メジャーセカンド 42話 ネタバレ 確定43話の展開は?最新

      2016/03/05

メジャーセカンド最新話ネタバレの情報です。

42話 メジャーセカンド ネタバレ 画バレ 43話最新話 確定4243

 

『イーファス対策』

大吾の応援に駆けつけたのは・・・?

このチーム、手強(てごわ)いゾ!!

 

メジャーセカンド42話ネタバレ 最新あらすじ

球場の近くに来た桃子。

765675

すると球場の隅っこに椅子を2つ並べて観戦していた茂野が桃子に声をかける。

茂野
「おーい、桃子!!
ここだ、ここ!」

桃子
「あら?なんで隅っこに?
孫の顔、ベンチの近くで見ましょうよ」

茂野
「バカ、じじばばが来てると分かったら肩に変な力が入る
ガサツマン吾郎と違って
大吾はデリケートだから
こっそり見守った方がいいんだよ」

rtrter

相手4番の打球は右中間。

普通なら二塁打だがそこは光の守備がよくフライに終わる。

小森もデータこそ持ってないものの、光を一番に用心することにする。

大吾がまだ4年生になるより前、茂野夫婦は薫・いずみ・大吾を連れて吾郎の父・本田茂治の墓参りに来ていた。

茂野は大吾に
「このじいちゃんって偽物!?」

と指をさされる。

ともかく、この頃の大吾は夢と希望に溢れていた。

その後のことも聞いていて、茂野は正直ショックを受けたが、自分たち大人が勝手にプレッシャーをかけていたのかもしれないと言う。

1回裏の攻撃、極端に山なりのスローボールを相手に苦戦する。

あまり知らない桃子には簡単そうに見えるが、茂野は厳しい相手だという。

大吾は寿也に遅い球の打ち方を教わったので、ちゃんと芯でとらえるが、そこはあらかじめ守備が特殊シフトを組んでいた。

 

 - MAJOR 2nd