フェアリーテイル 511話 ネタバレ 【スティングvsラーケイド】最新確定ネタバレ

      2016/11/20

FAIRY TAIL強さランキングはこちら
エルザとジェラールの関係性はこちら

 

フェアリーテイルネタバレ最新話情報です☆

 

表紙

「待ち人を待つミネルバ」

0

 

待ち時間・・・・・・その時の気持ちが2人の距離感♪

 

~511話 フェアリーテイル ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料~

 

~前回のハイライト~

 

ラーケイドに飛び蹴りを放つスティング

スティング
「待たせたな」

7

ユキノ
「スティング様・・・」

レクター
「スティングくーん・・・」

フロッシュ
「わぁ」

スティング
「随分とウチのギルドのモンが
世話になったみてーだな」

ラーケイド
「また僕の前に立つ
やれやれ・・・
愚かな・・・」

左拳を振るうスティング

ラーケイド
「そんな攻撃効くとでも?」

白い触手をスティングへと放つラーケイド

スティング
「!!」

ユキノ
「スティング様!その攻撃は・・・」

ユキノの心配をよそに白い触手を食べているスティング

ラーケイド
「!」

スティング
「何だコレ・・・
変な味・・・

つーか・・・
なんか気持ちイイな

オレに”白いもの”は効かねえ
白竜のドラゴンスレイヤーだからなァ」

ラーケイド
「・・・」

スティング
「アンタなんか気にくわねえな
ナツさんと同じ匂いがする」

8

 

 

ネタバレ フェアリーテイル 511話『空腹地獄』

 

向かい合うラーケイドとスティング

スティング
「何者なんだアンタ
何でナツさんと同じ匂いが」

レクター
「その人も”ドラグニル”の姓を
持ってるんです」

ユキノ
「正確にはナツ様は
ゼレフの弟であり・・・

目の前の方は
ゼレフの息子だと・・・」

スティング
「あ?意味がわからねー」

フロッシュ
「フローもわからない」

スティング
「いや・・・今の話が本当だとしたら

ナツさんとこいつが
同じ匂いなのはおかしい
ゼレフと同じ匂いならわかる

けど実際にはナツさんとゼレフは別の匂いだ」

カグラ
「・・・・・・」

スティング
「人の匂いってのは
兄弟でも親子でも違う

けどコイツの場合はあのナツさんと”同じ”匂いなんだ」

ラーケイド
「それはある意味
ナツもゼレフの子だからね」

スティング
「!!」

━━━━━━━━━━━━━━━-

直後 白い触手をラーケイドが
スティングに向けて発射する

しかしスティングはその白い触手を全て食べて吸収する

ラーケイド
「!!」

スティング
「言ったろ?オレに
”光”や”白い”ものは効かねえ」

そう言うとラーケイドに向けて反撃するスティング

スティング
「”ホーリーレイ”!!」

ラーケイド
「くっ!」

ft511-1

スティングが技を放ってすぐに
ラーケイドの目前まで間合いを詰める

スティング
「”ホーリーノヴァ”!!」

ラーケイド
「ぐぁっ」

ft511-2

吹っ飛ばされつつも余裕の表情を浮かべているラーケイド

ラーケイド
「なかなかやっかいな相手だ
だが・・・”悪食の魂”」

ft511-3

無数のお札がスティングに襲い掛かる

スティング
「!!」

━━━━━━━━━━━━━━━-

直後 急にスティングの腹が
ぐうううぅぅぎゅるるるるっと
鳴り始める

スティング
「うお・・・」

ユキノ
「スティング様!」

ラーケイド
「この空腹感には耐えられない」

スティング
「ああ・・・力が・・・出ねえ・・・」

背中の巨大な十字架を
スティングに投げるラーケイド

スティングが十字架を喰らい
吹っ飛ばされる

スティング
「ぐあああっ!!」

レクター
「スティングくーん!!」

スティング
「レクター・・・」

レクター
「スティング君!!
スティング君!!」

ぼやけていくスティングの視界

次第にスティングはレクターが肉の塊に見えて来る

ft511-4

目をグルグル回しながら
涎を垂らすスティング

スティング
「ハァ・・・ハァ・・・
うまそうだなァ・・・」

レクター
「しっかりー!スティング君!」

ユキノ
「スティング様!!
一体どうされたのですか? 」

カグラ
「おい・・・目つきがおかしいぞ」

スティングの目には
ユキノとカグラの姿が
アイスと団子に見えている

ラーケイド
「さあ 召し上がれ」

直後 スティングが
レクターにかじりつく

レクター
「スティング君やめて!!
ボクですよ!!
レクターですよ!!」

スティング
「肉だ!!これは肉だ!!」

1

カグラ
「目を覚ませ!!」

その時 カグラの左肩に
ユキノが噛み付いてくる

カグラ
「ユキノ!!」

ユキノ
「私・・・お腹が空いて・・・
お腹が空いて・・・」

目がグルグルしているユキノ

カグラ
「ユキ・・・ノ・・・」

2

カグラも目がグルグルになり
ユキノの右肩に噛み付く

ユキノ
「う!」

スティングがレクターの頭に
レクターがスティングの腕に
噛み付いていく

ユキノ カグラは
互いの肩に噛み付く

その様子を静かに見守っているラーケイド

ft511-5

 

