ブリーチ 663話 ネタバレ 確定664話の展開は?最新

      2016/03/05

ブリーチ最新話ネタバレの情報です。

663話 ブリーチ ネタバレ 画バレ 664話最新話 確定663664

猫形態になった夜一。

猫の爪は、ちょっと一掻きが致命傷・・・!?

そして完聖体になったナックルが姿を現す!

使徒降誕─!!

ブリーチ663話ネタバレ 最新あらすじ

ナックル「・・・な・・・何なんだよ そのカッコ・・・!?」

口から雷を吐き出す夜一。

ナックル「何だよ・・・・・・無視すんなよ・・・」

浦原
「瞬閧 雷獣戦形 “瞬窿黒猫戦姫(しゅんりゅうこくびょうせんき)”」

「・・・・・・ッス」

20160218163013bb8

ナックル「ッスじゃなくて・・・なんでアンタが答えんの・・・?」

ニヤニヤしている浦原。

ナックル「もしかして・・・・・・」

「あのヒト今 言葉通じない・・・?」

来る、何かが、来る―――――

キイヤァアアアアと奇声を上げ一瞬でナックルの目前に迫る夜一。

一掻きで肩を抉られるナックル。

ナックル「ウソだろッ!?」

ちなみに夜一は服が全部弾け飛んでいる模様。

20160218163015424

夜一がさらに強力な一撃を放ちナックルが吹っ飛ぶ。

ナックル「なんでだッ・・・あいつの霊圧はもう免疫獲得した筈だろ! 同じ死神の霊圧が途中で変わるなんてありえねえ! どういう事だッ・・・!」

逃げるナックルに追いつく浦原。

浦原「”気分”っスよ」

ナックル「!!」

浦原「よく ネコは気分屋だーなんて言うでしょ? 黒猫戦姫の夜一サンはソレが霊圧に出るんス」

ビルの上で腕を舐めている夜一。
浦原「ホラ今追っかけてきてないでしょ そういう”気分”だからっス」

「夜一サンは普段から気分屋っスけど あの姿の時は更にブレッブレで霊圧もそのアオリを直に受けてブレッブレになるんス」

「”まるで別人の霊圧みたいに”」

再びやる気モードの夜一がナックルの前に飛び出す。
強烈な一撃でまたしても吹き飛ばされるナックル。

浦原「インフルエンザって毎年流行るでしょう?」

「新型でもないのに抗原性の少しの変化だけで 去年と同じA型が流行ったりする」

「あんな感じっス」

「体が免疫を作っても作っても 少しの変化で全部パア」

「もちろん貴方の免疫獲得速度はそりゃとてつもなく早いでしょう」

「貴方は敵の攻撃を受けると 反射で霊圧を解析し 恐るべき速度で免疫を作り上げる」

「1分もあればどんな攻撃も無効化してしまうでしょう」

「だけどそれでも間に合わない」

「黒猫戦姫の夜一サンの霊圧は」

「一秒に四十八回変化する」

強大な一撃がナックルに炸裂。
そして雷に弾き飛ばされたナックルが町に落ちていく。

フーッフーッと気が立っている様子の夜一。
そこで浦原が取り出したのは猫じゃらし。
浦原「はいっ」

「夜一サーーン “ヨルマタ”ですよぉー! こっちこっち!」

にゃーっと浦原に飛びつく夜一。

浦原「痛い!」

猫じゃらしに頬ずりし、浦原の頬をペロペロ舐めて大変ご満悦な様子。

2016021816301699d

 

浦原「はっはっはっはっ よーしよしよし」

そして夜一は満足したのか、浦原に膝枕をして寝っ転がっていく。

浦原「・・・やれやれ “制御できるのがボクしかいない”のと “【気分】でしか元に戻れない”のが欠点スかねえ・・・」

「まァこの姿の夜一サンもこれはこれで可愛いんで ボクは別にいいんスけどね・・・・・・」

2016021816301780c

涎を垂らして満足そうな夜一だが、急に体が震えだしていく。

夜一「う・・・・・・ううッ・・・」

浦原「お」

「そっか そろそろ5分スね 免疫抑制剤の効果が切れる頃だ」

「お疲れサマ夜一サン あとはゆっくり毒抜きしましょ」

「ボクはちょっと死体捜して トドメさしてきます」

そう言って立ちあがった瞬間、目の前に強大な球体が膨れていく。
まるで爆発でも起こったかのような状態に驚く浦原。

浦原「な・・・・・・・・・ッ」

夜一も目を開けている。

浦原「何だ・・・・・・・・・これは・・・・・・!?」

「極上毒入りボール(ギフト・パル・デラックス)」

「 俺の作れる最大の毒入りボールさ」

「オット そっちじゃねェってか? こっちの姿の方が気になるかよ?」

「”神の毒見(ハスハイン)”ってんだ」

「冴えねェ名前だろ?」

完聖体になったナックルが姿を現す。

2016021816301932c

 

 - BLEACH