ワンピース 840話 ネタバレ 【サンジの母親は死亡していることが判明】最新確定

      2016/10/13

ワンピース強さランキングはこちら
1億ベリー以上の賞金首一覧はこちら
ルフィの必殺ギアまとめはこちら

 

ワンピースネタバレ最新話情報です。

 

”840話 ワンピース ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料”

 

~前回のハイライト~

 

施錠された厳重な扉がある部屋に案内されるサンジ

サンジ
「!?
ここは・・・」

ヨンジ
「興味あったろ?
ガキの頃は立入禁止だったもんな」

扉を開けるとそこには
大量のカプセルの中に液体と共に入れられた
ジェルマ兵士達の姿

研究者
「タイプ-MB 54人、MST-30人・・・」

サンジ
「!!?」

研究者
「タイプ-MHは21人補充を」

サンジ
「何だ!!?
コイツら・・・!!」

e383afe383b3e38394e383bce382b920e3838de382bfe38390e383ac20839e8a9b1840e8a9b120e69c80e696b0-6

 

ネタバレ ワンピース 840話

衝撃の光景・・・!!

ヨンジ
「”これ”が何かって?
各国が恐れる」

サンジ
「・・・」

ヨンジ
「”ジェルマ66(ダブルシックス)”
その兵士達さ!!」

サンジ
「!!?
何で水の中に・・・!!」

ヨンジ
「”培養液”だ・・・」

サンジ
「みんな同じ顏を・・・!!
こいつら生きてんのか!?」

e383afe383b3e38394e383bce382b920e3838de382bfe38390e383ac20840e8a9b1841e8a9b120e69c80e696b0-6

ヨンジ
「サンジ
人間は・・・
”作れるんだ”!!」

サンジ
「!!?」

ヨンジ
「ジェルマは代々”科学の国”・・・
父もああ見えて優秀な科学者だった

おれ達が生まれる前は海外の
無法な研究チームに所属し

かのDr.ベガパンクと共に
兵器の研究をしていた」

サンジ
「・・・あいつがベガパンクと・・・!?」

ヨンジ
「若き日のな・・・
ベガパンクがその時成した偉業こそ
生物の”血統因子”の発見・・・!!

こいつは一歩間違うと神の領域に達する
いわば”生命の設計図”の発見だった」

e383afe383b3e38394e383bce382b920e3838de382bfe38390e383ac20840e8a9b1841e8a9b120e69c80e696b0-2

ヨンジ
「”世界政府”はこれを危険視して
ベガパンクを逮捕・・・!!

研究チームは解散・・・!!
いや・・・
政府に買収された

だが父は政府の手から逃れ
一人この”ジェルマ”で研究を続けた

”命”の・・・
”コピー”と
”改造”の研究を」

サンジ
「!!」

ヨンジ
「そしてこの地下施設が生まれたんだ!!

こいつらは全員たった数名の
優れた兵士達の”コピー”!!

”複製(クローン)兵”だ・・・!!」

サンジ
「!!?」

ヨンジ
「そんな事は勿論本人達は
知らねェがな・・・!!」

背景には同じ顏をした兵達が
街中で笑っている様子

ヨンジ
「あらゆる国々がウチの軍隊を
恐れると同時に憧れ・・・!!
欲している!

そりゃそうだ!!
強くて従順・・・!!

こいつらは死を恐れず裏切らない様
プログラムされてる

死んだらまた補充すればいい
20歳の兵士を1人作るのに5年かかる」

サンジ
「・・・」

ヨンジ
「ここは兵士のストック倉庫(デポ)さ・・・!!
5年で出来るのにこいつら全員
まるで20年生きて・・・」

サンジ
「やめろ!!
もういい!!」

ヨンジ
「?」

サンジ
「・・・吐きそうだ」

その場に座り込んでタバコを吸い始めるサンジ

 

 

