ワンピース 829話 ネタバレ 【迫る”お茶会”! いざサンジ奪還へ】最新830話

      2016/06/16

ワンピース強さランキングはこちら

 

ワンピースネタバレ最新話情報です。

 

【829話 ワンピース ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 休載】

 

~前回のハイライト~

ぺコムズが失踪!?

 

慌ててやってくるチョッパー
「おーい!!
トイレにメッセージが!!」

一同
「!?」

トイレの壁には『ひきかえせ』というメッセージが。

「!!!」

2016060213582748fs

ルフィ
「“引き返せ!?”
これペコムズが書いたのか?」

ナミ
「他に誰がいるの!?」

キャロット
「侵入者かな・・・・・・」

チョッパー
「ペコムズは誘拐されたのかな!?」

ペドロ
「我々の事がバレた可能性もあるぞ・・・」

ブルック
「何にせよただならぬ事態・・・!!!」

ルフィ
「引き返せって事は 引き返さなきゃ何か起きるぞって事だ」

キャロット
「うん」

ルフィ
「よし!みんなそれをしっかり覚えとけ!
進むぞ!!!
面白くなってきた!!」

一同
「!!!」

そしてとある場所。
どうやらどこかの国の戦争を終わらせている様子のサンジの兄たち。

20160602135826789s
イチジ
「早く会いたいねェ・・・」

ニジ
「ウソつけ!!」

 

ワンピース829話ネタバレ

■迫る”お茶会”! いざサンジ奪還へ―――――!!

ナレーション:
案内人ペコムズを失ったルフィ一行は―――――
『カカオ島』を後にし プリンの指示通り
“四皇”ビッグ・マムのいる『ホールケーキアイランド』を目指す―――――

ルフィ
「心配だなペコムズ
やっぱ捜そう!」

ペドロ
「ありがたいがそれは難しい―――――
心配ない タフな男だ」

ルフィ
「そうだけど・・・・・・」

ナミ
「とにかくまず私達は敵に見つからず『ホールケーキアイランド』に着かなきゃ!!」

プリンのメモを覗き込むルフィ。

ルフィ
「―――――変な地図だなそれ」

展望台のペドロ
「おい!島が見えたぞ!」

ルフィ
「!!」

キャロット
「わーい 着いたの!?
今度はどんなおかしの町かな」

チョッパー
「甘ェかな!?」

ナミ
「次はおそらく“ジャム”でできた町かしら
上陸はしないわよ!」

キャロ&チョパ
「え〜〜〜っ!!」

ナミ
「島が見えたら近づかずに“記録指針(ログポーズ)”の“2”へ舵をきる」

チョッパー
「甘いのにか―――――!?
甘いのに上陸しないのかー!?(汗
ナミー!! 」

スルーするナミ
「あっちね!
ルフィ面舵!
3時の方向へ!」

ルフィ
「そうだぞチョッパー!!
キャロット!!サンジの方角に!!
サンジを迎えに行くんだ!!
面舵いっぱ―――――—い!!!」

ギュルルと摩擦で火が出るほど舵をきりまくるルフィ。

ナミ
「回しすぎっ!!!」

20160616152958667s-300x254

ナミ
「島に近づく前に次の島へ方向転換する事で
敵の監視網をすり抜けられるんだって!」

ブルック
「ルフィさん
下手ですね〜」

ルフィ
「ブルック!お前もヘタだろ」

グダグダな一行。

201606161529535c1s

ブルック
「成程!そうやって見るんですねこの地図」

ナミ
「できる?」

ブルック
「お任せを!」

ルフィ
「よしみんな!!
メシ作ってやるぞ!!」

途端にブーイングが。

慌てて追うナミ
「私ごはん作らなきゃ」

ブルック
「ぜひ!!」

ルフィ
「今度は失敗しねェから」

ナミ
「私がやるからあんたは二度と厨房に立つな!!(怒」

キャロット
「ペドロ〜!代わって!私も働きたい!!」

ペドロ
「そうか・・・・・・」

ルフィ
「金払わねェぞ!!」

ナミ
「いらないわよ!!」

ルフィ
「え〜〜〜!?」

双眼鏡を覗いているキャロットが何かに気付く。

キャロット
「ん?
ねェ 海がグレープ色!!」

ペドロ
「―――――ああ
ここらにはジュースの流れ出る島もある
害はない」

ルフィ
「え――――――――――!?
ジュース!?」

号泣のチョッパー
「楽園(パラダイス)が止まらねェ!!」

ナミ
「何でペドロこの辺に詳しいの!?」

ペドロ
「―――――1度 来た事がある」

ナミ
「え!?」

キャロット
「あ!!みんな!!
前方に・・・・・・!」

一同
「!!!?」

船の前に巨大な怪物が・・。

ナミ
「大ムカデー!!!
仕事よルフィ!!!!」

ルフィ
「よしきた!!」

ペドロ、ブルックも剣を抜き、キャロットもエレクトロを発動していく。

 

