ワンピース 821話 ネタバレ 【ジャックが象主に一撃で粉砕!】

      2016/05/12

ワンピースネタバレ最新話情報です。

ワンピース強さランキングはこちら

 

821話 ワンピース ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

 

象主がジャックを・・・!?

 

ワンピース821話ネタバレ

風雲急を告ぐ!! “象主”に緊急事態!?

ズズズウウウ・・・ン!!と大きく揺れるゾウ。

「うわァ―――――!!」
「キャ―――――!!」

民家がギシギシと音を立てている。

ミンク
「家が崩れるぞーー!!」

傾いていた民家が倒壊していく。
ルフィたちもゾウの揺れで吹き飛ばされそうになっている。

「ギャ―――――!!」

木にしがみつくウソップ
「木にしがみつけー!!!
建物から離れろ―――――!!!」

ルフィの首にしがみつくチョッパーとナミ。
飛ばされそうになったブルックをルフィが手を伸ばしてなんとか掴む。

ネコアラシ
「象主に何が起きゆうがじゃ・・・!!!」

パオオオオオ~となおも叫ぶゾウ。

象主
(そこにいるなら・・・!!!)

頭を抱えるモモの助
「ウゥ
また“声”が」

錦えもん
「モモの助様!!」

ナミ
「ルフィどうしたの!?」

空を指差すルフィ
「どうしたって・・・
聞こえるだろ!?」

ウソップ
「何が!!?」

イヌアラシ
「!!あガラもか!!」

ルフィとモモの助が同時にゾウの声を聞く。

象主
(早くしてくれ・・・!!!)

ルフィ
「お前誰なんだよー!!!」

モモの助
「今までで一番大きい”声”でござる!!!」

ゾウの足元

「撃てェー!!!」

大砲を撃ちまくる百獣海賊団。

「パオオオ~~~~!!!」

海賊たち
「左前足の一点を狙え~!!!」
「ギャハハハハ」
「効いてきてる・・・!!!」

ジャック
「当然だ・・・!!」

海賊達
「!?」

ジャック
「普通の象でも蜂一匹で大騒ぎするんだ・・・・・・
コイツが本当に千年も生きてるんなら・・・・・・
皮膚が老朽しねェはずがねェ・・・
“生ける伝説”か?・・・・・・
違う!!
ただの老体だ!!」

繰り返される砲撃で皮膚が剥がれていく。
苦しそうに叫ぶゾウ。

ジャック
「充分な攻撃だ
狙い続けろ!!!
ヒザをついて顔を近づけりゃあ
トドメはどうとでもできる!!!
目をくり抜き舌を切るのもいい!!
体内から腹を裂くのもいいな・・・!!!」

その言葉にゾッとするジンラミー
「・・・・・・・・・!!」

百獣海賊団は総出で大砲を撃ちまくる。

象主
(早く・・・・・・)

ルフィ
「?」

ルフィとモモの助の頭にキイイイイインと声が響き続ける。

象主
(命じてくれ・・・!!
そこにいるなら・・・!!!)

モモの助
「・・・・・・!!」

空に叫ぶルフィ
「命じるって何をだよ!!
お前が応えろ!!
お前は誰だ!!!」

ナミ
「ちょっと誰と喋ってんの!?
ルフィ!!
私達にはなんにも・・・!!」

ルフィ
「でも聞こえるだけだ!!
こっちの話聞いてねェし!!
どこの誰かもわからねェ!!」

イヌアラシ
「・・・・・・」

ペドロ
「ゴール・D・ロジャーもおでん様もこの地にて同じ事を言っていたと聞く・・・!!
会話はできないが大きな”声”が聞こえると・・・!!」

ゾウが遠くの百獣海賊団を見つめ、その映像をモモの助にテレパシーのように送っていく。

20160331140753745

「!!?」

海賊船にジャックの姿を見るモモ。

「!!」

モモの助
「ジャックでござる!!!」

一同
「!!?」

モモの助
「ジャックがゾウを・・・
おそっているでござる!!!」

一同
「え!?
強そうな船が5せき!!
九時の方角に・・・!!」

ミンク達
「なぜここからそれが!?」
「象主が襲われている!!?」
「ジャックはやはり生きてたのか!!?」

ルフィ
「モモ!!
お前何でそんなのわかるんだ!?」

モモの助
「頭に・・・!!
流れ込んで来るのでござる!!
・・・・・・こわい」

象主
(苦しい!!
私が倒れたら・・・!!
お前達も危ない・・・!!)

