バキ道 116話 ネタバレ 【超特報有り巻頭カラー!アニメ化始動!】最新117話

      2016/07/05

刃牙道強さランキング決定戦はこちら

 

バキ道ネタバレ最新話情報です。

 

【116話 バキ道 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ】

 

~前回のハイライト~

本部が東京ドームの前で煙草を吹かしている。

そこに警官がやってきて、煙草を注意される。

警官
「あの・・・
ここでのおタバコはちょっと・・・」

本部
「はい!?」

昨年から都の条例で云々、喫煙所で云々と説明する警官。

本部は「あ ハイ」「いや・・・」「スンマセン・・・」とただただ謝るばかり。

20160627131148c75

そして警官を見送ると再び煙草に火をつける本部。

本部
(明日・・・・・・・・・)

20160627131150ef3

一方、地下闘技場。

相変わらず闘技場の隅で小さくなっているピクル。
やつれた顔でダラダラとよだれを垂らしている。

それを見ている闘技場のスタッフたち。

「6日目・・・・・・
飲まず
食わず
眠らず
野生のコンディション作り・・・・・・・・・
明日がベストだ」

201606271311513af
■ピクルさらに飢え究極体へ―――――――!!

 

ピクルと武蔵、いよいよ激突!?

 

20160704234052117s

25周年開幕、アニメ化始動!!!

 

バキ道116話ネタバレ

■再戦の地は、やはり・・・!!

ナレーション:
日本最大の屋内競技施設東京ドーム
この施設の地下深く―――――
人知れず存在するという

後楽園東京ドーム地下闘技場・・・

過去 “地上”に幾度か訪れた格闘技ブーム

そんな潮の満ち引きとは
無関係に、この会場はいつだって超満員
何故なら
会場へ招待される
選択(えら)ばれし会員達は確信(しん)じている
ここは『地上最強』を見られる場所・・・

一方、地下闘技場へと続く通路を歩いている徳川。
立ち止まり、リングの方から発せられる異様なオーラを感じ取っている。

徳川
「ここからも十分に伝わる」

(いつもと 変わらぬ熱気
そりゃそうじゃ
戦国期VS恐竜紀
ここは『地上最強』を見られる場所!!!)

ドアを開けた徳川が観客の少なさに目を見開く。
客席にはわずか20~30人ほどの人影しかない。

20160704234047fdes

徳川
「なんと・・・ッッ
なんとなんと・・・」

しかし徳川はその顔ぶれに驚いていた。

刃牙や独歩をはじめ、渋川に鎬兄弟。

20160704234048458s

徳川
(一目でそれとワカる風情・・・・・・・・
一目でそれとワカる手練れ感・・・・・・)

さらにガイアに加藤、海皇などなど。

徳川
「なるほどの・・・・・・
興味本位ではない 好奇心ではない
見届けることが
血と汗にまみれる
選択(えら)んだ生き方から自ずと導かれる責務(つと)め!!!
見たいのは『闘争い』であって『公開処刑』ではない!
見たいのは『勝負』であって『殺戮劇(ショー)』ではない!!」

刀を振りながら通路を歩く武蔵。

武蔵
(嘗めるな皆の衆・・・・・・ッッ)

その気配にピクルも気づく。

ナレーション:
Tレックス(ティラノサウルス)の天敵が・・・・・・!

2016070423404973cs


「くる・・・・・・」

武蔵がリングに登場するや否や、合図もなしにいきなり飛びかかるピクル。
それに武蔵が刀で応える。

武蔵
(おめおめと
ぶった斬られるタマか!!?)

振り出された刀はいきなりピクルの顔面を捉える。

20160704234051af4s
武蔵
(タマか・・・・・・・・・)

■え!? あ・・・・・・・・・ええ~~~~ッッ!?タマなのッッ!?

 

 

以下嘘バレ

ピクルと武蔵の決戦前夜、本部に呼び出された徳川

本部
「で、用件は?」

徳川
「明日の決戦、
お主に邪魔されたくないのでな」

本部
「別に邪魔する気はありませんよ
ただ、ピクルが武蔵に殺されると見れば救うだけです」

徳川
「どうやって」

本部
「一番簡単なのは狙撃・・・
次に爆弾・・・次が・・・」

徳川
「やめーい!」

本部
「なぜ?」

徳川
「歴史的対決じゃぞ!
邪魔するでない!」

本部
「御老公
あんたはただ血が見たいだけだ
そんなに見たけりゃ
自分の腹を切ればいい」

徳川
「なに!?」

本部
「いつまでも武蔵があなたの言うまま
おとなしくしてるとお思いか?
すでに何度か手刀や本身で
脅されてやしないか?」

徳川
「それは・・・」

本部
「武蔵がもしピクルを殺したなら
次はオーガを斬らせろと言いますよ
そうなればバキも黙っちゃいない」

徳川
「う、うむ・・・・」

その時、武蔵が登場

武蔵
「なら、お主を斬れば
ぴくるや勇次郎殿と死合うのに
邪魔する者はいなくなるのか」

徳川
「むっ、武蔵っっ!!!」

武蔵
「本気のぴくると死合っては
俺も無傷はすまんが、
負ける気はせんし、
それを邪魔する気であるならば
早々に斬ろうか」

本部
「・・・
今、ここで戦ってもわしは構わんよ
腕の一本、いや指一本でも折れば
ピクルの助けになる」

不敵な笑いを浮かべている武蔵

一触即発!?

随時追加更新


スポンサード リンク

刃牙道強さランキング決定戦はこちら

~バキ道 117話 ネタバレ 確定118話の展開は?に続く~

 - 刃牙道