ブリーチ 681話 ネタバレ 【ブリーチが遂に最終回へ!】最新682話

      2016/08/18

ブリーチ最終回の先生方コメント一覧はこちら

 

ブリーチネタバレ最新話情報です。

 

【681話 ブリーチ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 最終話 最終回】

 

~前回のハイライト~

ついにあと数話で最終話を迎えることになったブリーチ!

20160630150202ce6s

■刻(とき)迫る―――――――――――

すべての物語、終焉まで××回!!

後何話で終了してしまうのか!?

 

ユーハバッハ
「・・・・・・しぶとい事だ まだ追いすがる者があるのか
だが満身創痍のその体ではそこから動く事すらできまい
だが追いたくば追ってこい
この門は残しておく
追ってくればその気魄に免じて
贅沢な死を与えてやる
これから先の未来
お前達が最も大きな幸福を感じた瞬間を選び抜いて殺してやるとしよう
お前達はこれから先 幸福を感じる度私の言葉を思い出すだろう
そしてその度に 約束された死の恐怖を味わい続けるのだ
永遠に」

2016063016573207as

そう言い残してゲートの中へと消えていくユーハバッハ。

■ただ立ち竦む―――――――――――

 

一護はユーハバッハを倒すことができるのか!?
そして、どういう結末を迎えるのか!?

 

ここから怒涛の展開になること必至!!!

 

20160704010105708
ちなみに秋発売の最新74巻が最終巻となる模様。
74巻収録分、通常の10話掲載ならあと5話で終了。

 

ブリーチ681話ネタバレ

『The End two world』

■敵の後姿を前に・・・!!

現れたルキア・恋次らを残して門へ入ろうとするユーハバッハ。

ギリっと歯を食いしばり、斬魄刀を抜く恋次。

恋次
「ま・・・・・・待て! てめえ!!!」

一護
(・・・・・・・・・や・・・・・・
やめろ・・・・・・
恋次・・・)

蛇尾丸がユーハバッハの背中に迫るが次の瞬間、蛇尾丸はバラバラに引きちぎらていた。
固まる恋次。

ユーハバッハは掴んでいた蛇尾丸の残骸をその場に捨てると、そのまま門の向こう側へと消えていく。

201607071414407ce

■断たれる猛き刃―――――

場面変わり、息も絶え絶えになったハッシュヴァルトがその場に倒れこんでいく。
哀れな目でそれを見ている石田。

ハッシュヴァルト
「・・・・・・・・・何だ・・・
その・・・・・・・・・・・・顔は・・・
・・・・・・悔しいと思うか・・・・・・
私が・・・・・・
陛下に・・・力を・・・・・・・・・・・・
奪われて・・・・・・
・・・・・・逆だ
陛下が・・・・・・・・・・・・お前から・・・・・・
力をお奪いにならなかった事を・・・・・・
誇らしく思う・・・・・・・・・
私から・・・・・・力をお奪いになった事を・・・・・・
誇らしく思う・・・・・・・・・
私だけが・・・・・・・・・
陛下のお役に立てるのだから・・・・・・・・・」

雨竜
「・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・そうか・・・・・・」

以下続きは次のページへ!

スポンサード リンク
>ページ:2へ続く

[/nopc]

ボロボロの石田は憐みの目でハッシュヴァルトを見下ろすと、立ち上がりどこかへ向かっていく。
血を流し、足を引きずる石田にハッシュが声をかける。

ハッシュヴァルト
「・・・・・・待て・・・・・・
石田・・・・・・雨竜・・・・・・
・・・・・・お前の傷を・・・・・・
私に・・・・・・移して行け・・・・・・・・・」

石田
「!?」

ハッシュヴァルト
「私は・・・じきに死ぬ・・・・・・
傷があろうと・・・・・・
無かろうと・・・・・・
それは変わらない・・・・・・」

石田
「何を・・・・・・
言っているんだ・・・・・・」

ハッシュヴァルト
「・・・・・・どうした・・・・・・
憐れみか・・・・・・?
先刻(さっき)までは私を殺すつもりで戦っていた筈だろう・・・・・・」

石田
「・・・・・・しかし・・・・・・・・・!」

ハッシュヴァルト
「・・・・・・何を・・・・・・
迷う・・・・・・・・・
全てを・・・・・・
秤にかけろと言った筈だ・・・・・・
秤にかける事もできず・・・・・・
迷いに追われて決めた事は・・・・・・
全て後悔になるからだ・・・・・・」