イヌアラシ
「ならば船を出せ!!
海でジャックに応戦を!!!」

走り出すミンクたち
「は!!!」

モモの助
「声の主は―――――この
ゾウでござる・・・!!!」

一同
「!!?」
「”象主(ズニーシャ)”!!?」

象主
(私は大昔に・・・)

ゾウの声を代弁するモモの助。

モモの助
「ゾウは大昔に罪をおかし―――――
ただ歩く事しか」

ネコマムシ
「・・・・・・!!」

モモの助
「ゆるされていないのだ・・・・・・
命令にしたがい続けてる・・・・・・
だから・・・・・・」

象主
(だから
一度だけ許可をくれ・・・!!! )

なおも続く砲撃に倒れ掛かるゾウ
「パオオオォー・・・!!」

象主
(命じてくれ・・・
”戦え”と!!!)

海賊たち
「ぎゃはは 効いたァー!!」
「ザマァみろォ!!!倒れるぞー!!!」

ルフィ
「モモ!!
お前が言え!!!」

モモの助
「え」

ルフィ
「お前の声なら届く気がする!!
ゾウがやられたらおれ達みんな海の底だぞ!!!」

モモの助
「・・・しかし
どんな大声を出せば・・・」

ルフィ
「いいから叫べ!!
ゾウが死ぬぞ!!」

崩れ落ちそうなゾウ。

モモの助は涙を流しながら叫んでいく。

モモの助
「負けるなゾウ!!
倒れてはならぬ!!!
ジャックを追い払ってくれー!!!」

象主
(承知した)

すると巨象が海賊船の目の前に立つ。

海賊たち
「え」
「!!?」

その大きな鼻を振り上げる象。

海賊たち
「鼻!!?」

巨大な鼻は海を掻き分け、ジャックの乗る船へと迫る。
その様子を見て焦るジャック。

海賊たち
「うわああああ~~!!!」

船は鼻の影に包まれそして次の瞬間、ジャックたちの船が粉砕。
ジャックのマスクが割れ、素顔が明らかに。

20160331141032eb1

その様子を望遠鏡で見ていたバリエテ。
叫びながらくじらの森へと走っていく。

バリエテ
「・・・・・・!!
た・・・
大変でごサル~~~!!!」

ゾウは何事もなかったかのように、再び歩き始める。

フランキー
「静まった・・・・・・!!」

ゾロ
「どうなったんだ・・・!?」

モモの助
「わからぬ・・・
もう何も見えぬし声も聞こえぬ・・・!!」

そこにバリエテが報告にやって来る。

イヌアラシ
「では・・・
象主が自らの鼻で・・・!!
ジャックの艦隊を鎮めたというのか!!?」

「!!?」

バリエテ
「ハァ・・・
ハァ・・・!!
そうでごサル!!
一撃で!!」

イヌアラシ
「何と言う事だ・・・
象主の意志など考えた事もなかった・・・!!
ましてや話が通じるとは・・・」

疲れてしまったのか、ロビンの膝枕で眠っているモモの助。

錦えもん
「おでん様はモモの助様のこの”力”を知っておられたのか・・・!?」

そこにやって来るルフィ
「おいどうした!!
まだ深刻な顔して!!」

ため息のイヌアラシ
「突然の出来事にあっけに取られておるのだ」

ネコマムシ
「まずジャックがなぜここへ来れたがかをつき止めにゃあ
ここはもう安全じゃのうなるぜよ・・・!!」

ルフィ
「そっかー
まーうまくやれよ!!
ししし
このゾウも味方になったらすげェな」

ネコマムシ
「気楽な・・・
ゴロニャニャ」

ルフィ
「じゃ おれ達出発するから!!
食糧いっぱいわけてくれ!!!」

そう言って袋を広げるルフィ。

新世界―――――とある島―――――

20160331142331c37

プルルルル

プルルルガチャ!!

