ハイキュー 215話 ネタバレ 【影山の合宿の様子】

      2016/08/02

ハイキュー!!ネタバレ一覧はこちら

 

ハイキューネタバレ最新話情報です。

 

【215話 ハイキュー ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ】

 

 

~前回のハイライト~

場面は全日本ユース強化合宿。

ha214-5

2年のセッター・宮侑がトスを上げる。

スパイクを拾う2年のリベロ・古森元也。

しかしボールはネットを越えそうな感じで飛んでいく。

古森
「アリャッ」

手を伸ばしてトスする影山。

景山
「ふんっ」

古森
「サンキュー!」

佐久早がストレートにアタック。

レシーブされるが、ボールはネットを越えていく。

影山
(叩ける・・・!)

ha214-6

ダイレクトで打つ影山の前に2年のウイングスパイカー・星海光来がブロックに跳んでくる。

影山のダイレクトは弾かれ、古森が飛びついてなんとか拾う。

ha214-7

日向に上げるようなトスをする影山。

しかしボールは誰もいない所に落ちる。

影山
(やべ)

古森
「まあまあ
最初だし?」

影山
「クセでつい すんません」
(ついいつもの感じでやってしまった)

“このくらい” 入って来て当然だろ、と言わんばかりのセットアップにウイングスパイカーの佐久早と星海はピクッとする。


「フッフ」

監督の雲雀田
「イイね〜」

 

ハイキュー215話ネタバレ

『音』

 

練習後、夕食をとる選手達。

ha215-1

影山のテーブルに座る千鹿谷英吉(埼玉の森然高校1年のミドルブロッカー)。

千鹿谷
「やっぱ知ってるヤツ居るとちょっと安心だなー」

無言で黙々と食べている影山。

影山
(ブロッコリー2号・・・)

千鹿谷
(うう・・・夏合宿の時から近寄り難かったけど何を考えてんのやら・・・)

「烏野、あの白鳥沢破って全国だろ?すげえよな〜」

影山
「おう」

千鹿谷
「ウチは決勝でフルセット負け・・・
勝てると思ったんだけどなあ・・・」

そこに佐久早が登場。

 

佐久早
「おい」

影山
「?」

千鹿谷
(!?サクサ・・・!)

佐久早
「まだ俺ビデオ見れてないんだけど白鳥沢は何で負けたの?
若利君は不調だったわけ?」

影山
「・・・絶好調に見えましたけど」

佐久早
「ハァ〜??じゃあ何で負けんだよ?
どんな手使った?
誰か若利君止めた??」

影山
「・・・ああ まあ 止めてました」
(日向のアレはほぼレシーブか)

佐久早
「そいつ誰 何年 なんてやつ ドコ中」

フォローに入る古森。

古森
「悪いねー!
コイツ超ッッッ絶ネガティブなのよ!
気になって仕方ねえの!
自分を脅かしそうなヤツが!」

佐久早
「俺はネガティブじゃなく慎重なんだ」

影山
「まだ本気出してませんよね
佐久早さんは」

佐久早
「・・・何で?」

ha215-2

影山
「なんとなく・・・
イメージより普通だなーって思ったんで」

ピキッとくる佐久早。

吹き出す古森。

古森
「ブフォッ
今チョット肩の調子が悪い “気がする” んだよな?」

佐久早
「・・・」

古森
「こいつの場合だいたい気のせいなんだけど!
まあそういうトコは慎重で良いと思うよ!」

佐久早
「・・・風呂」

古森
「もう?」

佐久早
「他のヤツの菌が入る前に入る・・・」

古森
「邪魔したねー」

佐久早と共に古森も去っていく。

千鹿谷
(サクサ・・・
なんか変わった人だな)

ほっとする千鹿谷。

千鹿谷
「ひーっ
ビビったー!」

影山
「?」

千鹿谷
「 “全国3本指” に “普通” とか言うから!」

影山
「 “まだ” 普通に見えるって言ったんだ」

千鹿谷
「・・・皆レベル高いけどさー
とくに “あの人(星海)” 何モンだろうな?
影山知ってる?」

影山
「知らねえ」

千鹿谷
「身長170cmくらいかな?
おたくのMBと同じくらい跳んでる?」

影山
「・・・いや
アイツより跳んでる」

翌日の練習。

サーブを打つ宮。

レシーブは影山の上を越え、叩き込まれる。

全日本男子ユース監督・火焼呼太郎(ひたきこたろう)
「ネット越えるくらいならAパス意識しすぎなくていいよ!
セッターは構える位置もうちょいネットから離れていい」

影山
「ハイ!」

Aパス・・・ネット際のセッター定位置にきっちりに返るパス

 

