フェアリーテイル 最強登場キャラクター強さランキング決定版2016!!

   

~フェアリーテイル 最強登場キャラ強さランキング一覧まとめ~

 

フェアリーテイルの登場キャラクターをいろんな角度から考察し強さを決めランキング形式にしてみました。

まだまだ明かされていない秘密や強さなど、ネットの情報や作品の中から徹底的に拾い集めて順位をつけてみましたので、ぜひお楽しみください!!

 

 

10位 ラクサス・ドレアー

2f0afd2cf17879b3eeaa5cc6d6d087ba-226x300

マカロフの実孫で闇ギルド「大鴉の尻尾」のマスター・イワンを父に持つ。
現在23歳で、S級魔導士。
左胸の下に黒い紋章がある。
好きなものは最強、嫌いなものは弱者。

逆立った金髪で右目に傷がある大柄な男で普段はヘッドフォンを付け、葉巻を吸っている。
電撃で相手の身体を麻痺させたり、自身を強化して高速で移動する雷属性の魔法を操り、他の雷の魔法にも耐性を持つものの、ナツ同様乗り物酔いをする。

収穫祭の直前に「バトル・オブ・フェアリーテイル」を開催、マスターの地位の簒奪を目論む。

 

 

9位 ジュラ・ネェキス

437a601ff9265c1454ca492e24250aef-287x300

スキンヘッドが特徴の大柄な男で「岩鉄のジュラ」とも呼ばれる聖十大魔道の一人。
古風な口調で話し、一人称は「ワシ」で二人称は「?殿」。
好きなものはギルドで嫌いなものはえんどう豆。

リオンやシェリーからも慕われていて、ギルド外でもかなり名を知られておいる。ニックネームの通り、岩や大地を操る魔法を使う。
7年後には長い髭を生やしており、聖十大魔道としての強さも最下位から序列5位にまで上がっている(オーバ曰く「人類最強の魔導士」)。

大魔闘演武3日目では魔力測定器を用いた競技にて2位の結果を叩き出した実力も持つ。
アルバレス帝国との戦いの際、一番の脅威であったイシュガルの軍をウルフヘイム、ハイベリオン、ウォーロッドと共に迎え撃つが、イシュガルを裏切ったゴッドセレナ一人にまったく歯が立たず、為す術もなく敗れてしまう。

 

 

8位 ギルダーツ・クライヴ

493f03ef6057e8cd775a1f301532d2c4-300x243

ラクサスやミストガンと共に「妖精の尻尾」最強の男の候補の1人

現在45歳で、S級魔導士。
左胸に黒い紋章がある。
好きなものはギルド、嫌いなものはイワン・ドレアー。

オールバックの髪型に髭面が特徴の中年男性。
S級試験ではナツと対戦し、強力な魔力でナツを降参に追い込むが、逆に「自ら負けを認めるのもまた勇気」と評価し一次試験を合格させた。

3年にわたって100年クエストに挑むも、遂行中に黒い竜と遭遇し、左手足を失うほどの重傷を負った。

 

 

7位 星霊王

community_header_05-8

星霊界の最高権力者で星霊界の司法を司る。
見上げるほどの巨体で立派な髭を生やしており、その姿を見たルーシィからは「ヒゲオヤジ」と呼ばれた。
星が刻まれている大剣を武器に持っていて、一撃で冥王獣を破壊するほどの実力を持つ。

星霊界最強の星霊で、契約者との絆の深い黄道十二門の星霊の鍵を犠牲にする「代償召喚」を行うことで人間界に召喚される。

 

 

6位 ハデス

110c20a61cc411d8ee33978d105e8467-300x237

「悪魔の心臓」マスター。
長い髭を生やした右目に眼帯を付けている長身の老人。
最初のころは大きな二本の角が付いた兜を被っていたが、その正体は「妖精の尻尾」の二代目マスター・プレヒト・ゲイボルグで、マカロフにマスターの座を譲った張本人 でもあります。

戦艦の心臓たる動力部と魔力を共有しており、圧倒的なまでの大魔力と長寿を有しながらナツ・ドラグニルを追い込めたが、戦艦に潜入したハッピーとシャルルに心臓を壊された。
また、魔法以外にも手から鎖を放ったり、指先から弾丸を撃つこともできる他、自分の「悪魔の眼」を通して周囲の状況を知る能力も持っています。

敗北後戦艦にもどったハデスは、ゼレフによって殺されることとなりました。

 

次からは5位の発表!

