ブリーチ 683話 ネタバレ 【一護がユーハバッハにリベンジ】

      2016/08/18

ブリーチ最終回の先生方コメント一覧はこちら

 

ブリーチネタバレ最新話情報です。

 

【683話 ブリーチ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ】

 

 

~前回のハイライト~

ユーハバッハの黒いもやもやが強大な爆発をひき起こす。
椅子だけを破壊され、自由になった藍染。

藍染
「―――――意外だな
てっきり 霊王宮(うえ)で勝負をつけるものだと思っていたが―――――
どうやら予想以上に 黒崎一護に手こずったと見える」

ユーハバッハ
「自分の苦悩を私に投影するのは止せ
黒崎一護に敗北したのはお前だ」

その言葉に眉をひそめる藍染。

藍染
「―――――いずれにせよあの忌まわしい椅子を壊してくれたことには礼を言おう
―――――お陰でこうして貴方を阻止できる」

手の拘束も外していく藍染。

ユーハバッハ
「私と戦うか
尸魂界の為に?
それでお前に利があるとは思えんな」

藍染
「利では無いよ
私は常に私を支配しようとする者を打ち砕く為にのみ動く」

2016071315321155a

笑うユーハバッハ、そのすぐ背後から斬りかかる一護と恋次。
しかしユーハバッハの背中にある霊王の眼がしっかりとそれを捉えていた。

2人の攻撃を難なく防ぐユーハバッハ。

ユーハバッハ
「・・・・・・一護、恋次
随分と早い到着だ
視えていたぞ
お前たちが来る事も
その剣が元に戻っている事も
そして
それが再び折れている事も」

斬月には大きな亀裂が入っていた。

20160713152431c19s

一護
「!!!」

ユーハバッハ
「・・・・・・綺麗に折ったつもりだったのだがな
―――――何とも忌々しい幸運だ
一護」

■再び相見える いざ、決戦の時!!

 

【連載終了に関して】

ジャンプは基本、ある漫画が連載を終えると翌週から別作品が連載開始する流れです。
例えば次週発売のジャンプ34号で「ものの歩」が連載終了しますが、さらに翌週発売の35号で「約束のネバーランド」が連載開始予定です。

ジャンプ38号で「ラブラッシュ!」、ジャンプ39号より「レッドスプライト」がそれぞれ連載開始なので、ジャンプ36・37合併号と38号でそれぞれ2作品が連載を終えることになります。

このどちらかでBleachも連載終了するとみられています。
つまり残りあと3話ですね。

 

ブリーチ683話ネタバレ

■沈む瀞霊廷!!

 

瀞霊廷全体が黒いもやもやに包まれていく。

双極の丘も崩れ、磔架ごと丘が崩れ落ちていく。

20160721153343a03

巨大な瓦礫を斬っていくも、息も絶え絶えな一護。

ユーハバッハ
「瀕死だな一護
見るに耐えん
何故井上織姫に傷を治させてから来なかった?
奴自身も瀕死だったからか?
それとも治してから追ったのでは間に合わぬと思ったか?
お前が来たところで
変えられるものなど何一つ無いと言うのに
お前もだ阿散井恋次!」

恋次
「卍解!
双王蛇尾丸!!」

ユーハバッハの背後からとびかかっていた阿散井。
しかしまっすぐ目でユーハバッハを捉えたまま、蛇尾丸の左腕も、自身の左腕も既に斬りおとされてしまっていた。

20160721153337664

恋次
「ぐ・・・・・・
クソ・・・・・・ッ」

ユーハバッハ
「まだ理解できんか
卍解など役には立たん
全ての卍解は未来に於いてすでに砕かれている
私に立ち向かうお前達は
お前達自身が理解できるよう私のこの手で砕くがな!」

空中へ手を伸ばすユーハバッハ。
そこには斬りかかろうとする藍染がいた。

 

ユーハバッハ
「藍染!
面白い!お前が阿散井恋次を庇うか!
共通の敵を前に団結するのは お前の忌み嫌う敗者の習性だろう!」

藍染
「破道の九十九 『五龍転滅』」

大地を砕きながら巨大な龍が現れる。

20160721153338dc9

さらに藍染は剣を手に突っ込んでいく。

ユーハバッハ
「そして気付いているか藍染惣右介
お前の鏡花水月も "既に折れているぞ"!」

ヒビの入っている鏡花水月に目を奪われる藍染。

その隙に強烈な腹パンをぶち込む陛下。

吹っ飛ぶ藍染を見ながらユーハバッハが呟く。

陛下
「―――――無駄だ
それも視えているぞ
一護」

背後から斬りかかるも、その斬月を素手で止めるユーハバッハ。
さらにヒビが大きくなっていく。

ユーハバッハ
「戦況を見て瞬時に藍染惣右介との共闘に転じた事は上出来だ
だが 鏡花水月の力も我が力には及ばぬ
初撃で我が力に吹き飛ばされたのが阿散井恋次」

背景には冒頭の瀞霊廷。

ユーハバッハ
「次に私に腕を捥がれたのが 貴様だ一護」

背景には先ほどの恋次。

ユーハバッハ
「全て 視えている」

粉々に砕かれる斬月。

ユーハバッハ
「終わりだ一護」

腹に大きな風穴を開けられる一護。

20160721153340cd3

一護はゴボッと大きく血を吐く。

ユーハバッハ
「・・・・・・さらばだ一護
お前の抵抗は心地よかった」

クロコダイルに負けたルフィみたいに宙ぶらりん状態の一護。

ユーハバッハ
「せめて 尸魂界と共に滅べ」

一護
「―――――そうか」

と、一護が突然藍染の姿に変わる。

藍染
「黒崎一護に視えているか」

20160721153401dd6

驚いているユーハバッハの喉元を一護が斬月で貫く。

一護
「月牙 天衝!!!!」

背後からまともに月牙を食らい、首から下が吹っ飛ぶユーハバッハ。

201607211534025e6

■勝負決すか!? 死力の一閃!!

 

以下嘘バレ

ユーハバッハの一撃によって一護の斬魄刀にヒビが入る

一護が驚愕している最中、ユーハバッハの剣が一護の両足を切断する

激昂した恋次がユーハバッハに斬りかかるが逆に、ユーハバッハによって恋次の両腕が吹っ飛ばされる

ユーハバッハ
「全て視えていたぞ
この光景も」

その時、ユーハバッハに言う藍染

藍染
「貴方は一体いつから
未来を見えていると錯覚していた?」

ユーハバッハ
「!?」

ユーハバッハは未来まで含め藍染に幻覚を見せられていた

藍染
「知らないのも無理は無い
これは私の卍解した鏡花水月の力
未来が見える人間に対しても
鏡花水月の卍解の能力自体
その効果は変わらない」

ユーハバッハの感覚が現在に対してのみ現実に戻る

次の瞬間、完全詠唱の巨大黒柩で
ユーハバッハを包み込んでいく藍染

随時追加更新


スポンサード リンク

ブリーチ最終回の先生方コメント一覧はこちら

~ブリーチ 684話 ネタバレ 確定685話の展開は?に続く~

 - BLEACH