『何だ』

「アッパッパ~
ジャックとの通信が
海で突然途絶えちまったてよ
カイドウさんっ!!!」

20160331142333b4f

“最強生物(カイドウ)”待ったなし!!そしてこの声は―――――!!?

~ワンピース 822話 ネタバレ 確定823話の展開は?に続く~

随時追加更新

以下未確定ネタバレ

聞こえて来た声の主は・・・!?

ルフィ「なんだこの声・・・?」
「おい、誰だ今の!?」

ナミ「あんたこんな時に何言って・・・あっ!!」

またゾウが大きく揺れていく。

魚人島で、ノアを壊そうとしたルフィに海王類が叫んだ時のことを思い出すルフィ。

ルフィ「?? ?」
「おい、イヌにネコ!! 何か聞こえるぞ!!」

イヌアラシ「何かとは・・・!?」

ネコマムシ「象主(ズニーシャ)の鳴き声じゃろう」

ルフィ「違ェ!さっきの森から聞こえるような・・・」

ふとモモの助の方を見ると、モモの助もまた森の方を見ている。

モモの助「誰かが呼んでるでござる」

錦えもん「今にござるか!?」

イヌアラシ「そういえばロジャーも・・・」

ネコアラシ「ああ、同じことを言いゆうがな」

また大きく”ゾウ”が揺れる。

イヌアラシ「!!話は後だ!」

ネコマムシ「”侠客団”を呼ぶきに!!」
「ゴロニ”ャ~~~ゴォ!!!」

森中に響き渡るほどの大声を放つネコマムシ。

ナミ「凄い声・・・」

ウソップ「心臓が止まりそうだぜ」

そこでネコマムシの元にすぐさま侠客団たちがやってくる。

牛ミンク「旦那ァ!お呼びで!!」

麒麟ミンク「ただいま!!」

カクを思い出すゾロ(“アイツ”みたいだな・・・)

