クローニンさんの親類って設定ね」

クローニン
「よろしく息子よ」

手を差し出すクローニン
無言で握手するヒュース

宇佐美
「息子は無理があるんじゃない?」

クローニン
「じゃあ甥っ子よ」

林藤
「スカウト旅ごくろうさん
大変だった?」

ゆり
「楽しかったわ
草壁隊も片桐隊も
いい子達だから」

クローニン
「次はどこと戦るんだっけ?」


「影浦隊 東隊 鈴鳴第一です」

宇佐美
「どこも一度戦った事がある部隊だね」


「はい」

遊真
「かげうら先輩のとこと
あずまさんのとこは
こないだ負けたからリベンジだな」

小南
「点差は?」

宇佐美
「1位 二宮隊 37点
2位 影浦隊 34点
3位 生駒隊 30点

4位が玉狛第二(うち)で30点
2位とは4点差だね

同点だとシーズン開始時の順位が
高い方が上になるから・・・」

千佳
「あと2試合で影浦隊より
5点多く獲らないといけない・・・」

レイジ
「他の隊にも抜かされないこと
前提でな」


「そう聞くと結構
難しそうに思えますが
今の僕達も前とは違う

ワイヤー陣と空閑の新技もあるし
千佳の鉛弾狙撃もある

そしてなにより
新戦力のヒュースがいます

次の試合 影浦隊との直接対決は
僕達にとっては最大のチャンスです」

宇佐美
「うん そうだね!」

クローニン
「・・・となるとまずやる事は・・・
新隊員のトリガーセット構成かな

ヒュースおいでよ
トリガー見てあげよう」


「・・・!
ありがとうございます!」

クローニン
「トリガーセットの相談
とチューニングくらい
B級以上ならだれでもやってる
別に特別な事じゃないよ」

遊真
「おれも行く」

━━━━━━━━━━━━━━━

宇佐美
「アタシ達は次の相手の
最近の試合の見直しかね」


「はい!」

宇佐美
「そうだ修くん
今日から泊まり込みだよね」


「そうさせてもらえると
すごくありがたいんですけど」

宇佐美
「じゃあ部屋作んなきゃね
お客用の部屋
いま遊真くんが使ってるから」

小南
「泊まり込みってずっと
玉狛支部(うち)にいるって事?」


「まあそうです
家よりは本部にも近いですし」

小南
「学校は?」


「僕らもう授業ないんで
休んでも大丈夫なんです」

小南
「あっ そういや進学の方はどうなったの?」


「ぼくと空閑はボーダー推薦で
三門第一に決まってます」

小南
「ふーん 楽でいいわね」

ゆり
「千佳ちゃんは
この後どうするの?」

千佳
「4時から狙撃手の合同訓練です」

ゆり
「じゃあそれまでの間
修くんのお部屋作るの
手伝ってもらえるかしら?」

千佳
「・・・!」

ゆり
「レイジくんもいっしょにね」

レイジ
「!はいよろこんで!」

そう言うレイジを微笑ましく見ている千佳
千佳の視線に気付くレイジ

 

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20161e8a9b1162e8a9b120e69c80e696b0-5

━━━━━━━━━━━━━━━

トリガーのセットを
決めているヒュース達

クローニン
「メインは孤月?」

ヒュース
「まあ一応そうだが
弾丸のトリガーも欲しい
あとは・・・・・・おいユウマ

今日はあいつは・・・
トリマルは来てないのか?」

遊真
「とりまる先輩は
夕方までバイトだよ」

ヒュース
「"バイト"・・・?

まあいい・・・
とにかく
トリマルが使っていた

地面から盾がせり出す
トリガーが欲しい」

背景にはアフト侵攻の際に
とりまるがエスクードを
使っていた時の描写

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20161e8a9b1162e8a9b120e69c80e696b0-6

クローニン
「"エスクード"だな

あれは古いし
消費トリオンも大きいから

あんまり使ってる隊員
いないんだけど・・・」

ヒュース
「今の玉狛第二に足りない要素を
考えた上の事だ」

遊真
「盾のやつなら迅さんも使ってたぞ
迅さんに教わればいいじゃん」

ヒュース
「・・・あいつには教わりたくない

あと弾丸のトリガーも
トリマルが使っていた
曲がる弾がいい

B級だと那須が
使っていたやつが」

クローニン
「変化弾(バイパー)ね OK」

ヒュースのトリガーセット
メイン:孤月 旋空 シールド 空き
サブ:バイパー エスクード シールド バッグワーム

クローニン
「あと一つ入るけどどうする?」

ヒュース
「いや とりあえずはこれでいい
ユウマ 試し撃ちだ 付き合え」

遊真
「おっ いいね」

━━━━━━━━━━━━━━━

部屋を片付けているレイジとゆり

ゆり
「千佳ちゃん
そろそろ時間じゃない?」

千佳
「あっ はい
それじゃあ行って来ますね」

ゆり
「うん 気を付けてね」

(遊真くんも個人ランク戦
しに行くかな・・・?)

片付いた部屋に呼ばれる修

ゆり
「今日から修くんは
この部屋を使ってね

前の人の私物が
ちょっと残ってるかも
しれないけど

気にしないで」


「はい どうもありがとうございます」

("前の人"・・・?
誰の部屋だったんだろう)

ドアを見上げている修が
天井に書かれているかすれた"城戸"の文字を発見する


「・・・!」

e383afe383bce383abe38389e38388e383aae382ace383bce38390e383ac20161e8a9b1162e8a9b120e69c80e696b0-4


「"城戸"・・・・・・・・・?」

そこで見たのは
本部司令と同じ姓・・・!?
次号 "前の住人"と
玉狛支部の浅はかならぬ
因縁とは!?

 

以下嘘バレ

 

林藤ゆり・クローニンの2人を待つ修たち

千佳
「どんな人達なんですか?」


「そういえば林藤さんて苗字・・・
支部長と同じですよね」

林藤
「妹だからな」


「えっ そうだったんですか?」

そこにゆり・クローニンが到着

小南
「ゆりさ~ん!!」

ゆりに抱きつく小南と陽太郎
らいじん丸はクローニンに吠えている

クローニン
「いい加減慣れてくれよ」

林藤支部長は敢えてクローニンらにヒュースの詳しい事情は伏せていた
クローニンもゆりもアフトクラトル出身と聞いて驚く
そして唐突にユーマに礼を言うクローニン
カルワリア防衛に有吾とユーマが力を貸すよりもっと前 クローニンは有吾に助けられたという

まだユーマが1歳にもならない頃の話
有吾について語りだす林藤とクローニン

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
ワールドトリガー名言まとめはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ前編はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ後編はこちら

~ワールドトリガー 162 話 ネタバレ 確定163話の展開は?に続く~

 - ワールドトリガー