ハイキュー 204話 ネタバレ 【接戦の音駒と戸美】最新205話

      2016/05/12

ハイキュー!!ネタバレ一覧はこちら

ハイキューネタバレ最新話情報です。

【204話 ハイキュー ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 休載 合併号】

 

沼井
(【卑怯】と言われる事を優は
【褒め言葉】と言うが俺はキライだ
だから黙らせる)

ha203-7

渾身のサービスエースを決める沼井。

先ほどから戸美のことを悪く言っていた他校の選手たちもこのプレーには黙る。

盛り上がる会場。

沼井
「俺達はまだ終わんねぇよ!!」

黒尾
「切るぞ!!」

試合を見つめている夜久。

 

ハイキュー204話ネタバレ

『バカでも解ったバレーボール』

サービスエースを沼井が決め、戸美が音駒を逆転。

音駒20ー21戸美

俄然盛り上がる戸美の応援席。

大水監督
「エースはやはり空気を変える」

そして次のサーブを打つ沼井。
完全にはミートせずもいいコースへと飛んでいく。

大将
(イイコース!!)

コート隅へのサーブに飛びついて上げる海、そしてアンダーでトスを上げる山本。

山本
「福永!」

福永は隅へとコースを狙ったアタックを打つ。

アウトの判断をした赤間。
しかしアタックは入る。

猫又監督
「ナイスコォース」

ha204-1

ほっとするあかね。

アリサは変わらず心配な表情。

そして先島が沼井に替わって入る。

コート内の皆に言う沼井
「頼むぞ」

力強く頷く大将たち。

音駒のサーブをレシーブする大将
「オーライ」

ライトの大将にトスを上げる先島。
沼井の『俺達はまだ終わんねえよ』という言葉が大将の脳裏をよぎる。

意気込んでアタックへと跳んだ大将。
しかしそこへ黒尾のブロックが高く伸びてくる。

ha204-2

切り替えたのか、ストレートに打つ大将。

芝山が反応してレシーブ。

あかね
「よしっ・・・!」

睨み合う黒尾と大将。

すぐさま助走をとる黒尾。

ブロックに跳ぶ背黒。
しかし黒尾はここで1人時間差を決める。

先ほどまで盛り上がっていた戸美の応援席が一気に静まりかえる。

軽くタッチする黒尾と研磨。

大水
(・・・普段ならば或は見破れたかもしれない1人時間差
焦りの出るこの終盤に初めて使ってくるこの冷静さと安定感よ)

ブレイクして再び音駒がリード。

音駒22ー21戸美

続いてのラリー。

フェイントで前に落として決める大将。

リエーフ
「腹立つっ・・・!」

大水
「冷静さならば負けないさ」

両校22点の同点。

続いてのラリー。

福永のアタックはブロックの手に当たったものの相手コートに落ちて音駒の得点。

次は黒尾サーブで芝山に替わってリエーフが入る。

リエーフ
「シャア!!」

(黒尾のサーブは描かれず・・・)

先島のトスは背黒へ。

出遅れたような感じで手を伸ばしたリエーフの手に当たる。

リエーフ
「ワンチ!」

しかし勢いは殺されておらず、後ろにいた黒尾の手をはじいて得点。

ha204-3

痛みが走ったような表情の黒尾は舌打ちして手を押さえている。

黒尾の方を見る主審
「・・・?」

黒尾
「クソ
芝山!
一瞬頼む
爪やった
ちィ止める」

芝山
「!ハイ!」

ここで黒尾に替わって芝山がコートイン。

芝山
「灰羽くん!!」

リエーフ
「あ!?」

芝山
「僕、後ろに居るから!」

ha204-4

リエーフ
「え?
ああ、うん!」

戸美応援席
「向こうのキャプテン引っ込んだぞ!?」
「あのバックアタック無いうちに一気にセット取れー!!」

リエーフ
(うるせえ
俺が居んだよ!!)

ブロード攻撃で決めるリエーフ。
ここで音駒がマッチポイント。

続いてのラリー。
トスはレフトの潜へ。

ブロックに跳ぶリエーフ
(俺が 止める!!)

