フェアリーテイル 478話 ネタバレ 【ジェイコブがシャイボーイであることが確定!】

      2016/03/20

フェアリーテイルネタバレ最新話情報です。

478話 フェアリーテイル ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

扉絵は釣りをしているナツたち。

笑顔が"日常"です♪

 

ゼレフを守る12の盾、ジェイコブ。
その強さは本物ですが、なんとめっちゃシャイボーイであることが判明!!!

マジか!

ft478-3

↑目を閉じてプルプルと小刻みに震えているジェイコブさん。

 

フェアリーテイル478話ネタバレ

ジェイコブが地下にいたルーシィたち以外を一瞬で消す。

そこへ復活したナツがジェイコブに猛突進。
炎をまとった蹴りをかますナツ。

ナツ
「行くぞォ!!」

防御するジェイコブ
「炎!?燃えてきたぜ」

ナツ
「それはオレのセリフだ!!」

しかし逆にジェイコブのパンチをくらうナツ。
ナツは吹っ飛ばされた先の柱を蹴ってジェイコブに突っ込んでいき腹に一発やりかえす。

ジェイコブ
「うぶ」

しかしジェイコブは倒れずにナツの首に手を回して床に叩きつける。

ナツ
「ぐほっ
ギルドを壊すんじゃねえよ
あれ?」

いつの間にか姿が見たらないジェイコブ。
見た目だけではなく、気配そのものが消えている模様。

ナツ
「どこだ!?」

ジェイコブ
「ここだ」

ナツに背後から打撃をくらわすジェイコブ。
すぐに後ろを振り返るナツだったがまたしてもジェイコブの姿はない。

ナツ
「くっそー!!
また消えた!!!」

メイビス
「ステルス・・・
完全透明迷彩
あう」

メイビスの頭に足を乗せるジェイコブ。

ナツ
「初代!」

ジェイコブ
「それだけじゃない
視えないものも視える
つまりこの幽霊もな」

ナツ
「てめえ足を・・・」

またしても姿を消すジェイコブ。

ルーシィ
「視えてないだけ
消えた訳じゃない!!
”実体” はあるのよ
ロキ!!」

召喚されるロキ
「ああ!!
獅子光耀!!」

周りに光を放つロキ。

ジェイコブ
「ぬぉ!!」

ロキ
「そこだ!!」

ft478-1

顔にパンチをくらったジェイコブ
「こいつはやっかいだ」

間合いの外からロキに向かって腕を動かすジェイコブ。
するとロキが吹き飛ばされる。

ルーシィ
「ロキ!!」

ロキ
「何だ・・・
今のは・・・」

不敵な笑みを浮かべるジェイコブ。
さらに両腕を動かすジェイコブ。

すると見えない攻撃がナツたちを襲う。

ナツ
「うあ」

ルーシィ
「きゃあ」

ハッピー
「これは・・・」

メイビス
「視えない武器・・・!?」

ジェイコブ
「消す・・・
消える
視える・・・
視せない
これがオレの魔法さ」

ft478-2

今度はナツの方に腕を動かすジェイコブ。
両腕を前にして防御の体勢をとったナツだったが攻撃はルーシィへと向かう。

ナツ
「ルーシィ!!!」

ルーシィ
「あああぁあああ」

ジェイコブ
「お前への飛び道具だと思ったか?
実は後方への鞭だ」

メイビス
(やはり強い・・・
これがゼレフを守る12の盾・・・)

