トリコ 387話 ネタバレ 【スタージュン死亡!トリコの父親はアカシアだと判明!】最新確定

      2016/09/20

トリコ捕獲レベルランキング完全版はこちら
トリコ八王メンバーまとめ一覧はこちら
トリコ強さランキングはこちら

 

トリコネタバレ最新話情報です。

 

”387話 トリコ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料”

 

巻末コメント:
「40年間、ありがとう両さん!
ありがとう秋本先生!!」

 

~前回のハイライト~

口を大きく開けてトリコを食べようとするアカシア

しかし次の瞬間、スタージュンが
トリコを庇って前に出る

トリコ
「!」

アカシアに食われ身体を真っ二つにされるスタージュン

e38388e383aae382b320e3838de382bfe38390e383ac20386e8a9b1387e8a9b120e69c80e696b0-7

吐血しながら倒れていくスタージュン

トリコ
「スタアぁあ!!」

運命は非情・・・!!

 

ネタバレ トリコ 387話『食欲との再会!!』

その口は希望を噛み潰す!!

アカシアに食われたスタージュンが真っ二つになり
吐血しながら崩れ落ちていく

トリコ
「スタァあああ!!」

牙だらけの口をあけて
トリコに向かってくるアカシア

その時、三虎が現れて
アカシアを殴り飛ばす

しかし殴られつつもアカシアの尾が
三虎の拳に巻き付く

トリコ
「三虎!!」

尾に捕らわれた拳を
噛みちぎられる三虎

三虎が反対の拳に力を込めて
アカシアを殴り飛ばす

アカシアが大陸を突き抜けながら
地球の反対側まで飛ばされていく

無くなった拳を見ている三虎

三虎
(マイノリティワールド!!)

しかし何も変化が起こらない

三虎
(治癒(なお)らない・・・)

スタージュンの方を振り向く三虎

三虎
(スター・・・)

スタージュンに駆け寄るトリコ

トリコ
「大丈夫かスター!!」

スタージュン
「トリ・・・コ・・・
今のうちに・・・
GODを・・・」

震えながら血を吐いているスタージュン

トリコ
「ブランチが療水を持ってる!!
その傷は再生するはずだ!!」

スタージュン
「いや・・・
無理だろう・・・

恐らく私の適合食材・・・
”食運”を食べても・・・
ダメだろう

分かるんだ・・・
私の細胞が・・・
負けを認めちまってる・・・

ネオに食われるって事は・・・
そういう事なんだ・・・」

トリコ
「スター・・・」

スタージュン
「トリコ・・・
私が長年・・・
求めていた食材は・・・
”お前が分けてくれたもの”だ・・・」

トリコ
「・・・オレが分けた・・・?」

スタージュン
「約500年前・・・
神の料理人フローゼが
アカシアとの子を身ごもった際・・・

フローゼは我が子を自らの母体から
胎盤ごと取り出し・・・

それを”裏の世界(チャンネル)”で囲い
海へ流した・・・”

背景には船に胎盤を置いて海へと流すフローゼの姿

スタージュン
「ぶ厚い食運と数百年分の
栄養(エネルギー)を込めてな・・・

胎盤の中にいた赤子は2人・・・
私と・・・
トリコ・・・お前だ」

目を見開くトリコ

スタージュン
「”裏の世界(チャンネル)”で
胎盤(そ)の中は
ほとんど時が止まったまま・・・

私達は寄り添うように
約500年もの年月を過ごしたんだ・・・」

トリコ
「そんな・・・
・・・まさか・・・」

スタージュン
「その間お前はほとんど
エネルギーを摂取(と)らず・・・

多くの栄養と食運を食べた私が
先に生まれ落ちた・・・」

トリコ
「オレ達は・・・
つまり・・・
兄弟なのか・・・!?

そしてアカシアとフローゼの
子だと・・・?」

そこへ戻ってきたアカシア

トリコ
「!」

アカシア
「なんだ・・・
私とフローゼの子は・・・
生きていたのか・・・

あのバカ女め・・・
私に黙ってナメたマネを・・・」

トリコ
「アカシア・・・」

スタージュン
「どうやら話せる時間も・・・
あとわずかのようだな・・・

私が求めていたものは
お前だ・・・トリコ・・・

お前のその心であり・・・
優しさ・・・
お前からもらった全てのものを今

贈(かえ)そう・・・」

トリコ
「・・・スター・・・!!」

スタージュンの身体が消えていく

アカシア
「残念ながら我が子が生きていようが
私が求めたのは”料理人”・・・

スタージュン(そいつ)は
もうじき死ぬ・・・

残った”美食屋”など・・・
いらぬわ!!

死ねトリコ!!」

トリコに向かうアカシア

三虎
「フン・・・」

アカシアを迎え撃とうとする三虎
しかしなぜか身体が固まっている

三虎
(体が・・・動かん・・・
”あの時”・・・
同時にノッキングを)

背景にはアカシアに拳を
噛まれた時の描写

三虎
(強い拘束力・・・
解除するまでに数秒はかかる・・・
トリコ―――)

トリコの方を振り向く三虎
トリコの背後にアカシアが迫っていた
その時、スタージュンの身体から強い光が放たれる

アカシア
「!!」

目が眩むアカシア

アカシア
「ごあ!!」

スタージュン
「トリコ・・・
お前のお陰で私は・・・
”食運”の正体も突き止めた・・・

心配はいらん・・・
お前は護られている・・・
大いなる食欲にな・・・」

トリコ
「スター!!」

スタージュン
「フフ・・・
お前とは何度か闘ったが・・・
お前は一度も・・・
私に悪意を向けなかったな・・・

何の雑念もない・・・
純粋なバトルは・・・
本当に楽しかったぞ」

トリコ
「スター・・・」

涙を流しているトリコ

スタージュン
(ありがとうよトリコ・・・
そして・・・さらばだ・・・
我が弟よ・・・)

20160914153842c88

トリコ
「スタぁああ!!」

その時、人の形をした光が何体も現れ、
トリコをアカシアから遠ざけていく

20160914153837f54

トリコ
「!?」

アカシア
「にっ!?」

 

 

何体もの光がトリコを囲む

三虎
(あれはなんだ・・・
スタージュンから
何かが飛び出した!!)