続く練習で、滑らかなトスを見せる影山。

コート脇で見ている2人の男性。

「影山・・・
左利きのMBにも難無く合わせてる・・・」

「センスも技術も素晴らしいな」

影山
「どうだ」

千鹿谷
「んー
もっと速く打てると思うんだよな
こうパパッとコンパクトにさ」

影山
「わかった」

古森
(すぐ “わかった” って言えるのも実行できんのも恐ろしいわ)

他の選手にも話しかける影山を見ている千鹿谷。

千鹿谷
(影山って多分コミュニケーション不器用なんだろうけど
意識的にがんばってるって感じだよな)

 

微笑んでいる宮。

乱れたラリーからレフトの星海にトスが上がる。

昨日の夕食の時の千鹿谷の言葉「なんつうかホラ 所謂 “小さな巨人” て感じ」を思い出す影山。

ha215-3

助走から滑らかなストップで、常人離れしたジャンプを見せる星海。

ha215-4

そしてアタックを決める。

古森
「高っけえ〜・・・」

パチパチと拍手する火焼。

火焼
「エンドラインお見事!」

影山はなにか良い表情で練習に戻る。

その影山を無言で見ている星海。

練習後のストレッチ。

星海
「おい、お前
俺を見た事あんのか」

影山
「?ここに来てから見てます」

星海
「そうじゃねえよ
今までに俺の試合見たことあんのかっつってんの」

影山
「無いっス」

千鹿谷
(影山がまたカラまれてる・・・)

ha215-5

星海
「じゃあもっとビビれよ驚けよ!!
初見からずっと “ヘェー!” みたいな顔しやがって!
大抵のヤツはこのタッパの俺をナメた後
俺のプレーを見てビビる!
そこまでが一連の流れなんだよ!!」

千鹿谷
(なんかコッチもめんどくさい人だ!!)

影山
「ビビってます
けど参考になります」

星海
「あ”あ”っ!?」


「フッフ
いやーキモ座ってるねー
ちなみに飛雄君は」

影山
(・・・セッター 2年・・・宮侑)

ha215-6


「なかなか刺々しい第一印象やったけど
プレーは大分 “おりこうさん” よな」

影山
「・・・は?」

睨み合っている2人。

千鹿谷
(エエ〜!?何!?
なんかコワイ!全国の猛者達コワイ!)

 

場面は変わり白鳥沢。

月島
「・・・おい」

日向
「はい?」

月島
「チョット付き合ってくんない」

日向
「?」

ha215-7

驚きのあまり二度見する日向。

日向
「!?」

 

以下嘘バレ

セットアップを続ける影山達
先程より遅くトスをする影山

影山
(よし、ちゃんと合わせた)

素早く突っ込んでくる佐久早、星海

(日向に合わせるトスと同じタイミング)

影山
「?」

佐久早
「ゴホ・・・」

星海
「・・・」

影山
(・・・なんだ?)

2年の宮が影山に耳打ちしてくる


「さっきのトスでの発言で
その気になっちゃったみたいよ?」

影山
「?はぁ・・・」


「その気にさせたんだから
責任取らなきゃ・・・ね?」

影山
(もしかしてさっきのを挑発だと捉えたのか?
あんなのあのバカ用だから
いつも通りがいいんだけど・・・)

一方、日向達が練習を終えて道具の後片付けを終えた日向

フラフラしながらも日向は自主練習を始める

牛若
「・・・」

日向
(うぅ・・・腹減ったな・・・)

しばらくして空腹のあまり日向が倒れそうになる
それを支える牛若

日向
「!」

牛若
「・・・おい」

日向
「はい!あ、すすすすすみませんした!」

牛若
「根を詰めすぎだ、今日はもう帰れ」

日向
「え?いや・・・まだやる事が残ってるんで・・・」

牛若
「いいから今日はもう帰れ・・・
休むのも強くなるために必要だ・・・」

日向
(あれ?俺心配されてる?)
「じゃ、じゃあ今日は帰ります」

その様子を見ていた天童

天童
「やっぱ気になってるんじゃん」

日向が帰った後、どこかに行く牛若

天童
「あれ?忘れ物?」

牛若
「まぁな」

鷲匠の所に行き何か話をしている牛若

天童
「?」

随時追加更新

 


スポンサード リンク

ハイキュー!!ネタバレ一覧はこちら

 - ハイキュー!!