ブリーチ 686話 ネタバレ 【感動の最終回】最新確定最終話

      2016/09/05

ブリーチ最終回の先生方コメント一覧はこちら

 

ブリーチネタバレ最新話情報です。

 

【686話 ブリーチ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 最終回 完結】

 

 

~前回のハイライト~

七緒
「それでは 此より護廷十三隊 新隊長着任の儀を執り行います!
新隊長は中へ!」

ズラリと並んでいる隊長たち。

恋次
「・・・・・・なんつーカオしてんだよ
心配すんな
緊張して足ヒネったら肩車してやるからよ!」

ルキア
「う・・・・・・っ
うるさい・・・・・・!」

ふぅ・・・と深呼吸をするルキア。

七緒
「十三番隊隊長
朽木ルキア!」

20160804145629b4e
ルキア
「はい!」

20160804145632265

【技術開発局】

阿近
「あれ?
隊長どこいった?
・・・そうか・・・今日は例の新隊長のアレか」鵯州
「いや・・・
なんか復興地区の調査に行ったぜ」阿近
「何でだよ!?」鵯州
「副隊長のオメーが知らねえのに俺が知るかよ」阿近
「参ったな・・・
しょうがねえ呼んでくるか・・・・・・」鵯州
「なんかあったのか?」阿近
「いや・・・・・・
計器に妙な反応があるんだよ・・・・・・
十年前の・・・・・・
ユーハバッハの霊圧によく似てる・・・・・・」

■霊圧の正体は!?

 

今週もCカラー!!!

遂にブリーチ完結!!!

最終回の内容とは!?

 

 

ブリーチ686話ネタバレ

Cカラー
「10年後の一護達とクラスメート達」

煽り
「この優しい目をした少年は・・・?」

冒頭、一護によく似た少年の姿

20160818140041a85

崩壊した建物の中にいる少年
発見したひよ里が叫ぶ

ひよ里
「コラァ!!
クソガキィ!そこで何してんねん!
どっから入ってきよってん・・・!?」

すぐに少年の姿が消えてしまう

ひよ里
「・・・何や、逃げ足の速いやっちゃな・・・」

場面変わり、どこかへ急ぐ白哉
隣の隊士が報告書を読み上げていく

隊士
「ユーハバッハの力の残滓と思われる
霊圧反応の所在は西五十五地区!

十三番隊舎に隣接する
最終復興区画です!」

煽り
「十年前、仇敵が遺した
【物】の元へと急ぐ」

砕蜂
「朽木!」

建物から降り立った砕蜂が
白哉と並んで走り始める

砕蜂
「十三番隊長の方は式の後、
すぐに発った様だから
お前に遣いをやったが・・・」

白哉
「構わぬ、ルキア達は久方振りの休暇だ
連絡の必要は無い
私が処理する」

マユリのいる場所へと到着する2人
目の前にユーハバッハの黒い影が広がっていく

一方、一護の家であるクロサキ医院を訪ねるルキア、恋次
出迎える一護一護
「おう」

201608181255297a3

ルキア
「おう!」

浅野
「あ!ルキアちゃんだ!
ルキアちゃーん!いらっしゃい!」

たつき
「あんたン家みたいに言うんじゃないの!」

浅野を殴るたつき

20160818140042acd

水色
「ルキアちゃん
久しぶり
髪伸びたね、似合ってるよ」

そこにやってくる一護の妹2人
(夏梨:巨乳 遊子:貧乳)

遊子
「どいてどいておにいちゃん!」

夏梨
「ポップコーンとコーラが通るよ─!!」

20160818140346046

遊子
「あ!ルキアちゃんだ!
ひさしぶり!」

ルキア
「久しいな二人とも!
大きくなったな!」

夏梨
「ホラ始まるよ!
一兄座って、こっち!」

テレビ実況
『ワイハンスプレゼンツ!
WBO世界ヘビー級タイトルマッチ!』

浅野
「おー映ったぞ!!」

テレビ実況
『ここで挑戦者、茶渡泰虎の
これまでの戦いを振り返っておきましょう!』

20160818140350879

浅野
「イヤーしかしチャドすげーよな!
結局俺達ン中で一番
有名になっちゃったもんな!」

水色
「俺達ってキミ入ってんの?」

浅野
「【俺】の部分に入ってますけど!?」

場面変わり、病院の屋上にいる白衣姿の石田
医者になった様子

スマホでTV実況を見ている
映っているのはチャドの姿

女子の看護師達が病院内で話している

看護師
「石田先生は?」

看護師
「屋上で昼休憩延長中」

看護師
「なんかね
休みがどうしても合わなかったから
ホントは皆と観る筈だった番組を
今どうしても観たいんだって」

看護師
「何そのかわいい理由」

場面戻り一護の家

一護
「織姫─
始まるぞ」

部屋の奥からエプロン姿の織姫がやって来る

織姫
「はーーーい」

20160818140344e0e

一護
「かずいは?」

織姫
「んーと、今は上だね
椿鬼くん達の報告だと

さっきまではひよ里ちゃん達のとこに
行ってたみたいなんだけど」

遊子
「おにいちゃんの部屋じゃない?
かずくんあそこ好きだから」

一護
「今はお前の部屋だろ
いいのかよ?」

遊子
「いーよ!
かずくんならいつ入っても!」

夏梨
「一兄にソックリだもんなーかずい」

からかう夏梨に本気で照れる遊子
その時、何かに気づく一護

一護
「あれ、そういやお前ら
今回子供連れてくるって
言ってなかったか?」

ルキア
「そうだ!
漸く護廷隊見習になれたのでな!

