ブリーチ 667話 ネタバレ 【ジェラルド戦決着?】

      2016/03/24

ブリーチネタバレ最新話情報です。

667話 ブリーチ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

第667話 「Bigger,Louder,Stronger」

 

ブリーチ667話ネタバレ

真っ暗なカプセルの中で目を覚ます剣八。

剣八
(・・・・・・何だ? 真ッ暗じゃねえか どこだここは?)

ドンっとマユリの用意したカプセルのドアが吹き飛ばされる。

~回想終わり~

ジェラルドと白哉らの戦っている場所に駆け付けた一角たちが驚愕の表情を浮かべる。

一角
「なんで・・・・・・なんで俺たちより先に」
「う・・・・・・ッ 嘘だろ・・・」
「隊長が着いてんだよ?!!」

戦場がこの男を呼ぶ──!!

腕を斬られたジェラルド。

ジェラルド
「我の 我の右腕がぁ~~~!!!」
「ぬううおおおお~~~~~ッ!!!」

叫んでいるあいだに、みるみる回復していく。

20160324151133f45s

ジェラルド
「更に強くッ」

日番谷
「何だありゃ? どうなってんだ」

白哉
「奴の能力だ 傷を負った部位が巨大化して強化される」

日番谷
「成程な こいつも最初からこの身長じゃなかったって訳だ」
「・・・何だ 言いたい事があるなら言え」

白哉
「・・・・・・無い ・・・・・・気にしすぎだ」

一方、剣八はやる気マンマン。

剣八
「面白え!!」
「それじゃあ粉々に切り刻んでやったら どうなるのか見物だなァ!!」

日番谷
「あの馬鹿・・・!」

剣八の刀を止める日番谷。

剣八
「何の真似だァ? 俺が緩めてなけりゃてめえも二つになってたぞ」

日番谷
「思ったより気が遣えるんだな それじゃあもう少し気を遣ってくれ」

剣八
「あ? 何の話だ」

日番谷
「こいつをこれ以上デカくして 下に落ちたらどうすんだって言ってんだ!」

剣八
「どうもしねえよ 俺も一緒に落ちてブッた斬ってやらァ」

日番谷
「こんな質量の奴がこの高さから落ちたら それだけで瀞霊廷は壊滅だ!」

そんな会話をしてる2人を踏みつぶすジェラルド。
さらに地面にどんどん押し込んでいくが、急に足が止まってしまう。

ジェラルド
「ん?」

剣八がジェラルドの足を持ち上げると、反動でジェラルドがバランスを崩す。
城の方へ倒されるジェラルド。
そこに剣八が飛びかかる。

剣八
「ゴチャゴチャうるせェなァ!」
「要は チマチマ楽しんでねェで一発で頭割れってこったろ!!」

しかし飛びかかった剣八がジェラルドの盾に弾かれ、彼方まで飛ばされてしまう。

日番谷
「更木!」

さらにジェラルドは盾に刺さっていた巨大な剣を引き抜いていく。

ジェラルド
「我を転ばせるとは 貴様強いな」
「残酷ゆえ気は進まぬが仕方無い 貴様のような強力な闇の化身は」
「我が『希望の剣(ホーフヌング)』の錆にしてくれよう!!」

20160324151134a67s

瓦礫に埋もれた剣八

剣八
「まさか斬れねェたァな・・・・・・頑丈な盾に 頑丈な体か」
「尚更 斬りてェなァ」
「呑め 『野晒』」

201603241437159c6s

日番谷
「何だありゃ・・・始解か!? 更木の奴いつの間に・・・」

白哉
「奴の刀は常時開放型では無かったという事か・・・・・・いや」
「そもそも・・・・・・常時開放型などというものは 存在せぬのかもしれぬな・・・・・・」

ジェラルドが振りかぶった巨大な剣を、野晒で受け止める剣八。
巨体のパワーに一歩も引かず、むしろ押し返していく。
ジェラルドの剣を弾いて飛ぶ剣八。

そこを狙うジェラルド

ジェラルド
「馬鹿めッ」
「”希望(ホーフヌング)”が “刃毀れ”したぞッ」

腹を真一文字に斬られる剣八。

20160324151135a54s

力と力の衝突(ぶつかりあい)─!!!

 

以下未確定①

現れたのは特記戦力が一、未知数の”戦闘力”更木剣八!!