腕を振り回すリエーフ。

潜はそれに冷静に対応してクロスに打つ。

ha204-5-2

芝山が触るも上げきれずデュース。

沼井
「・・・くそ
うめえな」

控え選手
「いいぞ潜ー!!」


「・・・・・・・」

少し考えているような表情を浮かべた後、ガッツポーズする潜。

ha204-6

芝山
「・・・スミマセンッ」

山本
「次次!」


「次1本!」

芝山
(反応できない球じゃない・・・
よく見るんだ、よく・・・!)

リエーフ
(なんで芝山が謝るんだろ・・・?
サーブミスを除いたら “誰か1人のせい” って事なかなか無いでしょ)

ha204-7

そんな事を思っていたリエーフがハッとする。

リエーフ
(・・・なんだ俺
わかってんじゃん
“チームワーク” ってどっか精神的なモンって思ってた・・・
でも ”誰かのせい” って簡単に言えないのは
文字通り、プレーは全部 “繋がっている” から)

さっきの芝山の言葉 『僕、後ろに居るから』と、試合序盤の夜久との会話が脳裏をよぎるリエーフ。

~リエーフの回想~

夜久
『リエーフゥゥ!!
腕ぶん回すんじゃねぇえ!!
取り辛いだろうがァア!!』

リエーフ
『でも夜久さんは絶対拾ってくれるじゃないですか!!』

~回想終了~

リエーフ
「・・・夜久さんじゃ
ねえよ」

ハイキュー!!ネタバレ一覧はコチラ

以下嘘バレ

沼井
「俺達はまだ終わんねぇよ!!」

黒尾
「くそ、ここに来て
このサービスエース・・・」

研磨
(あっちは、実力的にも
こちらと大差はない・・・
後はどちらが気力を保てるか)

山本
「エースとして
俺が取るべきだった・・・!」

リエーフ
「いや、あれは俺が・・・」

山本
「俺だ!」

リエーフ
「俺です!」

研磨
(まぁ、この二人は大丈夫そうだね
後は・・・)

黒尾の顔を見る研磨

黒尾
(そんな顔するなって・・・
この試合までは保たせるさ・・・)

研磨
(もし、このセットが
戸美に取られて3セットに入られると
黒尾にさらに負担が掛かる
この2セット目で決めたい)

ハイタッチをしている戸美選手達

大将
「手大丈夫か沼井」

沼井
「全然平気だ」
(泣き言を言うのは試合の後だ)

大将
(このセットを取っても次のセット
沼井がサービスをやれるのは
数回が限度だろう・・・
このセットをこのまま取る
後はタイムアウトを全部使い切って
沼井を休ませる・・・)

戸美の選手を見ている研磨

研磨
(辛いのはお互い様か・・・)

戸美 21ー20 音駒

サーブに立つ沼井

沼井
(手が・・・痛え・・・だが
ここで痛みにも負けて
試合にも負けたらもっと痛え・・・)

「ふんぬっ!」

渾身の沼井のサーブ

辛うじてレシーブをする山本
研磨がギリギリにトスを上げ
黒尾がスパイクを放とうとする

しかし潜が黒尾のスパイクを逆に音駒のコートに叩きつける

黒尾
(・・・読まれた?)

黒尾
「スマン!」

手を押さえている沼井を見る研磨

研磨
(黒尾よりもあっち(沼井)の方が
辛そうだ)

大将
「沼井!」

沼井
「だから手なら大丈夫だっー・・・」

大将
「全国へ行くぞ!」

沼井
「・・・もちろんだ!」

戸美 22-20 音駒

サーブに立つ沼井

沼井
(正直、頭に電撃が何度も走る感覚だ
だが、その先に見たいものがある・・・
全国!!)

沼井がボールを高く上げる

沼井
(俺のサーブで・・・!)

沼井の球威を増すサーブ

随時追加更新


スポンサード リンク

ハイキュー!!ネタバレ一覧はこちら

~ハイキュー 205話 ネタバレ 確定206話の展開は?に続く~

 - ハイキュー!!