ナレーション:
一方『ホールケーキアイランド』

ビッグマムの手下たちが騒いでいる。

「マズイぞ ママの“持病”が出た!!」

「急ぐのだボン!!
今回の“お題”は何でソワール!?」

「“クロカンブッシュ”!!!」

20160616152954d35s

「・・・・・・シュークリームを積み上げたあの“飾り菓子”か 何て難題!!」

「いや待て都のホテルに確か・・・!!
シュークリームの団体客がいたジュテーム!!」

「―――――それが今朝チェックアウトを」

「作るしかないのか!!」

「シェフは何と!!?」

シェフ
「生地に拘りたいアーモンドを手配してくれ」

役人
「ナッツ大臣に連絡を!!
現在ママは“スイートシティ”へ向かっている模様!!」

「”ここ”へ来るのか!!『首都』だぞ!!ママの城もある!!」

『話など通じないさ“発作”で我を忘れている!!!」

『死者は依然増え続けている!!」

『“スイートシティ”に避難勧告を!!
今のママを止められるのは“クロカンブッシュ”だけだ!!!」

暴れて部下を投げ飛ばすビッグマム。
通ってきたであろう道は壊滅状態。

部下
「ママ!!やめようぜこんな事!!!」

ビッグマム
「“クロカンブッシュ”を持って来い―――――—!!!」

ボオオオオンと町が破壊されていく。

『スイートシティに特着!!』

タマゴ男爵
「ママの“食いわずらい”!!にも困ったものだボン!!」

ワニ男
「“発作”は突然来るからな!!」

鼻男
「コレが食べたいと頭に浮かんだものが口に入るまで破壊が続く・・・!!!
とにかく急げ!!!」

城にくらいつくビッグマム。
もはや我を忘れている様子。

ビッグマム
「クロカンブ〜〜〜ッシュ!!!」

お花
「ママ!!
この町マズイって!!」

逃げ惑う国民たち。
「ビッグ・マムの“癇癪”だァ〜〜!!!」
「キャ―――――!!!」
「まさかこの町で!!?」

太陽
「城まで壊しかねない」


「ムリムリ聞こえないって」

国民
「うわ—!!!」

パイナップルを掴むビッグマム
「どこにある!?」

パイン
「ギャー!!」

ビスケット
「助けて―――――!!」

ビッグマム
「どこにいる!?」

無差別に口に放り込んでいくビッグマム。

ビッグマム
「この味じゃねェ
お前でもねェ!!
全部違ァ〜〜〜う!!!」

怒りにまかせて町を破壊しまくるビッグマム。

そこに一人の男が登場する。

「やめてくれママ!!!」

ビッグマム
「フー・・・フー・・・!?
誰だぁ!!?
クロカンブッシュはどこだァ!!!」

殴りかかるビッグマム。


「うわ!!ママ!!
私だよモスカートだ!!!」

国民
「ああ!!モスカート様だ!!」

「“ジェラート大臣”!!彼なら何とか・・・!!」

モスカート
「あと30分時間をくれ!!!
今シェフ達が大至急作っている所だ!!!」

『シャーロット家16男
“ジェラート大臣” シャーロット・モスカート』

「よせモス兄!! “それ”を止めるのは不可能だ!!!」

モスカート
「首都の崩壊を見過ごせというのか!?」

問答無用で殴り掛かるビッグマム
「そこをどけ〜〜〜!!!」

モスカート
「うわ!!ママ!!!
私がわからないのか!?」

恐ろしい表情でモスカートに迫るビッグマム。

ビッグマム
「ライフ(寿命) オア トリート(お菓子)・・・・・・!?」

モスカート
「!!?」

20160616152955895s

部下たち
「ママやめてー!!」
「ママ!!ウソだろ!?あんたが生んだ息子だぞ!!!」
「な!!生クリームならあるファ!!生地はないが!!よせ!!ママ!!!」

ビッグマム
「お菓子を食べる邪魔をするな・・・」

モスカート
「お菓子はまだここには・・・!!」

 

