フェアリーテイル 501話 ネタバレ 【ディマリアに倒されたルーシィ&ブランディッシュ】最新502話

      2016/09/12

 

フェアリーテイルネタバレ最新話情報です。

 

”501話 フェアリーテイル ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料”

 

インベル
「全ては因果なのです
ENDを倒さぬかぎり
あなたは不幸に見舞われる運命」

グレイ
「言われなくてもオレがENDは倒す」

インベル
「むしろ倒せるのは
あなたしかいないのです

しかしあなたは
その正体を知らない・・・

END・・・
あの男こそが
ゼレフ書最強の悪魔

あなたの真の敵」

背景にはナツの姿

グレイ
「!?」

E38395E382A7E382A2E383AAE383BCE38386E382A4E383AB20E3838DE382BFE38390E383AC20500E8A9B1501E8A9B120E69C80E696B0-23

残酷なる”標”が欠けがえなき友情を引き裂かん!!

 

ネタバレ フェアリーテイル 501話『マリーとランディ』

ブランディッシュに言うナツ

ナツ
「お前もオレ達の道を塞ぐつもりなら
戦わなきゃならねえ」

ルーシィ
「お願い
ブランディッシュ
退いて」

ブランディッシュ
「・・・めんどくさい・・・」

するとナツが突然胸を押さえて苦しみだす

ナツ
「がはっ!!」

ft501-1

ルーシィ
「ナツ!!」

ハッピー
「急にどうしたの・・・」

膝をつくナツ

ナツ
「うう・・・
何だ・・・
コレ・・・
あああああ!!」

ルーシィ
「ナツ!!
しっかりして!!」

ナツ
「うう・・・」

苦しみながら地面に倒れ込むナツ

ブランディッシュ
「何とか腫瘍を小さくしたのは私よ
それを元に戻したの」

ルーシィ
「何でそんな事!!」

ブランディッシュ
「何で?
そいつは私達の脅威だからよ」

ft501-2

ハッピー
「ナツを苦しめないで!!
ブランディッシュやめてよ!!」

ブランディッシュ
「あなた達は敵」

ルーシィ
「あたし達はきっと友達になれる!!
敵じゃない!!」

ブランディッシュ
「それはあなたと私の母の話

私達は別の国で育ち
別々の目的をもって対峙している

確かにあなたにもう怨みはない
だけどこのままじゃ私は

どうしたらいいのか
分からないのよ!!」

ルーシィ
「・・・」

 

 

ブランディッシュ
「ルーシィ
めんどくさいから
ちゃんと白黒つけたいの」

コートを脱いでいくブランディッシュ

ルーシィ
「・・・もしもあたしが勝ったら
ナツをまた治すって約束してくれる?」

ブランディッシュ
「ルーシィ
違うわよ
白黒って私とあなたが戦う事じゃないわ

私があなたを殺して決別するの
少し情に流された自分と」

ハッピー
(何だこの魔力・・・)

ブランディッシュ
「あなたに勝ち目なんか
少しもある訳ないじゃない」

ルーシィ
「約束しなさいよ!!」

ブランディッシュにハイキックを繰り出すルーシィ
それを片手で止めるブランディッシュ

ブランディッシュ
「いいわよ
勝てる訳ないし」

ルーシィの腹部を蹴るブランディッシュ

ルーシィ
「がはっ!!」

ハッピー
「ルーシィ!!」

ルーシィ
「開け!!
天蠍宮の扉!!
スコーピオン!!」

スコーピオンを召喚するルーシィ
同時に衣装がチェンジする

ルーシィ
「スコーピオン!!」

スコーピオン
「ウィーアー!!
ルーシィ行くぜ!!」

ルーシィ
「OK!!」

スコーピオン
「サンダーバード”改”!!」

ブランディッシュ
「!!」

尻尾から砂嵐を放つスコーピオン

砂嵐の中を移動してブランディッシュに攻撃するルーシィ

ft501-3

ブランディッシュ
「あ あ あ あ あ!!」

ルーシィを小さくしようとするブランディッシュ

ブランディッシュ
「コマンドT縮小!!」

どんどん小さくなっていくブランディッシュ

ルーシィ
「わっ!」

スコーピオン
「ルーシィ!!」

ブランディッシュ
「握り潰してやるわ!!」

ルーシィ
「うっ!
キャンサーフォーム!!」

ft501-4

ブランディッシュの掌を斬るルーシィ

ルーシィ
「それっ!!」

掌から逃れたルーシィがブランディッシュの体を切り刻んでいく

ブランディッシュ
「うっとおしい!!
元の大きさに戻れ!!」

指を鳴らしてルーシィを
元の大きさに戻したブランディッシュ
しかし目の前には既にルーシィの姿が消えていた

ブランディッシュ
「!消え・・・」

ブランディッシュの頭上に跳躍していたルーシィ

ルーシィ
「アクアメトリア!!」

ブランディッシュ
「あ あ あ あ あ!!」

ft501-5

ハッピー
「すごい!!」

スコーピオン
「大地を波のようにうねらす魔法さ
オレの彼女(アクエリアス)のな」

ブランディッシュ
「コマンドT”縮小”」

ルーシィの魔力を圧縮していくブランディッシュ

ルーシィ
「あたしの魔力が圧縮された!?」

ブランディッシュ
「あなたと12(私)とでは
魔力の質が違いすぎる!
コマンドT ”拡大”!!」

吹き飛ばされるルーシィ

ナツ
「ル・・・」

立とうとするが立てないナツ

ハッピー
「ナツ!!」

ナツの体に触ったハッピー

ハッピー
(体が冷たい・・・!!
ナツの炎が消えちゃう)

ルーシィ
「あたしよりあんたの方が強いのは認める
でも負けられないのよっ!!

本当はあんたとだって闘いたくない!!
それでもあたしがやらなきゃ!!

ナツを守るんだから!!」

ブランディッシュ
「・・・」

そこへディマリアが登場

ディマリア
「もういい
茶番はその辺にしておきな」

ブランディッシュ
「マリー」

ハッピー
「また増えた・・・」

ルーシィ
「茶番って何よ!!」

ディマリア
「ランディは最初からその男もお前も
殺すつもりはないって事だよ」

ルーシィ&ハッピー
「!?」

ブランディッシュ
「・・・」

ディマリア
「腫瘍を元に戻した?

アンタなら内蔵を拡大して
人体をぶち破って殺せる

その女も小さくして
踏み潰せば終わりだ

なぜそうしない

私が見てるのに気付いて
”負けるフリ”をする
つもりだったんだろ?」

ブランディッシュ
「・・・」

ルーシィ
「え・・・」

ディマリア
「ランディ
お前はもうダメだ」

ブランディッシュ
「やめ・・・
て・・・!!」

カチッと歯を噛んで時を止めたディマリアがブランディッシュの腹部を切り裂く

ft501-6

時が動くと同時にブランディッシュが血を吐きながら倒れていく

ルーシィ
「いやぁあああっ!!」

ハッピー
(一瞬・・・
で・・・)

ディマリア
「お前か
私のランディを壊したのは」

再びカチッと歯を噛むディマリア
次の場面ではルーシィが地面に倒され
ディマリアに頭を踏まれている

ルーシィ
「がふ!!」

ディマリア
「小娘 簡単に死ねると思うなよ」

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20501e8a9b1502e8a9b120e69c80e696b0-12

泣きながらルーシィを睨んでいるディマリア

 

『メイビスとゼーラ』に続く

 

随時追加更新


スポンサード リンク

~フェアリーテイル 502話 ネタバレ 確定503話の展開は?に続く~

 - FAIRY TAIL