ブリーチ 672話 ネタバレ 【刀刃乱舞】最新673話

      2016/05/12

ブリーチネタバレ最新話情報です。

672話 ブリーチ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

 

ジェラルド
「凍らぬと
言った筈だ死神!」

次の瞬間、ジェラルドの周囲を無数の斬魄刀が包む。

朽木
「殲景・千本桜景厳
奥義
“一咬千刃花(いっかせんじんか)”」

20160421165021f73

刀刃乱舞―――――!!

 

ブリーチ672話ネタバレ

『Son of Darkness』

ジェラルドの顔面を襲う白哉の殲景・千本桜景厳の奥義 “一咬千刃花” 。

その攻撃で頭を吹き飛ばされたジェラルド 。

凍らされた体が崩れ去っていく 。

疲労によって倒れそうになる日番谷 。

その日番谷の腕を掴む白哉。

日番谷
「・・・朽木・・・」

白哉
「・・・かなり体に無理を強いる卍解の様だが・・・
想像より保っているな」

日番谷
「・・・はっ
良い読みだな・・・
そろそろ限界だ・・・」

しかしまたしても再生していくジェラルド。

bl672-1

日番谷
「何だ・・・ッ!?
まだ・・・
生きてやがるのか・・・!!」

ユーハバッハ

一護に斬られる夢を見たユーハバッハ。

bl672-2

ユーハバッハ
「・・・朝か
良い夢だ
夢は悪夢ほど素晴らしい」

石田とハッシュヴァルト

ハッシュヴァルト
「・・・朝か」

石田
「・・・残念だったな
夜の間に僕を仕留められなかったのは予定外だったろう」

ハッシュヴァルト
「 “仕留められなかった” ?
妙だな」

bl672-3

柱の影から姿を見せる石田。

ハッシュヴァルト
「私の眼には仕留められて足掻く
ちみどろの獣しか映っていないが」

石田
「獣に例えられたのは初めてだ・・・
勇ましくて・・・
悪い気はしないね・・・」

ハッシュヴァルト
「それから・・・
夜の間に仕留めたかったろうというのも誤りだ
陛下の御力よりも私本来の力の方が戦いには向いている
特にお前の様な・・・
誤りを正すべき相手にはな!」

十文字に斬るハッシュヴァルト。
その斬撃が石田を襲う。

一護と織姫

大きな扉の前にいるふたり。

一護
「・・・感じるか、井上」

織姫
「・・・うん」

一護
「あの扉の向こうだ」

織姫
「・・・うん」

一護
「・・・2対1で卑怯かも知れねえけど
防御は任せた
頼むぞ井上」

織姫
「・・・はい!」

今までの色んな戦いの事が思い浮かぶ織姫
(やっとだ やっと やっと・・・
やっと黒崎くんを護って戦える・・・)

bl672-4

扉を開けて中に入った2人。

bl672-5

ユーハバッハ
「・・・よく来た
待ち詫びたぞ
我が闇の子よ」

 

 

~ブリーチ 673話 ネタバレ 確定674話の展開は?に続く~

以下嘘バレ

ジェラルドに技を放つ白哉

白哉
「殲景・千本桜景厳
奥義【一咬千刃花】」

ジェラルドを襲う
白哉の無数の刃

日番谷
「お前に逃れる術はねぇ・・・」

ジェラルド
「!!」

粉々に砕け散る氷漬けにされたジェラルド

そして剣八の所に駆けつける一角と弓親

一角
「無事ですか!?」

剣八
「・・・ああ、やちるは・・・?」

一角
「副隊長ですか?」

剣八
「やちるはどこだ?」

顔を見合わせる一角と弓親

弓親
「・・・すみません、隊長の姿しか
確認できませんでした・・・」

剣八
「・・・そうか・・・」

ジェラルドが粉々になるのを見る一同

一角
「や、やった!!」

弓親
「日番谷隊長と朽木隊長・・・」

そこへやってくる日番谷、白哉

剣八
「あ?お前、少し背がデカくなったか?」

日番谷
「・・・」

その時、ジェラルドの剣が地面に刺さって消えてないに気付く白哉

白哉
「・・・剣が消えていないない?」

剣八
「本体(あいつ)は倒したんだろ?
問題ねぇだろ」

白哉
「・・・」

そこへやってくる平子

平子
「なんや~終わったんか~?」

日番谷
「お前、今までどこにいた?」

平子
「瓦礫に埋まって大変やったんや」

日番谷
「こっちは大変だったんだぞ」

平子
「ん?なんや~?
お前見ない間にずいぶん老けたか?」

日番谷
「・・・」

白哉
「兄は老けたのではない
少し身長が伸びたのだ!」

日番谷
「少し・・・」

白哉
「すまぬ・・・」

とその時、日番谷の体が元に戻る

日番谷
「さすがに時間切れか・・・」

剣八
「縮みやがった」

日番谷
「縮んだんじゃねぇ!
元に戻っただけだ!」

白哉
「・・・」

すると突然、ジェラルドの剣が光り始める

一同
「!!」

日番谷
「まさか・・・?」

みるみる剣から再生されるジェラルド

剣八
「な・・・」

平子
「あの剣からや!!」

日番谷
「なん・・・だと・・・」

ジェラルド
「ついに我は完成した!
本当の絶望を知り得たのだ!
そして絶望には希望が生まれる!!
貴様らが起こしたのだ!
我に奇跡を!」

ジェラルドの剣が消えジェラルド自体も消える

日番谷
「奴は・・・!?」

平子
「上や!」

そこには完聖体になったジェラルドがいた

随時追加更新


スポンサード リンク

 - BLEACH