背景には、かつてユーハに見いだされ星十字騎士団へ誘われたときの幼いハッシュヴァルトの姿。

ハッシュヴァルト
「・・・・・・ならばそれも・・・・・・
秤にかけろ・・・石田雨竜・・・・・・
お前は・・・・・・・・・・・・
友を助けに行くべきだ・・・・・・・・・」

しばらく時間がたち、雨竜が消えたあとの戦場。

暗い建物の影で、ハッシュヴァルトは一人倒れていた。

ハッシュヴァルト
(例え結果は変わらずとも
思うままに選択し 思うままに進む事に意味がある
後悔は無い
何一つ)

倒れたハッシュヴァルトの体から力が抜けていく。
刀を握る手が少しずつ開く。
そこには『B』の刻印が。

2016070713063349as

場面は再び城へ。
驚愕しているルキア。

ルキア
「・・・・・・何だ・・・・・・
その能力は・・・・・・
未来を・・・書き換えるだと・・・?
そんなもの・・・
手の打ちようが無いではないか・・・」

なぜか瀕死状態の織姫が折れた斬月を一護のそばへ置く。

織姫
「・・・・・・ご・・・・・・ごめんね・・・・・・・・・
黒崎くん・・・・・・
天鎖斬月・・・・・・
直せなかった・・・・・・・・・・・・」

ルキア
「ここから先の未来すべてで折られたものを・・・・・・
"拒絶"で消す事はできぬという事か・・・・・・・・・」

織姫
「ごめんね・・・・・・
これじゃもう・・・・・・
戦えない・・・・・・・・・・・・」

一護を引っ張り上げる恋次。

恋次
「行くぞ!」

ルキア
「!恋次
待て!
どうするつもりだ!!」

恋次
「決まってんだろ
あいつを追うんだ」

ルキア
「馬鹿な・・・
せめて何か・・・・・・
策を練ってから挑むべきだ!」

恋次
「あんなバケモン相手に策なんか浮かぶのかよ」

ルキア
「そ・・・・・・それは・・・・・・」

一護
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ああ
そうだ・・・・・・
もう無理なんだ・・・・・・・・・」

その時一護が背後から何者かに刀で刺される。

2016070714144185f

一護&恋次
「!!」

一護
「・・・・・・・・・てめえは・・・・・・・・・
月島・・・・・・!!!

2016070714144224c
一護
「・・・・・・な・・・・・・何の真似だ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
てめえ・・・・・・」

月島
「何の真似かって?
そんなの僕に訊かれてもね
銀城が君の味方しろっていうから
仕方なくしてるだけなのに」

背後には銀城の姿も。

一護
「・・・・・・味方・・・・・・・・・だと・・・・・・?」

銀城
「バカやろ
味方しろとは言ってねえだろ
俺は お前に義理を返せって言ったんだ」

月島
「織姫
彼の剣にもう一度双天帰盾を」

織姫
「!」

月島
「君の力で"拒絶"できない程強大な力で書き換えられた未来でも
"そうならなかった過去さえあれば"そこまでは"拒絶"できる筈だ
"挟んでおいたよ"
"君の剣は"
"折られなかった"」

20160707141444fe2

双天帰盾に包まれた斬月が元通りに戻っていく。

月島
「さて これで義理は返したって事でいいかな?」

元に戻った斬月を握る一護。

20160707141445ed9

■その眼に迷いなし!!

 

以下嘘バレ

■世界を造替する神―――――

扉(ゲート)の中へと消え行くユーハバッハ。
倒れている一護、織姫に各々駆け寄る阿散井とルキア。

阿散井
「一護!!!」

ルキラ
「井上!!」

そこに全身を負傷し、意識がない様子の岩鷲を負うチャドも現れる。

チャド
「一護・・・・・・井上・・・!!」

呼び掛けても返事は無く、その場に茶渡も倒れる。

ブリーチ最終回の先生方コメント一覧はこちら

~ブリーチ 682話 ネタバレ 確定683話の展開は?に続く~

 - BLEACH