バキ道 119話 ネタバレ 【ピクル大ダメージッッ】最新確定ネタバレ

      2016/07/30

刃牙道強さランキング決定戦はこちら

 

バキ道ネタバレ最新話情報です。

 

【119話 バキ道 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ】

 

~前回のハイライト~

ピクルの剣をかわすと、手刀をピクルの左目へ打ち込む武蔵。

20160716134326852

悶絶しているピクルを尻目に、武蔵は悠々と地面に突き刺さった刀を掴む。

緊張の面持ちで見守る刃牙たち。

武蔵が改めて構えなおす。

 

武蔵
(『肉の宮』とはいえ)

涙を流すピクルだが、眼球は斬れてはいなかった。

怒りに任せて突進するピクル。
武蔵は全身の関節を狙っていく。

武蔵
(斬る箇所は幾らでも・・・・・・・・・
『角』を猟る!)

201607161343286ec

■これが剣士の闘り方ッッ!! ピクル大ダメージッッ!!

 

バキ道119話ネタバレ

■『肉の宮』が崩される・・・!?

角を斬られたピクル。
全身から血が噴き出していく。

20160725215348b39
斬られた場所を不思議そうに見ているピクル。
刃牙・徳川に渋川らが緊迫した表情で見守っている。

佐部
(やはり捕ったか・・・ッッ
角・・・・・・ッッ
両の肘と
両の肩―――――
加えて両の膝を捕った・・・ッッ
指捕りや脚きり同様
近代剣道には存在しない技術(わざ)
竹刀という『棒』ではなく
『刃物』が前提だからこそ存在する技術
これが剣術なのだ!!!)

 

独歩
(これが・・・ッッ
これが剣術なのだッッ
我々空手家が人前で『対武器』の技術を見せつける際のような―――――─
単純で―――――
ワカり易く―――――
“息の合った”剣など存在するハズもなく
いやらしく・・・
エゲツなく・・・
身もフタもない技術しか使用されない)

2016072521534671a
(それが本物(ものほん)の―――――
剣術ってもんだッッ)

静かに剣を眺める武蔵。

武蔵
「なんたることか
狙った角
ことごとく
斬り落としたハズが
深手を与えたのみ」

全身から血が流れ出ているピクル。

武蔵
「血が止まらんでいつしか気が遠のい武蔵の勝ち
ん~・・・
それは不細工だなぁ・・・
やはりここは―――――
左右か
上下か
前後か」

20160725215344ee9
「花の一刀両断だ」

刃牙
(俺が云うのも変だけど
思い知ったらいい
原始の肉体だ!!!)

武蔵
「発見(みつ)けたり
鋼の肉の宮を
豆腐の柔肌へ」

両手を広げる武蔵。

武蔵
「この武蔵を存分に食せ
食いに来い
ぴくる」

そういって武蔵がピクルを誘うが、ピクルは突っ立っている。

武蔵
「時間がないぞ
早くしろッッ」

その声に反応し、再び武蔵に突進していくピクル。
肩口に噛みつこうとするピくるを冷静に受け止めていく。

武蔵
(肉の宮が・・・
最大出力を発揮しようとする刹那・・・
する直前・・・
筋肉(にく)は・・・
鋼の直前
豆腐と化す・・・)

そして肩にピクルの牙が食い込んだ瞬間に武蔵が動く。

武蔵
(ここっっ)

20160725215345e4f
■喰い込む一閃ッッ!! 武蔵、どこを斬ったッッ!?

 

以下嘘バレ

ナレーション
「皮を裂かれ肉を食いちぎる・・・
幾度も経験した

奴の爪も奴の牙も奴の角も
関節だけを狙われた事はなかった

ピクルは武蔵に恐竜の影を
見る事をやめた

ただ純粋な強者として・・・」

立ち上がるピクル

武蔵
「圧が戻った・・・いや増した」

不敵に口角を上げる武蔵
ピクルは武蔵を見ながらよだれを垂らしている

 

ナレーション
「至高の餌・・・奴の手にある爪を殺る」

次の瞬間、勢いよく武蔵に飛びかかっていくピクル

武蔵
「たわけ」

ピクルの膝を斬りにかかる武蔵
ピクルはコンマ数秒、膝の力を抜いていた

刀が膝の中心ほどまで食い込む
そこで刀が抜けないように力を入れる

武蔵
「ッ!!」

そのまま膝を折り
地面に叩きつけ刀を折るピクル

ナレーション
「ピクルは左膝を捨てた
あの餌を喰らうためなら
足の一本惜しくない」

刀を奪った代償に左膝は
内側半分程度でつながっているだけ
しかしピクルは笑っている

武蔵
「天晴れなり!」

随時追加更新

 


スポンサード リンク

刃牙道強さランキング決定戦はこちら

~バキ道 120話 ネタバレ 確定121話の展開は?に続く~

 - 刃牙道