ハンターハンター 353話 ネタバレ 【ヒソカとクロロの決着は?】最新354話

      2016/09/03

ハンターハンター強さランキングはこちら

 

ハンターハンターネタバレ最新話情報です。

 

【353話 ハンターハンター ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ】

 

~前回のハイライト~

クロロがさらなる3つの能力を披露!

“人間の証明(オーダースタンプ)”

”神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)”

”転校生(コンバートハンズ)”

また、”番いの破壊者(サンアンドムーン)”は、元々は流星街の長老の能力で、一度刻印されたら消せないということが判明した中、なおもクロロに挑戦するヒソカ!

クロロ
「説明は以上だ
挑発する訳ではなく
100%オレが勝つ
それでも続けるか?」

ヒソカ
「・・・・・・
勿論・・・♥」

その答えに少し物憂げな表情を浮かべるクロロ。
しかしすぐに表情を元に戻し、ヒソカと向き合う。

クロロ
(人とは
本当に 面白いな)

20160502213027373s-283x300-1-283x300

あるページに栞を挟むと同時に後ろへ飛んでいくクロロ。
すぐさまヒソカも後を追いかけていく。

クロロ
(“携帯する他人の運命(ブラックボイス)”)

ヒソカ
(“伸縮自在の愛(バンジーガム)”)

そのまま観客席のど真ん中まで後退するクロロ。
その後を追うヒソカ。

実況
『ッ・・・・・・戦闘再開です!!
これは・・・!?
逃げるクロロをヒソカが追って・・・
観客席・・・・・・
乱入────!!?』

ヒソカ
(近づき過ぎればアンテナが危険だが
距離をとり過ぎるのはクロロの思う壺・・・♠
しかし・・・
距離をつめると)

ひときわ巨体な観客の一人がクロロに操られ、ヒソカの前に立ちはだかる。

20160502213029890s
ヒソカ
(やはり・・・!
死角を作りにくる・・・!!)

立ちはだかる観客の股の下に、動く影を捉えるヒソカ。

ヒソカ
(クロロは左へ移動!)

一瞬で観客の両腕を捻じ折るとすぐに背後へ回っていく。

ヒソカ
「!!」

そこには控えていたもう一人の観客。

ヒソカ
(もう一人・・・!!
アンテナを2本とも使ったのか・・・!!)

一瞬でトランプを操り、観客を沈めるヒソカ。

逃げ惑う群衆たち。
そしていつの間にかクロロの姿が無くなっていた。

ヒソカ
(消えた・・・・・・!!

“携帯する他人の運命(ブラックボイス)”

栞で能力固定

“転校生(コンバートハンズ)”発動

左手で誰かに変身

栞を”転校生”に移動

本を閉じて潜伏

全く・・・
厄介だな・・・♠)

苛立ちつつも、楽しんでるような表情を浮かべるヒソカ。

 

勝者はどっちだ!?

 

ハンターハンター353話ネタバレ

混乱・・・!!

逃げ惑う観客たち。

「ひィィやぁあーーーー!!」

「うわぁああーーーーー!!」

ヒソカの周囲にはいくつもの遺体が転がっている。

ヒソカ
(アンテナがいつのまにかない・・・・・・♦
シャルのアンテナは実物のはず・・・?
釣り糸でも結んでおいて引き寄せたか・・・♣)

実況
『落ち着いて!!皆さん!! 冷静に行動してくださーーい!!
扉に殺到しますと大変危険です!!』

あちこちの目をやり、団長を探すヒソカ。
同じ格好の観客を見つけるが、会場内には同じ格好の観客が大勢いる様子。

ヒソカ
「神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)"を発動させている・・・!」
(ならば転校生は解除したはず・・・!
解除する前に誰かの服を奪って変装したか・・・♠)
どこにいる・・・!?)

とそこで、避難していたはずの観客がヒソカめがけて一気に飛び出していく。
目を見開くヒソカ。

実況
『これはァー!?
観客が!!?
ヒソカに!!?
襲いかかるゥーーーーーーーーーー!!!!』

襲い掛かる観客の額にはもれなくオーダースタンプの痕が。

ヒソカ
("神の右手悪魔の左手(ギャラリーフェイク)"のページを開く)


(栞で固定)

(大量のコピー製造)

("人間の証明(オーダースタンプ)"発動)

(「ヒソカを壊せ」と命令)

ヒソカ
「か・・・♦」

(天空闘技場ならば観客全員がボクの事を知っているからな・・・♣
首を切り離さなければ動きを止めない30体程の人形・・・♦
・・・いやクロロの速さならもっと作っているか・・・?
命令を受けていないだけで待機している人形がまだまだいるはず・・・!!
逃げまどう観客が減るまで様子を見るか・・・♦)

左手を天に掲げるヒソカ。

ヒソカ
(発動!!)