 

5位 END(イーエヌディー)

end

「冥府の門」マスターにしてゼレフ書最凶最悪の炎の悪魔。
アトラスフレイムによると、400年前の竜王祭でイグニールが破壊を試み失敗したとのことだが詳細は明かされていない。

元々は普通の人間だったが生まれて僅か数年で一度この世を去ッタが、ゼレフによって保管されていたナツ自身の肉体を使い最後で最強のエーテリアスとして創造、蘇生されている。
ゼレフからは「自分を壊してくれる存在」と称されているがナツ自身はゼレフとの関係を一切知らない。

現在は一冊の魔法書に封印されており、マルド・ギールによって守られているが、フェイス破壊後にゼレフに本を持っていかれてしまった。

 

 

4位 マルド・ギール

%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%83%ab

「冥府の門」の副官的存在。
別名「冥王 マルド・ギール」とも呼ばれ、紫髪のポニーテールが特徴の美青年の姿をしている。
自身の戦闘中でもENDが封印されている本を常に持ち、手放すことは滅多にない。(封印されたマスターに変わり代理としてギルドを率いている。)
封印されたENDを復活させるためにフェイスによる大陸中の魔力の消滅を目論み、ナツとグレイと戦いを繰り広げた。

冷静・冷酷な性格をしており、エルザを痛めつける遊びをしていたキョウカのせいで自分自身が不快な思いをしたというだけで罰を与えたほど。
星霊王と会話した時の様子から過去には因縁がある描写がある。

 

 

3位 イグニール

image-110

ナツに滅竜魔法や文化、言葉を教えた火竜。
種族は違えどもメタリカーナからも「彼ほど勇敢で人間を愛した竜はいない」と評されているほどナツには確かな愛情を注いでいた。かつては「炎竜王」と呼ばれており、放つ炎のブレスは山をも吹き飛ばす威力を持っている。

X777年7月7日を境にナツの前から忽然と姿を消したが、実際にはかつてアクノロギアの滅竜魔法で他の四頭の竜と共に魂を奪われ「自分達の延命」「滅竜魔導士の竜化を防ぐ抗体を作る」「アクノロギアを倒す機会を窺う」という3つの目的でずっとナツの体の中に存在していた。

現在はどこかの火口に住んでいるようだが、グランディーネの来訪を禁じて人間への干渉を嫌うなど、外界とのコンタクトは全く見られていない。

 

 

2位 アクノロギア

03

全身に不気味な紫色の模様がある漆黒のドラゴン。
最も凶悪だったと言われる魔導士ゼレフ曰く「時代の終わりを告げる黒き竜」。
他の竜と同様に高い知性を有し、人間を虫ケラとしか考えておらず言葉を話さないが、作中ではイグニールとの戦いで初めて口を開いている。

ブレスは天狼島を消滅させるほどの威力があり、黙示録にはかつて国一つを滅ぼしたと示されているほど。また、詳細は不明だがグランディーネによると「魂」を抜き取る滅竜魔法を使うらしい。

霊峰ゾニアにてギルダーツを奇襲し、S級魔導士昇格試験編にて天狼島に突如出現し、ナツ達に攻撃を仕掛けてきた。その際、一切力を出しておらず、「遊んで」いただけであったほどの強さ。

 

 

1位 ゼレフ

community_header_failytail3

魔法界の歴史上、最も凶悪だったと言われる黒魔導士で、かつて黒魔法を崇拝する教団が彼のことを神と崇め、Rシステムにより復活を企んだ人物だが、実は不死の体の持ち主で400年間ずっと生きていた。

体は「アンクセラムの黒魔術」という古い「矛盾の呪い」に掛かっていて、命を尊く思うほど人の命を奪い魔法をうまく使えなくなる。 (命の重みを忘れれば、魔法を使うことができる。 )
作中では黒髪の青年の姿をしている。詳細や理由は不明だが何故かナツのことを知っており、「自分を壊してくれる存在」と称している。呪歌「ララバイ」はこのゼレフの作り出した黒魔法であり、アルカディオスによると彼がアクノロギアを竜に変えたとされる。

 

まとめ

END(イーエヌディー)の解釈が非常に難しく、順位をつけるのに大変困難を極めましたが、1位は安定のゼレフで間違いないのではないでしょうか。
この後も展開によっては順位の変動もありますのでフェアリーテイルから目が離せませんね!!

 



~次回考察へ続く~



スポンサード リンク

その他の関連記事一覧↓

以上、フェアリーテイル 最強登場キャラクター強さランキング決定版2016でした♪

 - FAIRY TAIL, 週刊少年マガジン