盆の時期だけの通行許可が下りたのだ!
ほれ入ってこい!」

廊下の方を見るルキアだが何の返答もない

廊下を確認するルキア達
そこには誰もいなかった

ルキア
「うむ!
どうやらいなくなったな!」

一護
「なんでだよ!?」

ルキア
「案ずるな!死神だぞ!
人間相手にケガなどせぬ!
さー観るぞー」

一護
「人間相手にケンカ
売るような奴なのかよ!?
探しに行け!!」

【遊子の部屋】

部屋の壁にあいた小さな穴を見つめているかずい

穴にはユーハバッハの黒い影、そして霊王の眼が浮かぶ

【瀞霊廷】

マユリ達の目の前で
ユーハバッハの影が広がっていく

砕蜂
「退がれ!来るぞッ!!」

かずいが穴の中に手を突っ込んだ途端、
尸魂界の方の陛下の影が粉々に消し飛んでしまう

驚くマユリたち

「・・・・・・・・・何だ・・・・・・!?」
「ユーハバッハの力の残滓が・・・・・・・・・消えた・・・!?」

【第8監獄 ”無間”】

再び幽閉されている藍染
ユーハバッハの影が消えたのを感じ取っている様子

藍染
「―――――ユーハバッハの最後の力が・・・・・・
漸く消えたか・・・・・・・・・」

目を閉じ、最後の戦いでのユーハバッハの様子を思い出している藍染

【回想シーン】

斬月に両断された陛下が斬月を掴む

「一護 道は閉ざされたぞ」

「恐怖無き世界への道が」

「生と死はひとつになるべきだったのだ」

「無念だ お前のおかげで生と死は形を失わず命あるすべてのものはこれからも死の恐怖におびえ続けるのだ」

「永遠に」

【回想おわり】

藍染
「死のない世界では人は希望を探すことをしないだろう」

「人はただ生きるだけでも歩み続けるがそれは恐怖を退けて歩み続ける事とはまるで違う」

「だから人はその歩みに特別な名前をつけるのだ」

「"勇気"と」

背景にはワーワー言い合っている一護とルキアたちの姿

【遊子の部屋】

部屋の壁に開いた穴から一人の死神が出てくる

かずい
「だれ?」

女の子
「阿散井苺花(いちか)!死神見習よ!」

20160818125530c3a

苺花
「あんたは!?」

かずい
「ぼくは・・・・・・・・・・・・黒崎一勇(かずい)」

「ぼくも死神だよ」

一瞬で死覇装姿へと変わる一勇

20160818140349d36

驚く苺花

苺花
「はあ!?」久保帯人コメント
「どうにか15年で描き終えられました!
読んでくれた全ての人と一護達に感謝します
BLEACH 2018年 実写映画化です!!
一護役:福士蒼汰」

以下嘘バレ

現世は霊王消滅によって10年間凍結
代替までの霊王として藍染が就任していた

あの戦いでユーハバッハは死亡したが
干渉した未来事実は消えていなかった

書き換えた未来に現れるユーハバッハの力を
この10年間、潰し回っていた一護

前回、瀞霊廷の床に現れた黒いモノは
ユーハバッハが未来に干渉した力

ユーハバッハ
【お前達が最も大きな幸福を感じた瞬間を
選び抜いて~】の伏線だった

ユーハバッハの力(目玉)が、
新隊長着任の儀のルキアの背後に現れる

襲われそうになるルキアだったが
現れた一護がそれを斬る

一護
「これで最後だ」

ルキアの着任の儀が終わり
ユーハバッハの力も全て消えた

瀞霊廷も復興し、現世の凍結を解く事に

ルキアと一護が別れの挨拶を交わす

穿界門が開いていく

死神の間は歳を取らない為
一護は18歳のまま

最終ページで藍染が言う

藍染
「やっと貴方(ユーハバッハ)の
力が全て消えたようだ」

藍染の背後には0番隊
そして顔が隠れてるキャラ達の描写
崩玉を手に持っている藍染

藍染
「さぁ、はじめようか」

To be continued
BLEACH ●●●●●(タイトル黒塗り)

随時追加更新


スポンサード リンク

ブリーチ最終回の先生方コメント一覧はこちら

~ブリーチ 686話 完~ネタバレ 確定687話

 - BLEACH