ワールドトリガー 意外と豊富な心動かす名言特集2016!

      2016/10/16

~ワールドトリガー 名場面名シーン名言強さランキングまとめ一覧伏線考察最新~

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこちら

 

 少年ジャンプにて好評連載中の『ワールドトリガー』。
若いのに過酷な人生を歩んでいる少年少女たちがこの世の中を生き抜いて行き、多く活躍するこの漫画の心動かす名言の一部をキャラクターごとに紹介します。

まず、ワールドトリガーについて

logo

異世界から侵略してきた敵と戦う少年少女たち

葦原大介氏による少年漫画で、週刊少年ジャンプで2013年より現在まで連載中のマンガです。

約28万人が住む三門市に、唐突に異世界の門(ゲート)が開き、近界民(ネイバー)が次々と侵略してきました。その時に人々を助けた防衛機関「ボーダー」は三門市に防衛体制を整えました。そのため、ネイバーの侵略が続いているにもかかわらず、市民たちは普段通りに暮らしています。

物語は、そのゲートが開いてから4年半後に三雲修が空閑遊真に出会うところから始まります。
学生ながらボーダーの隊員である三雲は、自分のクラスに転校してきた近界民である空閑に気づきます。地球のことをよくわかっていない、危なっかしい空閑を見張ることで近界民の情報を少しずつ得ていきます。

それではこの後は各キャラクターごとに名言の一部を紹介していきます。

 

 

異世界から来た少年、近界民(ネイバー)空閑遊真の名言

「いざって時に自分を守れるのは自分の力だろ」

31431055
このセリフは空閑遊真の父との思い出話の最中に出てきたセリフです。
自分の力量を知りながら、それでも無理してでも他人を助けに行くことを優先する三雲修に、空閑は自分自身の今までの経験を投影させ問いかけます。

確かに人の助けを頼りにしていたら、いざというときに自分で自分を守れなくなるかもしれません。
それでも自分時できることは何かと考えたときに、できることはやる。困っている人がいたら助ける。そのうえで自分自身も守るというのが一番理想なのではないでしょうか。

その時に必要となるのが、人と自分を守れる力。
すべてを人任せにしていてはいけません。大切な人を守るのも自分を守るのも自分の力次第だと感じさせてくれます。

 

「おまえ・・・つまんないウソ つくね」

bzbee9rcyaa6q9m

このセリフは空閑遊真の口癖でいろんなところでよく口にします。
父から人の嘘を見抜くサイドエフェクトを受け継いだ空閑は、人が嘘をついているのを見抜くと必ずこのセリフを言います。サイドエフェクトを受け継いだ後、世界が嘘であふれかえっていることを知った空閑は、特に悪意を持って放たれた嘘を嫌います。

本作中に何度も出てくるこのセリフですが、そのほとんどが悪意を持って放たれた嘘に対して言っています。三白眼で見据えながら言い放たれるので普段からはまったく想像できない迫力があります。

人間というものは日常生活の中でたくさん嘘をついてい生きています。他人を傷つけるための嘘や、傷つけないための嘘。嘘も方便という言葉もありますが、嘘は必ず誰かを傷つけます。相手・他人・自分自身・・・
いかなることでも嘘をつくのはいけませんね。

 

 

面倒見良く正義感あふれる、三雲 修の名言

「勝ち目が薄いからって 逃げるわけにはいかない!」

cnadm4gxeaa4zvs

三雲は自分の通う中学校には自分がボーダー隊員であることは秘密にしていました。そんな中、学校の中にイレギュラーゲートが開いて、モールモッドが生徒たちを襲ってきました。友達たちを助けようと三雲はモールモッドに向かっていきますが、力の差を感じた空閑遊真は逃げることを勧めます。しかし、三雲は戦うことを選択しその時に言い放ったセリフです。

結果のわかり切った戦いは誰もが避けようとします。それでも戦いに行く人は嘲笑の対象になります。自分の立場すら危うくなります。それでも勝つ可能性が少しでもあるならば立ち向かうべきです。そんなことを気づかせてくれます。

 

「・・・ぼくが そうするべきだと思ってるからだ!!」

e4e191c4
ボーダー隊員でありながら、まだ15歳の中学生で非力な少年三雲修はまさに正義感の塊。

困っている人を見ると放っておけない性格で、ボコボコにされるとわかっていても不良に注意したり、自分の命を顧みずに他人を助けに行ったり、近界民だと知った後も地球に来たばかりの空閑遊真のそばにいて面倒を見続けました。
戦い慣れしている空閑は三雲の力を知り、無意味な争いを止めようとします。その時に三雲が言ったセリフです。

何かに挑戦しようとするとき、必ずと言っていいほど人は結果を先に考えてしまいます。確実に結果を得るためにもそれもいいかもしれませんが、結果それだけでは何も変わりません。要は自分がどう思っているかが大切です。それが自分が行動するときの力の源になるのです。

 

 

影ながら後輩たちを支える迅 悠一の名言

「パワーアップはできるときにしとかないと、いざって時に後悔するぞ」

ckmjomduoaehmyt

空閑遊真の発見によりイレギュラーゲート発生の事件に収拾がついた時、空閑は解決に向けて全力で関わっていた三雲に自分の功績を譲ろうとしました。その功績があれば今までのような処罰がなくなるはずだったのですが、三雲はその功績を辞退しようとしました。それを止めるときに言ったセリフです。

もし自分がパワーアップできる可能性があるとき、もしそれが自分の力だけではどうしようもなく他人の力が必要となったとき、遠慮などして現状ままでいたらもしもの時どうなるでしょうか。
今は非力だけど自分に力があれば一人でも多くの人を助けることができるかもしれません。

まさに、やらない後悔よりもやる後悔ではないでしょうか。

 

「俺のサイドエフェクトがそう言ってる」

nr2bt_fj
このセリフは迅悠一の口癖であり、迅は目の前の人間の少し先の未来が見えるというサイドエフェクトを持っています。
そのためか、趣味が暗躍になっていて裏で何かと動いています。そして、目の前の人の未来を見てその未来を教える時に決まってこのセリフを言います。

このセリフを言われると、まるで自分の頭の先から足のつま先まですべてを見透かされているような気がしてつい従ってしまいます。人は誰しも何かを隠していますが、時にはすべてをさらけ出してもいいのかもしれませんね。そして、未来には無限に広がる可能性があります。

 

 

心を動かす『ワールドトリガー』の名言たち

今回、本作品に出てくるごく一部の名言を冒頭のシーンから抜粋して紹介しました。ワールドトリガーを読む人たちにとって心に残る名言はありますでしょうか。何気ない一言が心を刺す一言にだって成り得ます。

年が若く非力ながら戦場に身を置いているキャラクターばかりなので身に染みるようなセリフが数多く出てきます。この名言によって自分の人生の価値観を考え直水位きっかけになるのではないでしょうか。何かに行き詰ったとき、くじけそうなとき、この作品に出てくる少年少女たちの言葉に耳を傾けてみてください。明るい未来が開けることでしょう。

 

以上、ワールドトリガー 意外と豊富な心動かす名言特集2016でした♪

 



~次回考察へ続く~



スポンサード リンク

その他の関連記事一覧↓

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこちら

 - ワールドトリガー, 週刊少年ジャンプ ,