ワールドトリガー 147話 ネタバレ 【ヒュースが玉狛第二に入隊することが確定?】最新148話

      2016/08/22

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこち

 

ワールドトリガーネタバレ最新話情報です。

 

「これからメガネくんはさらに忙しくなるぞ」

「お前を部隊(チーム)に入れるっていう大仕事が待ってるからな」

201606100049157ce

 

いよいよヒュースが三雲隊の新メンバーに!?

 

【147話 ワールドトリガー ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 休載】

 

ワールドトリガー147話ネタバレ

■ランク戦を終えた修たちは・・・

すき焼き鍋を取り囲む玉狛の面々。
エプロン姿の迅が食材を運ぶ。

■玉狛流・・・祝勝会!!


「おめでと~う玉狛第二大勝利」

烏丸
「見てたぞ スパイダーうまくいってたな」


「練習に付き合ってもらったおかげです」

横では遊真がピースサイン。


「今回7点獲ったから A級挑戦の条件『B級2位以内』が見えてきたね!」

暫定上位ランク↓
1位:二宮隊34p
2位:影浦隊31p
3位:生駒隊27p
4位:玉狛第二隊26p
5位:王子隊25p

千佳に携帯を見せる栞
「レイジさんからもお褒めのメールが来てるよ!」

陽太郎
「すばらしい まったく すばらしいたたかいでした」

もしゅもしゅと立ち食いしてる陽太郎

ヒュース
「座って食え」

陽太郎
「そんなたまこま第二のみなさんに うれしいおしらせがあります」

遊真
「・・・・・・?」

陽太郎
「ヒュースが たまこま第二にはいりたいそうです」

小南
「どういう風の吹き回し!? だってあんたついこないだ・・・・・・」

「100%ありえない」とフードを被ってヒュースの真似をする小南。

20160616155709f01s

「・・・とか言ってたじゃない!」


(それを言ってたのは小南先輩だったような・・・・・・汗)

陽太郎
「いろいろあったんだ
あんまりついきゅうするな」

ヒュース
「迅との取り引きだ
アフトクラトルまで同行することを条件に力を貸してやってもいい」

遊真
「ほう」もぐもぐ

小南
「本気であんたそんなこと考えてたわけ?」


「面白いだろー」

小南
「面白くないわよ!こいつは千佳を狙ってた連中の一味よ!?
普通に考えて危ないじゃない!」

ヒュース
「この前とは事情が変わった
オレは本国に戻るのを優先する
金の雛鳥はこの際どうでもいい」

20160616155710c48s

「信じるかどうかはおまえたちで決めろ」


「金の雛鳥って千佳ちゃんのことだっけ?」


「そうです」

遊真
「ヒュースは一応ウソは言ってないな」

千佳
「わたしは別に・・・・・・
修くんがいいって言うなら・・・・・・」

小南
「またそういう主体性のないことを・・・」

千佳
「遊真くんと迅さんも大丈夫って思ってるみたいだし・・・・・・」

小南
「遊真たちは新技覚えてランク戦も順調なんでしょ?
こいつを部隊(チーム)に入れる必要なんてないわ!」

ヒュース
「それはどうかな」

お椀を置くヒュース。

ヒュース
「今日の戦いは今までよりはましだったが それでも穴はまだいくつもある
たとえばチカの重石攻撃
あれはたしかに効果的だが 『”普通の弾”では人が撃てない』ということが 外で見てたオレの目にもバレバレだ
”普通の弾”なら得点できるタイミングでも重石の弾を使っていたからな」


「・・・・・・!」

ヒュース
「そして何より部隊(チーム)のエースであるユーマが落ちれば終わりという点は以前と変わっていない
今回もカキザキの攻撃で相打ちになっていれば 大きく結果が違っていた」

背景には柿崎の決死の攻撃で貫かれる遊真。

ヒュース
「援護がどれだけ優れていてもエースがやられればそれまでだ
オレが二人目のエースになってやる
そうすればどんな相手とも五角以上に戦えるだろう」


(試合を見ただけでうちの部隊(チーム)に足りないものがわかってる・・・
戦闘経験が豊富なんだ・・・
こいつが部隊(チーム)に入ればたしかに心強い・・・
けど・・・・・・)