剣八
「よう どうした?
こんな木偶の坊相手に突っ立ったまんまかよ」

朽木
「更木隊長・・・」

日番谷
「治療はもう終わったのか?」

剣八
「涅のヤロウが打った薬のせいでまだ身体が重いが・・・
問題ねェ」

朽木
「重い身体
と自覚してるのに勝てるほど容易な相手ではない」
「万全な状態に戻すのも隊長の重要な努め」

日番谷
「というか・・・涅の治療カプセルは完治するまで開かない仕組みじゃなかったか?」

剣八
「あぁ ある程度治ったもんで出ようとしたら鍵かけてやがってよ」
「待つのもダルいからぶった斬ってやった」

朽木
「いくら涅隊長でも兄の性格までは治せぬのだな」

日番谷
「同感だ」
「敵の眼前でお喋りに興じるとは恐れ入る!!」

3人にジェラルドの声が降り注ぐ。
剣八が斬ったはずの右腕は何故か治っている様子。

剣八
「確かに斬ってやったはずだが・・・」

朽木
「ダメージを与えれば与えるほど巨大化する能力のようだ」
「中途半端な攻撃は逆効果になる」

日番谷
「ここはいったん策を─」

剣八
「”中途半端じゃない攻撃”なら効くってことだろうが!!!」

日番谷
「待て更木!!」

剣八
「呑め」
「”野晒”」

あの巨大な斧をジェラルドの頭に叩き込む剣八。

ジェラルド
「ぐぅおおおお!!!!!」

まるで隕石が落ちたかのような剣撃に押しつぶされていくジェラルド。

日番谷
「なっ・・・!!」

剣八
「なんだ、図体がデケェだけの雑魚じゃねえか」

チッと舌打ちしてどこかに行こうとする剣八。
その背後で、さらに巨大化していくジェラルド。

剣八
「!!」

ジェラルド
「ふははは!!」
「『傷を負ったものを"神の尺度"に交換する』、それこそが我の能力!!」
「さすがは特記戦力の一、更木剣八!! これほどのサイズは初めてだ!!」

更木
「・・・・・・・・・」

石田とハッシュヴァルト

ハッシュヴァルトの剣を弓で受け止める石田。

石田
「それにしても不思議でたまらないね」

ハッシュ
「何がだ」

真横に振り抜いた剣を屈んで避ける石田。

石田
「死神とは戦わないで同胞の滅却師ばかり殺してるじゃないか」

石田が放った矢を避けるハッシュ。

ハッシュ
「隊員の”粛清”も私の仕事の一つ」

石田
「よく言うよ」
「楽しんでるくせに」

図星を突かれたハッシュバルトの表情が変わる。

"B"の性文字を与えられしユーグラム・ハッシュヴァルト・・・その真意とは!?

以下未確定②

現れた剣八

剣八に右腕を切り落とされた
ジェラルド
すぐに右腕を巨大化し腕を再生させる

直接攻撃では奴の能力で再生し
意味が無いと白哉が剣八を諌める

剣八
「だったら簡単な事じゃねぇか
アイツを一発でぶっ倒せばいいだけの話

そしたら能力での再生だか回復だか
する暇もねぇだろ」

ジェラルドに向かって行く剣八

剣八に拳を放ってくるジェラルド
それをかわす剣八

ジェラルドが盾を構えて
剣八を吹き飛ばそうとする

剣八が野晒を発動する
巨大化な剣でジェラルドを
盾ごと真っ二つにする

心臓から上下に斬られるジェラルドがその場に倒れる

剣八
「もう終わりか・・・
なんだ・・・つまんねぇな・・・」

その時、ジェラルドの体が光りだす
先程よりも更に巨大化したジェラルド

剣八が再び攻撃を加える
しかし小さな傷しかつかない

ジェラルド
「もはや我に敵無し!!」

建物を破壊し暴れまわるジェラルド
しかしその時、肉体が急激に収縮を始める

ジェラルド
「なんだこれは・・・!?」

ジェラルドの背中に平子がいた

平子は【逆撫で】でジェラルドの霊圧によって
起こした能力の影響を逆転化させていた

巨大化になりすぎたジェラルドは
小さな平子に既に気付かなかった

ジェラルドが平子から離れる
だがかなり縮小しているジェラルド

そこに眼帯を外した剣八が、
巨大な野晒を叩き込む

~ブリーチ 668話 ネタバレ 確定669話の展開は?に続く~

随時追加更新


スポンサード リンク

 - BLEACH