そこへ現れたイチジとニジ

サンジ
「!?イチジ、ニジ・・・!!」

ヨンジ
「!」

イチジ
「お前が海賊をやってると聞いた時
少しはあの出来損ないも
マシに成長したかと思ったが」

ニジ
「相変わらずでガッカリだ・・・!!」

サンジ
「・・・!!
ニジ・・・
てめェ・・・!!」

ニジ
「ん?」

ニジを睨むサンジの頭によぎる
照れるコゼットの顔、
ボコボコになったコゼットの顔
ニジ
「!?」

サンジ
「コゼットちゃんに・・・
何してんだァ!!」

ニジの顔面にクリーンヒットするサンジのキック

ニジ
「!!」

e383afe383b3e38394e383bce382b920e3838de382bfe38390e383ac20840e8a9b1841e8a9b120e69c80e696b0-3

普段通りのイチジの顔と
焦った表情をするヨンジ
蹴り飛ばされるニジ

サンジ
「大罪だぞ!!
思い知らせてやる!!」

首をゴキっと戻すニジ

サンジ
「・・・!!」

ニジに追撃しようとするサンジ

イチジ
「サンジ待てよ
お前には”東の海(イーストブルー)”に
人質がいる事を忘れるな」

サンジ
「!!」

追撃を加えようとした
サンジの動きが鈍る

ニジ
「”ステルス”」

消えるニジ

サンジ
「!?」

ニジが一瞬でサンジの背後にまわり
そのままサンジを捕らえる

ニジ
「何だよ、お前・・・
気に入ったのか?
あんな”メシ炊き女”を」

ニジの腕を掴むサンジ

ニジ
「反撃はするな
”東の海(イーストブルー)”で
血が流れるぞ
”起電(ヘンリー)ニードル”!!」

電気を発しつつ膝蹴りを放つニジ

e383afe383b3e38394e383bce382b920e3838de382bfe38390e383ac20840e8a9b1841e8a9b120e69c80e696b0-4

サンジ
「おわァ!!」

ニジが更に電気を纏った拳で殴り
サンジがその場に倒れる

ニジ
「それを聞いてりゃ
顔面は潰さなかった」

サンジ
「・・・」

立ち上がれないサンジ

イチジ
「ハハハ・・・!!
重傷でよければ
すぐにお前の召使いにしてやるが?

改めてお帰りサンジ・・・
我らが”ヴィンスモーク家”へ・・・!!

今一度おれ達の階位(ヒエラルキー)を
確認しておかなきゃな・・・!!」

サンジ
「・・・!!」

イチジ
「お前は”失敗作”なんだ」

サンジ
「・・・!!」

幼い頃を回想するサンジ

 

”サンジ回想”

ジャッジの前に並んでいるサンジ達
それぞれの兄弟のTシャツには
0から4までの番号

ジャッジ
「いいかお前達は
私の”最高傑作”だ・・・!!

研究の粋を集めた科学の操作により
人間を超える存在として生まれた!!

くだらぬ世の情けに流される事もなく
行く行くはそれぞれが軍隊を率いて

科学の力でより進化する
”ジェルマ66(ダブルシックス)”を
支配する者達・・・!!

才能は与えた!!
後は鍛錬だ!!」

レイジュ&イチジ&ニジ&サンジ&ヨンジ
「はい!!父上!!」

―――――

躊躇なく高い所から飛び降りる兄弟達を見て
ひとり震えているサンジ

もの凄いスピードで走る兄弟達に
追いつけないサンジ

火のついたハードルを
軽々と飛び越える兄弟達、
しかしサンジは転倒してしまう

ジャッジの側には
記録している研究者達

水泳を終えたイチジ達が
サンジがいない事に気付く

溺れたサンジが兵士達に救出される

蘇生を受けているサンジを
イライラしながら見ているイチジ、ニジ、ヨンジ

 

”勉強時間”