「・・・・・・角は?角はどうするんです?
近界民(ネイバー)ってばれますよ」

小南
「そうよ!それにこいつ大規模侵攻で顔見られてるはずでしょ
どうすんの?」


「角は・・・角なしのトリオン体に換装してれば大丈夫じゃない?
角だけ取ったモデル作れるよ」

2016061615571238bs

烏丸
「大規模侵攻でヒュースを見たのはC級数人
それもそこそこ遠目でしたよ
角さえなきゃはっきり覚えてる人間はいないでしょ」


「身元はどうするんですか?
外国人が入隊したら目立つんじゃ・・・・・・」


「玉狛(うち)のエンジニアがちょうど外人顔だから
その親戚ってことにする」

遊真
「へぇ・・・玉狛にエンジニアなんていたんだ」


「いるよ
今は他所の県に隊員スカウトに行ってる
名前はミカエル・クローニン カナダ人設定」

201606161557146f3s

小南
「クローニンは“近界民(ネイバー)”なのよ」


「!近界民(ネイバー)・・・・・・!?」

遊真
「なるほど・・・
おれが最初じゃなかったわけか」


「意外と近界民(ネイバー)は身近にいる
・・・・・・というわけで
見た目やら身元やらはまあなんとかなるだろ」

まだもぐもぐしてるヒュース。


「問題になるのは・・・・・・」


「上層部をどう納得させるか・・・・・・・・・ ですね」


「どの通り そんで それは・・・・・・」


「わかってます
隊長であるぼくの役目です
一筋縄じゃいかないだろうけど
ヒュースが協力的なら・・・・・・」

ヒュース
「・・・・・・ちょっと待て
一つ断っておくが前にも言った通り
オレは本国については何も話さないぞ」

小南
「・・・・・・はあ!?わがまますぎるでしょ!
あんたが部隊(チーム)に入りたいって言ったんじゃない!」

ヒュース
「悪いがこの点は譲れない
それがダメだというならこの話は無しだ」

遊真
「ヒュースがしゃべんなくてもボーダーはもう情報持ってるよ
エネドラの死体の角からアフトのこと引き出してるから
意地張ってももう無意味だし
仲良くしたほうが特なんじゃないの?」

ヒュース
「情報を得たならもう知っていることだろうが
オレはオレの主に忠誠を誓っている」

エネドラの言葉を思い出す修

エネドラ
「あの犬っころが国を裏切ってゲロするはずはねぇ
死んでも情報は吐かねぇだろうよ」

ヒュース
「損か得かは関係ない
再び主の前に立つ時に己に恥じる所があるかどうかだ」

小南
「情報をしゃべるのがアウトで 一緒に遠征についていくのはセーフなわけ?」

ヒュース
「貴様らが主に害を為すなら 同行して艇もろとも沈める」

小南
「こいつやっぱあぶないわ」

201606161559051b9s

遊真
「オサムどうする?」


「・・・わかった
その条件を飲もう」

小南
「!ちょっと!本気!?」


「損得の話じゃない分説得するのは難しいです
アフトクラトルに行くっていう目的が一致してるだけでも組む意味はある」

鳥丸
「しかし・・・・・・そうなると
上層部を説得するのはかなり難しくなりそうだな」

小南
「まったく・・・・・・
わざわざ面倒なことを・・・」


「上層部にとっても完全にマイナスってわけじゃないと思うので
やれるだけやってみます
できる限りの準備をして・・・・・・」

【翌日・午後】

ボーダー本部を訪れた修 千佳 遊真そしてヒュース(角なし)

すでに集まっている城戸司令以下、忍田本部長や根付さんらいつもの面々。

城戸
「・・・・・・さて 話を聞こうか」

2016061615234934e

■説得せよ!! 難攻不落の上層部!!

 

以下嘘バレ

反省会中の玉狛第二の隊室に迅とヒュースが現れる
驚く修たち

お疲れ様と修達をねぎらう迅


「そんでこいつは新メンバー
このチームの大きな力に
なってくれるはずだ」

そう言いながら迅がヒュースの肩をポンポンと叩く

驚いている3人


「じゃ、俺はこの後
城戸司令に用があるから」

宇佐美
「私もちょっと用事があるから」

そう言い残しヒュースを置いて出て行く迅と宇佐美

取り残された玉狛第二とヒュース


「正直、ヒュースの事は・・・
まだ信用できない」

頭を下げるヒュース

ヒュース
「本国に裏切られた
正規のルートじゃ帰国できない
玄界の不利になるような事は絶対にしない
お前達とは利害が一致するはずだ
協力して欲しい」

遊真
「ヒュースは嘘をついてないな」

千佳
「私は大丈夫
協力したい」

通路を歩いている迅と宇佐美

宇佐美が、ヒュースくんを入れるのは無茶じゃないですか と迅に尋ねる


「なんにせよ3人次第だけど
城戸さんもきちんと説明すれば
わかってくれるよ
実際、もっと酷い【前例】も居るし
そういや宇佐美の用事って?」

宇佐美
「わかってるくせに~、
転属届けと隊員変更届けを貰いに行くんですよ
3人はもう私がついてなくても
大丈夫ですね
・・・嬉しいけど寂しいなぁ
それにあの子も機器操作に関したら
私よりも上ですし
頑固過ぎるのがたまにキズだけど・・・」


「玉狛(うち)、問題児だらけだな!」

そう言いつつも嬉しそうな表情を浮かべている迅

【玉狛支部】

「成長したな~」とテレビを見ながら喜んでいる林藤

一緒に長髪の男とポニーテールの少女が座っている

ポニテ少女
「鉛弾と追尾弾か・・・
考えた事なかった」

そこに小南と烏丸が帰ってくる

小南
「修たち勝ったって!?」

長髪の男
「いやぁ、お強いですねぇ
さすが皆さんのお弟子さんだ」

烏丸
「2人がここにいるなんて珍しいですね」

林藤
「大事な用があるんだ」

玉狛支部 エンジニア ジィラ(25)
玉狛支部 エンジニア 林藤ルカ(15)

煽り
「玉狛の問題児・・・!?」

随時追加更新


スポンサード リンク

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこち

 

~ワールドトリガー 148話 ネタバレ 確定149話の展開は?に続く~

 - ワールドトリガー