ネコマムシ「象主(ズニーシャ)の様子がおかしいじゃき」
「誰か下まで様子を見にいかしちゃれ」

ミンク族「はっ!!」

森へと戻っていく侠客団の面々。

フランキー「こういうことはよくあんのか?」

イヌアラシ「初めてだ」

パオオオオオォォォンと象主の声が響く。

ナミ「なんだか・・・苦しんでるみたい・・・」

チョッパー「うん・・・これは痛がってる声だよ・・・」

ネコマムシ「さすがはドクターじゃ!」

イヌアラシ「痛がってるとなると病気かケガか・・・しかしこれほど苦しむとは・・・」

ナミ「急病かもしれない! チョッパー、あんた診てあげなさいよ!」

チョッパー「こんな大きなゾウをか!?」

イヌアラシ「しかし象主(ズニーシャ)が病気になるなど聞いたこともない」

ウソップ「まあ病気にならないから1000年も生きるんだしな・・・岩か何か踏んづけたんじゃねェか?」

ネコマムシ「ゴロゴロ・・・多少の岩など踏みつぶして終わりぜよ! かつて象主(ズニーシャ)が陸にいた頃は山さえ潰して平地にするとまで言われてたきに」

ウソップ「”ゾウ”が陸に!?」

ブルック「謎の多い国なんですね・・・」

イヌアラシ「しかしそうなると残る可能性は・・・誰かが象主(ズニーシャ)に攻撃を・・・?」

ナミ「え!?」

ネコマムシ「そがいな奴はこの海にはおらんぜよ! それこそ”四皇”でもない限り・・・!」

ルフィ「・・・・・・・・・」

象の足元付近

ゾウの足に砲弾を撃ちまくる百獣海賊団の面々。

兵士たち「おい、さっきから撃ちまくってるけど意味あんのかこれ?」

「いいから撃ちまくれ! ジャック様がそう言ったんだからよ!!」

砲弾は次々にゾウの足に命中しているが、全く効いている様子はない。
血が出るどころか、かすり傷一つない様子。

兵士たち「ほら見ろ! どんだけ皮膚厚いんだコイツ!!」

「いいから撃てって! サボってると思われたら俺たちが殺されるぞ!!」

「どうせそのうちジャック様が仕留めてくれるんだから、それまで撃ち続けるんだ!!」

視線の先には、マンモス形態でゾウの足元にしがみつくジャックの姿。
ジャックはその巨大な牙で次々にゾウの足を抉っている様子。
時折、ゾウが悲鳴を上げるようにその身体を大きく揺らしていく。

兵士たち「砲弾でもビクともしねェのに・・・やっぱ恐ろしいぜあの人は・・・」

「話してるヒマがあったらさっさと砲弾持って来い!!」

そんな船の上空を飛んでいる大柄の鳥の影

侠客団(ガーディアン)居住区

大慌てのミンク族たち。

「きゃああああーーー!!」

「揺れるゥ~!!」

ジャック達に破壊された建物の破片がそこら中をゴロゴロと転がっている。

ワンダ「ここは危ない!! ”くじらの森”の森に避難するんだ!!」

くじらの森

大きな木の下に避難したルフィ一行。
右に左にゾウが傾き、振り落とされないように必死のウソップたち。

ウソップ「何だってんだオイ!」

チョッパー「本当に大丈夫か!?さっきより鳴き声が大きくなってる!」

イヌアラシ「戻って来たぞ!」

視線の先にはさきほどジャック達の上を飛んでいたあの鳥が。

飛んで来た鳥ミンクは慌ててネコマムシとイヌアラシの前に跪く。

鳥ミンク「”あガラたち”がまた現れました!! 象主(ズニーシャ)が攻撃されています!!」

一同「!!!」

ネコマムシ「またビッグマムの連中か!?」

鳥ミンク「いえ、”ジャック”です!!!」

イヌアラシ「!!!」

ルフィ「ジャックって”ゾウ”を襲ったって奴か!!」

ネコマムシ「ちょうど借りを返そうと思ってたところじゃき!!」

「ちょうどええ!! 侠客団(ガーディアンス゛)を全員集めちゃれ!!」

イヌアラシ「銃士隊もだ!!」

鳥ミンク「はいっ!!!!」

慌てて駆けていくミンク族たち。

イヌアラシ「また現れるとは・・・」

ゾロ「お前らその身体で戦力になんのか?」

イヌアラシ「問題ない! 再び”ゾウ”を訪れたことを後悔させてやろう」

フランキー「へへ、俺達も加勢するぜ」

ロー「甘く見るな、”ジャック”は四皇”カイドウ”直属の部下の一人」
「確か最近懸賞金が10億Bに跳ね上がったはずだ、簡単な相手じゃない」

ウソップ「じゅ、じゅうおく・・・?」

ナミ「何でこんなのばっかりなのよ・・・」

ウソップ「いかん、急に熱が・・・」

ブルック「私も急にお腹が・・・ってガイコツだからお腹ないんですけれども!」

ゾロ「ふん、どうせ”カイドウ”とぶつかるならいずれは戦り合う相手」
「今のうち潰して置くのも悪くねェ」

イヌアラシ「頼もしい限りだ」

錦えもん「拙者たちも当然お供致す!!」

パオオオォォオォオオン!!!

一際大きな鳴き声と共に、ゾウがさらに傾いていく。

ウソップ「ぬおっ!! オイオイ急がねえと”ゾウ”が持たねェぞ!!」

イヌアラシ「ふむ、出し惜しみしている場合ではないな」
「手伝え、ネコ」

ネコマムシ「お主に命令されると殺したくなるほどムカつくが・・・今だけは許しちゃるきに」

ウソップ「どこ行くんだこんな時に!?」

イヌアラシ「なに、”奥の手”の用意をな」

一同「!!?」

太古より伝わる”ゾウ”の『奥の手』とはいったい──!?


スポンサード リンク

ワンピース強さランキングはこちら

 - ONE PIECE