勉強そっちのけで机に亀を乗せて可愛がっているサンジ
その様子を見てイラついているイチジ、ヨンジ

亀を蹴りとばすヨンジ
サンジが怒って喧嘩し始める

反撃するサンジだが、
ヨンジに返り討ちにされる

―――――

竹刀を構え向かい合っているニジとサンジ

サンジが振り下ろした竹刀が
ニジの頭で折れる

ニジがサンジをボコボコにする

焦っているレイジュだが、
イチジ達が笑っているのを見て、
合わせて自分も笑い始める

ボコボコにしているニジを
止めるジェルマ兵

その様子を無言で見つめる
ジャッジと研究者

―――――

ジャッジ
「スコアは開く一方だ・・・
サンジだけなぜ弱い・・・」

研究者
「検査の結果が出ました

イチジ様、ニジ様、ヨンジ様に
至ってはすこぶる順調

”外骨格”も発現し体のバネも腕力も
既に成人男子に匹敵する数値

しかしサンジ様は・・・
申し上げにくいのですが・・・

”失敗”と言わざるを得ません」

ジャッジ
「!?」

研究者
「確かに”血統因子”の操作は
4人共成功した筈でした・・・

しかしどういう訳か
それが今生まれたままの形に・・・」

ジャッジ
「つまり?」

研究者
「サンジ様は・・・
ただの人間です」

ジャッジ
「・・・!!」

ギリッと歯を食いしばるジャッジ

―――――

”サンジの部屋”

”うそつきノーランド”を読んでいるサンジ
その時、皿の側にいるネズミに気付く

サンジ
「!食べていいぞ」

ネズミ
「!」

サンジ
「お前の為に作ったんだ」

ガツガツと食べるネズミ

サンジ
「うまいか?」

そこにやってくるジャッジ

ジャッジ
「またネズミにエサを作ったのかサンジ!!」

サンジ
「!!」

ジャッジ
「何度言わせる!!
王族が奉仕をするな!!」

サンジ
「でも・・・
おれは・・・」

ジャッジ
「亡き者の影を追うな!!
母ならもう死んだ!!

他の兄弟と違って
お前には才能がないんだ!!」

サンジ
「・・・!!」

ジャッジ
「ならば10倍100倍の努力をしろ!!
失望させるな!!

お前達は私の思い描く
ジェルマ復活の計画の一部なのだ!!」

ジャッジが料理とネズミを
窓の外に放り投げる

サンジ
「あ!!」

窓が割れて料理とネズミが落ちていく

ジャッジ
「二度と料理もするな」

サンジ
「うわあああ!!(泣」

―――――

兄弟達にボコボコにされるサンジ
イチジ達の横で高笑いしているレイジュ

しかしその後でレイジュは
サンジの手当をしていた

レイジュ
「私も笑わなきゃ仕方ないでしょ!?
止めたらあんたと一緒に
イジメられるんだもん!
イヤよ」

サンジ
「イテ」

泣いているサンジ

―――――

研究者
「変わりなし・・・」

首を振りって記録する研究者

ジャッジ
「将来性”0”か・・・!!
何という無駄な存在」

―――――

”後日”

サンジの葬式が開かれる
ジャッジが兵士達を前に演説する

ジャッジ
「まさかの遭難とは・・・
悲しい!!

5人揃って”ジェルマ”を背負って立つ
戦士になる筈だった・・・!!

有望な息子を失ってしまった」

その演説を聞いて
涙を流しているジェルマ兵達

しかしその頃、サンジは
鉄仮面を被せられていた

サンジ
「え?・・・
外れないよ・・・!!
何すんだお前たち・・・!!」

重い鉄仮面でよろめくサンジ

葬式が行われてる場所では
兄弟達が笑っている

ニジ
「ホントに死んだのか?」

イチジ
「さァな
どうでもいいあんな奴」

レイジュ
「・・・??」

冷や汗を浮かべながらも作り笑いを浮かべているレイジュ

e383afe383b3e38394e383bce382b920e3838de382bfe38390e383ac20840e8a9b1841e8a9b120e69c80e696b0-5

―――――

”牢屋”

牢に連行されるサンジ

サンジ
「待ってよ!!
こんなトコにいるのやだよ!!
出してくれ!!

