メジャーセカンド 41話 ネタバレ 確定42話の展開は?最新

      2016/03/05

メジャーセカンド最新話ネタバレの情報です。

41話 メジャーセカンド ネタバレ 画バレ 42話最新話 確定4142

 

『捕手の経験値』
迎えるは4番・・・
流れを変えられるか
ドルフィンズ!?

 

メジャーセカンド41話ネタバレ 最新あらすじ

送りバントをしてくる相手に大吾は打球を一塁に投げさせる

しかし捕球した卜部への指示が一歩遅かったせいで一・三塁どちらも刺せず

敵チーム
「おっしゃー!!
オールセット!!
ノーアウト、一・三塁!!」

大吾
「卜部ーっ!!
ド、ドンマイ(汗」

卜部
「ドンマイじゃーねよ!
てめー指示出すのが
ワンテンポおせーんだよ」

メジャーセカンド4142話ネタバレ (4)

大吾
「・・・!!」

卜部
「つか、三塁間に合って
たんじゃねーのか今の!?
投げときゃ良かったぜ」

大吾
「・・・」

アナウンス
「3番サード、深谷君」

メジャーセカンド4142話ネタバレ

 

選手達にサインを出す小森

審判
「プレイ!」

センターにいる光


「う~ん、暇だな
ずっとあの辺で
ごちゃごちゃやってるし」

右翼手の睦子は緊張した様子で構えている

ベンチで見守っているアンディ

卜部
(くっそ)

その時、一塁のランナーが走りだす

田代
「走った!!スクイズ!!
いや・・・
単独スチールか!」

三塁の桶川が小森のサインを思い返す

小森
【セカンドへ投げたら
突っ込め、桶川!】

大吾が今度は刺そうと二塁に投げようとする

だがその時、ベンチのアンディが大声でそれを止める

もし大吾が投げていたらダブルスチールを決められ失点していた

藤井
「なぁ、大吾の奴・・・
浮足が立ってるように見えるぞ
タイムを取らなくていいのか?」

田代
「大吾の実力不足が
そのまま出ただけだ」

そのまま静観しタイムを取らず

その後、相手の3番手がスクイズ

すぐに卜部がボールを大吾に渡すが間に合わない

更に大吾が打者を刺そうと一塁へと投げる

卜部
「バッ・・・!!」

一塁をアウトにするがその間に他の走者がホームに帰ってくる

敵チーム
「よっしゃー!!
ナイスラン!!
いきなり2点先制ーっ!!」

点を取られ焦る大吾

田代&藤井
「ああっ・・・」

アンディ
「・・・」


「え?2点入ったの!?
全然打たれてないのに」

小森
(戸締まりがゆるゆるだと
あと3点は取れるな)

気落ちしている大吾の所に卜部がやって来る

 

大吾
「あ・・・
その・・・
ごめ・・・」

卜部
「やめろ」

大吾
「!?」

卜部
「ランナー出したのは
俺のミスでもあるし
初心者のおめーに
ツーランスクイズを
警戒しろなんて無理な話だ
だから謝罪なんかいらねえ!
【学習】すりゃいいだけだ!
やることも考えることも多すぎて
へこんでる暇なんかねーぜ
なぁ、キャッチャー!」

そう言って卜部は大吾の肩を叩く

そしてついに玉城の登場

アナウンス
「4番、ピッチャー玉城君」

玉城
「ランナーなしかよ、つまんね~
じゃあ、ホームラン狙っちゃお」

審判
「プレイ!」

卜部
(これ以上
点はやれねえ!!)

メジャーセカンド4142話ネタバレ (2)

→ドルフィンズは流れを変えることはできるのか?

 

 - MAJOR 2nd