ヒソカは"伸縮自在の愛(バンジーガム)"を発動し、上方へと逃げる。

実況
『おおおっとヒソカが空高く跳んで回避!!』

ドドドドドドドドドドドドドド

ヒソカ
「!!」

ヒソカへと次々に押し寄せる観客たち。
互いの体を踏み台にして上空へ逃げるヒソカをさらに追いかける。

201605121325099c3

襲い掛かる観客たちを両足で蹴り上げ、右ひじで蹴散らしていくヒソカだが、背後にフッと影が現れる。

ヒソカが気配に気づくが、観客に扮したクロロはすでに真後ろで拳を構えていた。

繰り出したクロロの左腕を、肘で受け止めようとするヒソカ。
しかしクロロは腕を引くと同時に死角から蹴りを放つ。

後頭部にモロに蹴りを浴び、脳が揺れるヒソカ。

ヒソカ
(確実に・・・
左脇腹を破壊(とり)に来ていた!!
そこから・・・!!
攻撃を修正出来るのか・・・!!
素晴らしい・・・♡)

ズキュゥゥゥゥゥゥゥゥン

20160512132510c73

地面に叩き付けられたヒソカに人形たちが襲いかかる。
素早い動きで観客たちを蹴散らしていくも、止まらない彼らに次々に捕まれるヒソカ。

ヒソカ
(やはり完全に首を切り離さないと止まらない・・・♠
何の感情も無い分余程人間よりも面倒だな♠)

人形を薙ぎはらうヒソカだが、そこに背後から団長の蹴りが飛んでくる。
またしても後頭部に重い一撃を食らうヒソカ。

ヒソカ
(確実に当てられる時だけを狙っている・・・!
あわよくば致命傷も狙うヒットアンドウェイ♥
しかも人形の密集している方へ追い込める様に・・・♥
冷徹だね♥)

さらにヒソカへと群がる観客たち。

ヒソカ
(奴は今の人形を操作しながら新たな人形を増やす事は出来ない・・・!
地道に一体ずつ減らすしかないな♦)

観客を闇雲に蹴散らす作戦から、一体一体確実に首を斬りおとす作戦に切り替えるヒソカ。

次々に首を斬りおとすが、背後の観客に頭を鷲掴みにされてしまう。

その観客を蹴り飛ばすヒソカ。

クロロ
(どうしても1動作増える事で次に2手遅れる・・・!!
一度立て直さざるを得ないだろ?
そこを削る)

今度はヒソカの脇腹を蹴り抜くクロロ。
またしてもダメージを追うヒソカ。

次々に襲いかかってくる人形たちを蹴散らしつつ、その奥にクロロの影を見るヒソカ。
首を落としつつクロロを追っていくも、クロロはいつの間にかヒソカの頭上に。

クロロに気付くヒソカ。

ヒソカ
(動きは読まれてる・・・!
から・・・♥
"伸縮自在の愛(バンジーガム)"発動♥
縮め!!!)

さきほど斬りおとした人形の首を引き寄せるヒソカ。
高速で首がクロロに迫るが、それを難なくクロロがかわす。

クロロ
「ちゃんと視てたよ」

クロロはそう言うとヒソカの顔面を思いきり踏みつぶしていく。

しかし次の瞬間、先ほど避けたはずの首が再度飛来し、クロロの顔面を直撃。

ヒソカ
「知ってる♥」

201605121325130a8

死角から!?

 

以下嘘バレ

ヒソカ
「目的の為ならスタイルには
拘らないか・・・」

ヒソカ
(この林(観客)の中から
どう木の葉(クロロ)を探すか
下手に動くのは
自ら罠に飛び込むようなもの・・・
・・・いいんじゃない、それ◆)

そうニヤリと笑うと、観客の中に自ら飛び込んでいき、手当り次第殺していくヒソカ

観客
「マジかよ!?」

逃げ惑う観客たち

そしてクロロに操られている観客たちは一斉にヒソカへと襲いかかる

ヒソカはバンジーガムで死体をくっつけ、操られている観客へ投げつけて反撃

襲ってくる観客の手元を凝視しているヒソカ

ヒソカ
(手には転校生のマークはない
ただの陽動か?それとも・・・)

一旦距離を置くヒソカ

ヒソカ
「やっと鬼ごっこから
解放されたと思ったら、
次はかくれんぼかい?」

シルエットだけのクロロ
「・・・」

ヒソカ
「・・・久しぶりに会えたのに
だんまりとは悲しいねぇ◆
せっかくキミ(クロロ)が
カード(能力)を晒したんだ
ここはボクもボク自身の
能力を晒すよ」

瓦礫をガムでくっつけ、ブランコみたいにぶらぶらさせて見せるヒソカ

ヒソカ
「これがボクの能力、
”バンジーガム(伸縮自在の愛)”
ゴムとガム両方の特性を併せ持つ」

ぐるぐる回した瓦礫を観客席へ放り投げる

ヒソカ
「・・・さらにもう一つ◆
”ドッキリテクスチャー(薄っぺらな嘘)”
これはボクの十八番でね、
肌の色や質感も自由に作り出せる」
ほら・・・この通り◆」

クロロ
「・・・」

自らの脇腹に月の刻印を貼るヒソカと、シルエットだけのクロロ

クロロ
(ヒソカが敢えてこの能力
(薄っぺらな嘘)を晒したのは・・・
俺自身にもその刻印が
本物かどうか迷いを生じさせ、
隙を作るための下準備
奴(ヒソカ)の狙いは確実に
刻印を押させるため、
俺自身を誘い出すこと!!
つまりは・・・)

一勢にヒソカに襲いかかる無数の観客

ヒソカ
(いつの間にこんな!?)

次々に観客の首を切断して、ある一点に向かって行くヒソカ

クロロ
(流石に人形では無理か・・・
・・・・・・・・・!?)

するとヒソカが突然消え、現れたかと思うと、ある観客の喉元にトランプを当てている

ヒソカ
「見ぃ~つけた◆」

随時追加更新

 


スポンサード リンク

ハンターハンター強さランキングはこちら

~ハンターハンター 354話 ネタバレ 確定355話の展開は?に続く~

 - HUNTER×HUNTER