置いてかないで!!
こわい!!
死んじゃうよ!!」

地下の暗い牢屋にサンジを残し、
去っていく兵士達

サンジ
「お父さんを呼んでよ!!
殺されるよーっ!!
お父さん助けて!!」

兵士
「国王様のご決断です・・・
サンジ様を”生まれなかった”事に
したいと・・・」

サンジ
「!!??・・・
なんで?」

ポロポロと涙を零すサンジ

サンジ
「お父さん!!
出して・・・くだざい

ごめ”んなざい・・・!!
よわく生まれでごめんなざい・・・!!

助けて!!
お父さん助けて!!
おどうさ―――ん!!」

e383afe383b3e38394e383bce382b920e3838de382bfe38390e383ac20840e8a9b1841e8a9b120e69c80e696b0-1

それはあまりにも悲しい運命(さだめ)

 

以下嘘バレ

サンジ
「何だ!?コイツら・・・!!」

ヨンジ
「ウチのジェルマ兵だ
この国の至る所に居るだろ」

サンジ
「んなの知ってる!
問題はそこじゃねぇ!
”コイツ”らは一体・・・」

ヨンジ
「”クローン”だよ」

サンジ
「!!?」

ヨンジ
「全く同じ人間をコピーする
クローン技術って知ってるか?」

サンジ
「・・・」

ヨンジ
「コイツらはいくら死のうが
幾らでも造れる!!
そして俺達に忠実に従う!!」

サンジがジャッジとの戦闘中に
”壁”となったジェルマ兵を思い出す

 

”回想”

ジャッジ
「壁」

サンジ
「おい!
どけェてめェら!」

ジャッジの言葉を思い返すサンジ

ジャッジ
「ジェルマの兵士達はその全員が
ヴィンスモーク家の為に今すぐにでも
喜んで死ねる従者なのだ」

サンジ
「・・・!」

”回想終了”

 

冷や汗をかいているサンジ
その時、部屋の奥からニジがやってくる

ニジ
「おい一家の”恥”が・・・
この場所に何の用だ?」

サンジ
「てめェ・・・!」

ニジ
「ああ・・・
メシ炊き女の件か?」

そう言って微笑するニジ
その態度にサンジが蹴りかかっていく
しかし素早く避けるニジ

ニジ
「昔の頃のように
ボコボコにしてやってもいいが・・・
”ここ”で騒ぐんじゃねェ

さっき お前”部下を人とも思わない
王族の驕り”がとか言ってたな・・・

コイツらは”人”じゃねェんだ!
俺達が作っているのは”駒”だ!

だから使い捨ててもいいんだよ!
分かったか!?」

サンジ
「分からねェな・・・

意思も感情もあるヤツらを指して
”駒”だと!?

てめェらは一体どこまで腐ってんだ・・・」

そこにレイジュがやってくる

レイジュ
「”ここ”に居たのね
そろそろ準備しなさい
ホールケーキ城に行く時間よ」

ニジ
「時間切れだ」

歯を食いしばっているサンジ

 

―――――

廊下を歩きながら
ジェルマ兵に尋ねるサンジ

サンジ
「・・・おい
料理長のあの娘は
どんな様子だ?」

ジェルマ兵
「は!
今は意識を取り戻し、
命に別条はありません!」

サンジ
「そうか・・・」

 

―――――

”ホールケーキ城~地下~”

地下にはビスケット兵の格納庫
そのビスケット兵の隙間から
ヒョロ~っと出てる魂状態のブルック

ブルック
(ヨホホ~真っ暗ですね)

ペドロ
「よし、動きを完全に止めたな」

ビスケット兵から出てくるブルック達

ブルック
「外にも誰もいませんから
今がチャンスですね!」

ペドロ
「あぁ、さぁ急ごう!
ロードポーネグリフの場所へ!」

 

―――――

”鏡世界”

キャロット
「ここ見てチョニキ!!」

チョッパー
「何か見つけたか!?」

キャロット
「この鏡の奥・・・」

チョッパー
「え!?あ!
シーザー・・・!」

鏡の外に見えるのは泣きながら何かを作っているシーザーだった

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

ワンピース強さランキングはこちら
1億ベリー以上の賞金首一覧はこちら
ルフィの必殺ギアまとめはこちら

~ワンピース 841話 ネタバレ 確定842話の展開は?に続く~

 - ONE PIECE