マギ 321話 ネタバレ 【明かされるシンドバッドの心情と聖宮の謎】最新確定

      2016/09/20

 

マギネタバレ最新話情報です。

 

”321話 マギ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料”

 

~前回のハイライト~

ジャーファル
「”今”から逃げるな!!
シンドバッド!!」

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20320e8a9b1321e8a9b120e69c80e696b0-4

シンドバッド
「・・・その
なんだ・・・

よく知った昔からの仲間に
そこまでハッキリ言われると・・・

・・・目が覚めるもんだな

そうだな・・・
俺は神の器じゃない
せいぜい王の器
商会の長の器だよ」

ジャーファル
(分かってくれた)

しかし、ジャーファルの言葉はシンドバッドへ届いてはいなかった

―――――

ジャーファルが去った後、決断するシンドバッド

シンドバッド
「それでもやるんだ
アルバ!
行こう聖宮へ!!」

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20320e8a9b1321e8a9b120e69c80e696b0-5

アルバと共に聖宮へ向かっていくシンドバッド

 

確かな絆を持つ
仲間の思いとは裏腹に!?

 

ネタバレ マギ 321話『シンドバッドの笑み』

”国際同盟本部~金属保管庫~”

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20321e8a9b1322e8a9b120e69c80e696b0-4

アルバ
「宜しいのですね?
これから”聖宮”への突入を
試みます

成功の確率は百に一つ
しくじれば・・・
あなたは死にますよ」

シンドバッド
「ああ」

アルバ
「金属器を身につけて
聖宮はルフの在り処

人の肉体のままでは
辿り着けません」

シンドバッド
「ああ」

金属器を持っているシンドバッド

アルバ
(・・・?
なぜこんなにこの人
落ち着いていられるの?)

シンドバッド
(変だな
なぜだろう?
これから
死ぬかもしれないのに
妙に頭がスッキリしている)

シンドバッドが台の上に金属器を乗せ
アルバが準備を始める

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20321e8a9b1322e8a9b120e69c80e696b0-1-977b4

 

 

 

魔法陣を発動していくアルバ

アルバ
「私のこの全ては
この時のために・・・

”アル・サーメン”の
全魔力をッ!!」

後ろで見ているシンドバッド

シンドバッド
(オレは・・・
なぜ”聖宮”に
行くんだったか・・・

”聖宮へ行き世界を救わねば”
そればかりで周りを見失っていた
こんな男が神の器とは笑えるな

そう・・・
俺は本当に自分を神の・・・
救世主の器だと思っていた

人はなぜ争いを憎みながら
争い続けるのか?

この絶望的な命題を解ける器が・・・
戦いの連鎖を断ち切れる
特別な器がいるはずだ

それが自分だと・・・
思い込もうとした

でもそんな奴は
いないのかもしれないな・・・

俺よりも運命が見えないと
侮っていた者達が
俺の想像を軽々と越えていく

アラジン、アリババくん、
白龍皇子、紅玉姫まで・・・

認めたくはないが・・・
彼等と俺に差などない

戦乱や理不尽が消えなくても
皆生きていけるんだ
世界は続いていけるんだ

ならば俺はなぜ”聖宮”へ行く!?

命を賭してまで、仲間と築いたものを
なげうってまで・・・俺は・・・なぜ

誰にも望まれぬものを掴もうと
もがいているんだ!?)

金属器を握る手に
力が入るシンドバッド

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20321e8a9b1322e8a9b120e69c80e696b0-10

 

必死な形相で杖を握っているアルバ
その杖から光が放たれる

本部の屋根を光が貫き
空に巨大な光柱が立ち上る

その衝撃により
アル・サーメンを召喚している
マトリューシカが割れていく

シンドバッド
「必死だな」

アルバ
「!?」

シンドバッドが百に一つどころか
一万人に一人、迷宮バアルから
生きて帰ってきた事を思い出す

シンドバッド
(今まで俺が死ぬと感じた事は
一度もない!!)

自信を取り戻して笑みを浮かべているシンドバッド

それを見たアルバは驚愕する

アルバ
「こんな状況で笑うのか!?」

 

―――――

魔法陣がピカッと光り
中へと吸い込まれて行くシンドバッド

シンドバッド
(以前、ダンジョンに
挑戦した時と同じだ

自分には何もなかった
だが全て勝ち取ってきた

仲間の言葉が正しい
今の生で積み重ねてきた
平和に満足しなければ・・・

だが俺はより遠くへ!
この手で世界を変えたい!

世界のため?
人間のため?
いや違う!

自分の願いのためだけに!
運命を覆して全て勝ち取る為に・・・

俺は強欲な
”ただのひとりの人間だ”)

 

―――――

シンドバッドが吸い込まれた光の中
そこにはウーゴがいた

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20321e8a9b1322e8a9b120e69c80e696b0-54

ウーゴ
「シンドバッド君は
神の器じゃない」

シンドバッド
「分かってる
魔装”クローセル”!!」

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20321e8a9b1322e8a9b120e69c80e696b0-55

シンドバッド
「それでもやるよ
神の承認は必要ない
必ず”聖宮”へ行く!」

ウーゴ
「それは出来ない!」

シンドバッド
「出来るさ
なんだか・・・
俺なら行けそうな気がするんだ!」

e3839ee382ae20e3838de382bfe38390e383ac20321e8a9b1322e8a9b120e69c80e696b0-56

溢れる自信!!
次号、更なる魔装も!!
一コマ、一文字も見逃せない
覇王(シンドバッド)の本領!!

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

~マギ 322話 ネタバレ 確定323話の展開は?に続く~

 - マギ