ジェイコブに果敢に向かっていくナツ。
しかしまたしてもジェイコブが姿を消す。

そして背後に現れたジェイコブによって俯せに押さえつけられるナツ。

ジェイコブ
「今からお前に地獄というものを見せてやろう
よーく見るんだ
目の前の女を」

するとルーシィの服がみるみる透けていく。

ルーシィ
「やめて・・・
ちょっと・・・」

ナツ
「・・・」

ロキ
「おほ♡」

ジェイコブ
「服を視えなくしてやったぞ!
どうだ!」

ナツ
「・・・・・・・・・・・」

下着姿のルーシィ
「いやあああああああああっ
ちょっと!
元に戻しなさいよ!」

ロキ
「もうちょっと多めに消す事は」

ルーシィ
「ロキ閉門!!」

唖然とするメイビス。

ジェイコブ
「これぞまさに地獄!!」

ルーシィ
「あたしがねっ!!」

ナツ
「・・・・・・・・・・・これのどこが地獄なんだ・・・」

ジェイコブ
「お前・・・
目の前に下着姿の女がいるんだぞ!!
照れるだろ?
焦るだろ?
つーか目のやり場に・・・
困り・・・
地獄の・・・」

ナツ
「うっすーい服いつも着てるしなァ」

ジェイコブ
「お前・・・
なんてハレンチな事を・・・」

ルーシィ
「アンタ何言ってんのよ」

と、ここで何かに気づいたルーシィ
「アンタ・・・
何その顔」

そこには目を閉じてプルプルと小刻みに震えているジェイコブの姿。

ft478-3

ジェイコブ
「何って・・・
そりゃ・・・
見る訳にもいかんだろ
この技は相手を苦しめるのと同時に自分にもダメージがある諸刃の剣といえよう」

何か閃いたナツ
「!!!ルーシィ!
やめろ!
自ら脱ぐんじゃねえ!!
うわっ
チチが見えちまう」

ジェイコブ
「なっ」

耳打ちするハッピー
「ナツに合わせよう」

ルーシィ
「・・・・・そ・・・そうね・・・」

依然として唖然としているメイビス。

ジェイコブ
「何を考えている
オイ!!
女子たるもの人前で・・・」

ナツ
「素っ裸になったー!!
うわー」

ルーシィ
「もう怖くないわ!
こうなったらヤケよ!」

ナツ
「うほぉ柔らけぇーっ」

ルーシィ
「やめて〜ナツぅ♡
いやーん」

ジェイコブ
「乱れてる!!
乱れてるぞ青少年!!」

メイビス
(これは・・・)

ジェイコブ
「ええーい
この作戦は失敗だ!!」

ルーシィの服を戻して目を開けたジェイコブを待ち伏せていたナツとルーシィ。

ルーシィ
「レグルス・・・」

ナツ
「火竜の・・・」

ルーシィ
「ルーシィキィーック!!」

ナツ
「鉤爪!!」

吹き飛ばされるジェイコブ
「ぐおおお」

ft478-4

ジェイコブ
「ガキが・・・
大人を怒らせたな」

ft478-5

メイビス
(・・・見つけた・・・!!
ゼレフを倒す方法を!!)

~フェアリーテイル 479話 ネタバレ 確定480話の展開は?に続く~

随時追加更新

以下未確定ネタバレ

殺し屋ジェイコブのナイフを溶かしたナツ。

凄い熱と驚くルーシィだったが、対するジェイコブは涼しげな顔。
ジェイコブは隠し持っていた武器を「おれにはこんなもの必要ない」と、ぽいぽい捨てていく。

その言葉と共に"消える"ジェイコブ。

ナツ&ルーシィ「!!?」

ハッピー「消えた!?」

周囲を見回すが、ジェイコブの姿はなく、しかも気配そのもの自体が無くなっている様子。
キョロキョロしているナツが急に吹っ飛ばされる。

見えないジェイコブに吹っ飛ばされて倒れるナツ。
ナツはさらに蹴り飛ばされ、ルーシィとハッピーも見えないジェイコブから攻撃を受ける。

適当に反撃するナツ。
しかし攻撃は全く当たらない。

ジェイコブ「これがオレの能力さ・・・驚いたか?」
「姿も気配も消し、お前らはオレを認識することすらできない」
「そう、まるでステルス機のようにな」

どこから声が響いているのかすらわからないナツたち。

やられ放題のナツだが、適当に放った炎がほんの少しゆらいだのを見逃さなかった。
ハッピーにルーシィを連れて上空に飛ぶように言うと、今までにない大量の炎を吐き出す。

地面が焦げて一部マグマになるほどの激しい炎でジェイコブが焼かれる。

ナツ「見えねーなら、空間まるごと焼き払うだけだ」

炎のナツ、完全復活!! "FT(フェアリーテイル)"反撃の序章が始まる!!


スポンサード リンク

 - FAIRY TAIL