とそこでモスカートの体からコポコポと何かが漏れ出していく。

「あ!!」

モスカートの兄弟らしき男
「落ち着け!!モスカート!!臆したら寿命を取られるファ!!!」

逃げるモスカート
「うわァ!!
ママ助けてくれ!!!
もう止めないよ!!」

しかしビッグマムは漏れ出た泡を掴むとそれをブチブチと千切っていく。

20160616152957bads

ビッグマム
「40年」

部下
「・・・!!!」


「兄さん!!!」

国民
「モスカート様!!」

その場に倒れ落ちるモスカート。

国民
「・・・・・!!」

「実の息子を殺したァ〜〜〜!!?」

またしても暴れだすビッグマム。

ビッグマム
「クロカンブ〜〜〜ッシュ!!!」

「誰にも止められない!!逃げろ!!」

そこに、ジュースの川をジンベエザメに乗ったひとりの男が現れる。


「ひどい有様」

国民
「え!?」
「ジュースの川から誰か来る!!」
「あれは」
「!?」

ジンベエ
「みなどいていろォ!!!」

国民
「ジンベエ親分だァ〜〜〜!!!」

『タイヨウの海賊団船長 元 王下七武海 ジンベエ』

国民
「傍らに“クロカンブッシュ”!!?」

シュークリームたち
「助けて―――――
食べられる―――――ー」

国民
「ホテルに泊まってたシュークリーム達を捕まえてくれたんだ!!」

ジンベエ
「受けとれ」

国民
「ちゃんとアメで固まっているのは“キャンディ大臣”の仕事か!?」

クロカンブッシュをビッグマムの口に投げ込むジンベエ。

ビッグマムの表情が狂気から至福へと変わっていく。

ビッグマム
「お〜〜〜い〜〜〜しィィ〜〜〜♡♡
これこれ〜〜♡」

国民
「!!!」

「やったぞ!
ママの癇癪が治った〜〜!!!」

シュークリーム
「おいしいなら・・・!!本望〜〜〜〜っ!!」

国民
「ありがとう!!ジンベエ親分〜〜〜!!」

「シェフに連絡を―――――」

改めてジンベエとビッグマムが向き直っている。

ビッグマム
「ふい〜〜〜
おや〜〜?
おれの忠実な海の戦士!!ジンベエ〜
この前は“歴史の本文(ポーネグリフ)”の手みやげ見事だったよ
読めやしないがね
ハ〜ッハハママママ」

『“四皇”ビッグマム海賊団船長
“トットランド女王” シャーロット・リンリン』

ビッグマム
「・・・・・・今日はこんな所でどうした
妙に都が芳ばしいけどお前がやったのかい?」

ジンベエ
「いや・・・わしは今来た所で何が起きたかは知りません
わしァ今日はあんたに
大事な話を聞いて貰おうと思いここへ」

急に怖い顔になるビッグマム
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
―――――ウチやめたり・・・・・・
しねェよな」

ジンベエ
「!!?」

201606161530236c7s

■覚悟のジンベエ! その真意とは・・・!!?

 

以下嘘バレ

プリンの地図を元に進みだす麦わらの一向。

地図の右下に描かれた丸い3つの穴はログポーズを表す。
プリンが言うには、"秘密の航路"は島に上陸することなくホールケーキアイランドに到着することができるとのこと。

島々の距離が近いことから海流は安定しているらしく、航海は順調に進んでいく。
偵察船(タルト)に出会うこともなく、あっというまに折り返し地点へ。
だが逆に胸騒ぎを覚えるナミ。

何かが引っ掛かる・・・とプリンの言葉を反芻する。

『眉毛はぐるぐるだけど とっても優しくて紳士で!!』
『目はハートだけどお菓子作りにも詳しくて色々教えてくれた♡ 趣味も合うし男らしいし!!』
『足が黒いらしいけど強くて頼りになる......!!』

ハッと何かに気付くナミ。
サンジの手配書を思い出す。

ナミ「そんな…!!」

ナミによると、『プリンはサンジに会ったことがない』とのこと。

目がハート→手配書のまま
黒足→通り名であって足は黒くない

なにより、

とっても優しくて紳士で→プリンみたいな美女の前じゃ絶対デレデレしてるはず
男らしいし→プリンみたいな美女の前じゃ絶対・・・・
強くて頼りになる→プリンみたいな

引き返すかどうか悩むが、ルフィが進むことを決意。

ルフィ
「どうせビッグマムに用事があるんだ!
ペコマムシがいないから案内する奴だっていねェ!!
一気にこのまま向かうぞ!!」

一方、聖地マリージョア。
各国の王たちが揃うなか、ひときわ異様なオーラを放つ紳士が登場。

笑顔で挨拶する王に陰口を叩く王、露骨に嫌悪感を示す王・・どうやらかなり有名な人物の様子。

そんな紳士に天竜人の一人が笑顔で近づく。

「これはこれは、お会いできて光栄だえ」

「オヤジ・ヴィンスモーク殿」

■サンジの父! そしてジェルマ66の頭目(ファーザー)!!

随時追加更新

 


スポンサード リンク

ワンピース強さランキングはこちら

~ワンピース 830話 ネタバレ 確定831話の展開は?に続く~

 - ONE PIECE