ブラッククローバー 55話 ネタバレ 【裏切者はゲルドル?】

      2016/03/29

ブラッククローバーネタバレ最新話情報です。

55話 ブラッククローバー ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

 

捕虜の口から出た裏切者の団長の名前は、紫苑の鯱 団長ゲルドル・ボイゾット!

本当にゲルドルが裏切者なのか・・・?

E38396E383A9E38383E382AFE382AFE383ADE383BCE38390E383BC20E3838DE382BFE38390E383AC2055E8A9B156E8A9B1-1

それとも真犯人が別にいるのか!?

 

ブラッククローバー55話ネタバレ

捕虜に話しかけるユリウス

ユリウス
「もう一度聞くよ・・・?
君達白夜の魔眼に協力した・・・
裏切り者の団長の名は何だい・・・?」

一同
「!?」

E38396E383A9E38383E382AFE382AFE383ADE383BCE38390E383BC20E3838DE382BFE38390E383AC2054E8A9B155E8A9B1-103

キャサリン&ゲオルク
「それは・・・
裏切り者は・・・
紫苑の鯱 団長ゲルドル・ボイゾットだ」

E38396E383A9E38383E382AFE382AFE383ADE383BCE38390E383BC20E3838DE382BFE38390E383AC2055E8A9B156E8A9B1-1

一同
「!?」

ゲルドル
「フザケるなバカ者!!
何を言っている!?
この私が王国を裏切るようなことをするかー!!」

2人の捕虜を指差し叫ぶゲルドル

そんなゲルドルに疑惑の視線を向けるシャーロットとジャック

シャーロット
「・・・こんなことを言いたくはないが・・オマエの黒い噂は少し耳に入っていた・・・」

ゲルドル
「!!」

シャーロット
「単なるデマだと思っていたが・・・」

ジャック
「何かこすいことやってんだろォとは思ってたがよ・・・
まさかテメぇ・・・」

ゲルドル
「そんなことがあるはず無い!!
コイツらが私を裏切り者に
仕立て上げようとしている!!」

マルクス
「・・・彼らは自分達の知る情報を
偽り無く答えているだけです
私の記憶交信魔法の情報は・・・
絶対です!!」

ヤミ
「まあまあ落ち着けよ固ハム
その前髪パッツンにオマエも記憶を見てもらえば良いんじゃねーの?
オマエが本当にキレイなハムならば」

ゲルドル
「・・・・・・・・それは・・・」

ヤミ
「何だ?恥ずかしいの?思春期かオメーは」

ゲルドル
「これは何かの罠だ!!
私は汚名を雪(そそ)ぐ!!」

と、次の瞬間、魔導書を開き消えたゲルドル

アスタ
「・・・!?・・・消えた!?」

ゲルドルは透明魔法で逃亡を図ろうとしていた

ヤミ
「げ・・・逃げる気かよ
いよいよマジじゃないスか」

シャーロット
「マズイ・・・!
奴の透過魔法は一定時間姿が消え、一切の魔法を透過する」

ゲルドルの透過創成魔法 見えざる軍兵

シャーロット
「しばらくの間、奴は無敵だ・・・!!
だがこのまま逃がすワケには・・・」

ヤミ
「心配ねーよ」

ゲルドル
(そうだ・・・!!
私の魔法は無敵・・!!
この力で魔法騎士団団長にまでのしあがった!!
そして商取引で財を蓄え豪商にも成り上がった!!
この地位を得る為に汚い手も使った・・・!!
富と力両方を持つ偉大な魔導士・・・!!
私はこんなところで終わらない!!
何度でも蘇る!!
この魔法と!!
商才で!!)

E38396E383A9E38383E382AFE382AFE383ADE383BCE38390E383BC20E3838DE382BFE38390E383AC2055E8A9B156E8A9B1-2

その時、アスタが剣を振るいゲルドルの透明魔法を解除

アスタ
「そこだァ!!!!」

ゲルドル
「な・・・何だと・・・・!!?」

更にリルが絵画魔法【レストリクシオンの泉】で絵の泉の中にゲルドルを拘束

ゲルドル
「な・・・
何だと!?」

E38396E383A9E38383E382AFE382AFE383ADE383BCE38390E383BC20E3838DE382BFE38390E383AC2055E8A9B156E8A9B1-3

この状況下でもぐっすりと眠っているドロシー

ドロシー
「ぐーぐーぐーぐぐぐーぐ」

ヤミ
「テメーは寝てんのかよ」

ウィリアム
「皆・・・
そのぐらいにしておこう
何者かに魔法で操られている可能性もある」

E38396E383A9E38383E382AFE382AFE383ADE383BCE38390E383BC20E3838DE382BFE38390E383AC2055E8A9B156E8A9B1-5

ゲルドルに近づく一同

ユリウス
「では、色々と聞かせてもらおうかな
ゲルドル・・・!」

ゲルドル
「・・・!!」

E38396E383A9E38383E382AFE382AFE383ADE383BCE38390E383BC20E3838DE382BFE38390E383AC2055E8A9B156E8A9B1-4

~ブラッククローバー 56話 ネタバレ 確定57話の展開は?に続く~

随時追加更新


スポンサード リンク

 - ブラッククローバー