━━━━━━━━━━━━━━━-

フロッシュも目をグルグルしている
お腹を鳴らし 涎を垂らしているが
フロッシュは誰にも噛みつかない

ラーケイド
「・・・・・・」

必死に空腹を我慢しているフロッシュ

ft511-6

スティング&レクター
「!!」

フロッシュの言葉に
反応するスティングとレクターが
互いに噛むのを止める

スティング
「くああっ!」

レクター
「ボクもお腹空いてるけど
スティング君になら・・・」

スティング
「レクター!スマン!」

突如レクターを
殴って気絶させるスティング

レクター
「がぷ!!」

スティング
「ユキノもカグラもスマン!!
フロッシュも!!」

フロッシュ
「あう」

次々に殴り全員を気絶させていくスティング

3

スティング
「はぁ・・・はぁ・・・
こうするしかねえ・・・
空腹をこらえるには・・・」

ラーケイド
「へえ・・・でもアナタの空腹は
どうするつもりで」

スティング
「お前を喰う!!」

スティングが殴りかかるが
ラーケイドは簡単にその攻撃をかわす

スティングは勢いのまま前に倒れてしまう

ラーケイド
「空腹では力が出ないでしょう」

スティング
「それでもオレは・・・!!」

立ち上がり向かうスティング

ラーケイド
「無駄な事を」

ラーケイドが手刀を放つ
スティングが右脇腹に喰らう

4

スティング
「ぐはっ!」

しかしスティングは倒れない

スティング
「剣咬の虎(セイバートゥース)の
マスターだからな!!」

ラーケイド
「聞いた事もないギルドだ」

━━━━━━━━━━━━━━━-

次の瞬間 ラーケイドの十字架が
スティングの右胸に突き刺さる

ft511-7

ラーケイド
「妖精の尻尾でもないのに
でしゃばるのは止めて貰いたいな」

スティング
「妖精の尻尾(フェアリーテイル)の
為だからでしゃばってるんだよ!」

ラーケイド
「・・・」

スティング
「オレ達を変えてくれたギルドだから!!
ナツさんの為だから!!」

スティングがラーケイドの十字架を
引き抜いて立ち上がる

ラーケイド
「安心するがいい

そのナツの魂も
すぐに自由になるでしょう

この私が必ず殺すと
決めているからね」

━━━━━━━━━━━━━━━-

その時 倒れていたユキノが消え
そこにローグが現れる

スティング
「ローグ!?
お嬢のテリトリーか!!」

ローグ
「悪いがオレにも力が残ってない
お嬢の”デリバリー”だ
オレを喰え!!」

ラーケイド
「!」

スティング
「ローグ・・・お前」

ローグ
「腹減ってんだろ?
オレの残りの全魔力を・・・」

ローグが魔力を出し始める

ft511-8

スティング
「違う属性の魔法なんか喰える訳・・・
・・・!!喰うしかねえ!!」

バクバクと一気にローグの魔力を食べ尽くすスティング

ラーケイド
「人間には3つの欲がある
性欲・・・食欲・・・そして睡眠欲

私の与える最後の欲は睡眠欲
しかしそれは永遠の眠りを
意味する」

スティング
「ごちゃごちゃうるせえ!!」

その場に倒れ込むローグ

スティング
「アンタの匂いマジで気に入らねえ」

ラーケイド
「私はあなたのようなザコが
息をしている事が気に入らない」

スティング
「ローグ!力を借りるぞ!!」

ローグ
「行け 白影竜」

白影竜化したスティング

スティング
「燃えてきたぜ」

ラーケイド
「見せてやろう 抗えぬ欲の魔
”R・I・P(レスト・イン・ピース)”を・・・」

ft511-9

 

『白影竜のスティング』に続く

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

FAIRY TAIL強さランキングはこちら
エルザとジェラールの関係性はこちら

~フェアリーテイル 512話 ネタバレ 確定513話の展開は?に続く~休載無料

 - FAIRY TAIL