ニセコイ 212話 ネタバレ 【別れはあまりにも突然に・・・】

      2016/04/07

ニセコイネタバレ最新話情報です。

ニセコイ 第3回キャラクター人気投票ランキングはコチラ

212話 ニセコイ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

『バイバイ』

今回の扉絵は後ろ姿の千棘

ニセコイ212話ネタバレ

風よ雪いで、私の心を

眠っている楽へ告白した小野寺
それを聞いてしまった千棘

千棘
(小咲ちゃんは・・・楽が・・・好き・・・?)

その時、階段下にいる千棘の存在に気がついた小野寺

小野寺
「きゃ!!千棘ちゃん!!」

雷が鳴って怖かったから保健室に行く前に
引き返してきた事を話す千棘

小野寺
「そ・・・
そうだったんだ・・・
・・・・・・・・・い、今の聞いてた?」

とぼけたフリをしてごまかす千棘

千棘
「え・・・?な・・・何が?
私・・・さっき来た所だから・・・」
E3838BE382BBE382B3E382A420E3838DE382BFE38390E383AC20212E8A9B1213E8A9B1-8

小野寺
「そ・・・そっか」

明るく振る舞いつつもその後悲しげにうつむく千棘

小野寺
「あ、今ね星がキレイに見えるの」

そう言った瞬間、雨が振ってくる

小野寺
「あっ・・・
雨がまた降ってきた・・・」

小野寺が星を見上げながら告白した事を思い出す千棘

千棘
「・・・」

【翌日~教室~】

台風で中止になった天体観測をまた今度しようと話している楽達

そんな中、千棘だけ浮かない表情

E3838BE382BBE382B3E382A420E3838DE382BFE38390E383AC20212E8A9B1213E8A9B1-5

「ん?お前どうしたんだ?何か今日は元気なくねぇか」

千棘
「え・・・そう?だ・・・大丈夫よ・・・」

小野寺と話し始める楽
それを見て複雑な気持ちの千棘

【昼休み】

千棘が廊下を歩いていると
楽と集の話し声が聞こえてくる


「それで・・・昨日、小野寺さんには
告白したの?」

千棘
「・・・!?」
E3838BE382BBE382B3E382A420E3838DE382BFE38390E383AC20212E8A9B1213E8A9B1-4


「あのなぁ・・・昨日ずっと俺は
気絶してたんだぞ・・・」


「そっか~じゃあまた今度の時だね~」


「俺は別にそういうつもりで
天体観測しようってんじゃあ・・・」

千棘
「・・・」

E3838BE382BBE382B3E382A420E3838DE382BFE38390E383AC20212E8A9B1213E8A9B1-6

楽と小野寺が両想いだと知った千棘
その場から逃げるように走り出す

その時、走っている千棘に気付いた楽


(あれ?千棘・・・?)

【千棘家】

ベッドで横たわりながら考え込んでいる千棘

千棘
(私は・・・)

【翌日~放課後~】

靴箱の所で千棘を待っていた楽


「よう、一緒に帰らねぇか」

千棘
「・・・うん、いいわよ・・・」

一緒に話しながら帰る楽と千棘
千棘は割と楽しそうに喋っている


(・・・最近
何か様子が変だと
思ってたんだけど・・・
俺の気のせいだったかな・・・)

すると突然千棘が切り出す

千棘
「ねぇ・・・楽・・・」


「ん?」

千棘
「小咲ちゃんの事・・・
以前から、好きだったんだね・・・」


「な・・・!?」

焦る楽


「ど・・・どこでそんなこと
聞いたんだよ!?」

千棘
「ちょっと小耳に挟んでね」

E3838BE382BBE382B3E382A420E3838DE382BFE38390E383AC20212E8A9B1213E8A9B1-7

千棘
「私、応援してるから・・・
じゃあね・・・」


「・・・千棘?」

そう言うとそのまま行ってしまう千棘

楽ナレ
(そして・・・
その日から
千棘は二度と学校に
姿を現す事は無かった)

別れは突然に・・・

~ニセコイ 213話 ネタバレ 確定214話の展開は?に続く~

随時追加更新

ニセコイ 第3回キャラクター人気投票ランキングはコチラ

以下嘘バレ

眠っている楽に告白した小野寺
当然楽は気づいていない

小野寺
(まだ寝てるか・・・)

以前、海でキスしていいか聞いた時も楽が寝てたことを思い出す小野寺

小野寺がプッと吹き出しクスクスと笑い楽を見る

小野寺
(今・・・キス・・・しちゃおうかな・・・)

ゆっくりと楽に顔を近づけていく小野寺
するとそこで楽が目を覚ます


「ん~・・・」

小野寺
「!!」

慌てて顔を離す小野寺


「ん~・・・あれ・・・?小野寺・・・?」

小野寺
「いっ、いっ一条くん!
きっ気がついたんだ!
だっ大丈夫!?」


「ああ・・・大丈夫そうだ
ありがとうな・・・」

小野寺
「よかったー!
ほらっ空すごいよ!」


「おぉ・・・マジだ」

屋上に出て空を見上げる楽
それを見た小野寺が再度告白を決意

小野寺
(告白するなら今しかない・・・!
今しか・・・
ちゃんと告白するんだ・・・!)

階段の下にいる千棘

千棘
(すき・・・スキ・・・好き・・・小咲ちゃんも?
楽を?告白したってこと?
でも楽はまだ起きてなかった
っぽいよね?)

あーだこーだ考えて頭から湯気が出る千棘

千棘
(あー!考えてもわかんないし!)

そしてふたりのところへと戻る千棘
その時まさかに小野寺が告白する真っ最中だった

小野寺
「あのね・・・一条くん」


「ん?」

小野寺
「ずっと前から・・・私・・・一条くんのことが・・・
好きだったの・・・」


「・・・・・・・・・・・・えっ?」

顔を赤くしている小野寺と突然の告白に呆気に取られている楽
そして屋上扉入り口で驚愕している千棘


スポンサード リンク

 - ニセコイ