トリコ
「な・・・何だぁ!?
誰だ・・・!?何をする・・・!?
うっ・・・ぅぁあ!!」

トリコの口元へ手を伸ばす光
喉に衝撃が走るトリコ

トリコ
「!!」

(何かが・・・
喉を爆走した・・・!!
こ・・・この旨みは・・・)

太ももが欠けたGODの描写

20160914153838f46

トリコ
(!!GOD!!)

その時、背後に気配を感じるトリコ
振り向くとそこには赤鬼がいた

赤鬼
「やぁ・・・
トリコ・・・」

トリコ
(こいつは・・・
オレがいつも見ていた鬼・・・?

だがここは精神世界じゃない・・・
こいつは完全に”実体化”している・・・)

赤鬼
「オレはお前の”食欲”・・・
”そのもの”だ

お前はついにフルコースを食べ・・・
オレは完全なる力を取り戻した・・・」

トリコ
「オレの・・・
食欲・・・」

赤鬼
「トリコ・・・
よくやったな
このあとお前がセンターを食い・・・

そのお前をオレが食えば・・・
オレは完璧なる・・・
復活を果たす・・・」

トリコの異変に気づく赤鬼
トリコは号泣していた

トリコ
「・・・な・・・
涙が・・・止まらねェ・・・」

赤鬼
「・・・トリコ・・・」

赤鬼の腕を掴むトリコ

トリコ
「食欲・・・
オレの食欲・・・
今まで食べた幾万回という食事・・・

それを全てを分ち合ったのが
あんたなのか・・・」

20160914153840244

赤鬼
「そうだ・・・
正確には98万5962回だ・・・」

涙が噴き出すトリコ

トリコ
「・・・あ・・・
ありがとう・・・
オレの親愛なる食欲・・・

オレはあんたのお陰で・・・
数えきれない程の・・・

幸せの味を知る事ができたし・・・
たくさんの素晴らしい
出会いにも恵まれた・・・」

赤鬼
「・・・」

トリコ
「オレの・・・”オレのフルコース”も・・・
あんたが決めたものなのか・・・?」

赤鬼
「いや・・・それは違う・・・
お前のフルコースは・・・
オレが決めたんじゃない・・・

トリコ・・・
”お前自身が決めたもの”だ

そして・・・
お前の食欲はまだ止まらない」

(”食運”ども・・・センターを・・・トリコへ・・・)

鍋から液体を掬いトリコの口へと運ぶ人型の光

トリコ
「!!」

(な・・・何だ!?
今度は何が入った!?)

e38388e383aae382b320e3838de382bfe38390e383ac20387e8a9b1388e8a9b120e69c80e696b0-2

トリコ
「う・・・あああ!!」

トリコの全身に一気に毛が生えていく
そして一気に抜け落ちる

e38388e383aae382b320e3838de382bfe38390e383ac20387e8a9b1388e8a9b120e69c80e696b0-3

目を閉じているトリコ

e38388e383aae382b320e3838de382bfe38390e383ac20387e8a9b1388e8a9b120e69c80e696b0-4

 

そんなトリコを見ている赤鬼

赤鬼
(フフ・・・
まいったな・・・
まさか食欲(オレ)にも
感情が沸くなんて・・・
情が移っちまったか・・・

感謝するのはオレの方さ・・・
トリコ・・・
お前と今まで一緒に食事ができて・・・

本当に楽しかったし・・・
本当に幸せだった・・・

もうオレが出現(で)てくる事は
二度とない・・・
話す事もできないが・・・)

赤鬼の目に涙が溜まる

e38388e383aae382b320e3838de382bfe38390e383ac20387e8a9b1388e8a9b120e69c80e696b0-5

赤鬼
(だがこれがお別れじゃねェ・・・
まだまだ食の旅は続くのさ・・・

トリコ・・・
これからは
”お前の一部”として・・・

一緒に同行(い)かせてくれ)

201609141538418bd

目を見開いているアカシアと三虎
白鬼も赤鬼に手を振っている

青鬼
「正解だ・・・
見事だったぜオーガー」

人型の影達が合掌しながら
トリコを取り囲んでいる

髪の毛もはえ傷も無くなり
元通りになったトリコ

2016091415403115b

食欲(オーガー)と
一体になったトリコ!!
ついに覚醒・・・!?

 

以下嘘バレ

トリコ
「スタァアアアアア!!!」

突然、スタージュンの身体をかじったアカシアの動きが止まる。

アカシア
(これは・・・・・・)

そこにココが現れる。

ココ
「間に合ったかな
"毒人形(ポイズンドール)”」

溶けていくスタージュンの体。

トリコ
「ココ!!」

ココ
「僕だけじゃないよ」

『”髪擬態(ヘアシミュレート)”』

風景に擬態していたサニーの髪が姿を現し、中からスタージュン、サニー、ゼブラが出てくる。
トリコ
「お前ら・・・!!」

GODにたかっていたハエを思い出すアカシア。

アカシア
「あの時の小蠅どもか・・・!!」

拳を振り上げようとしたアカシアの動きが止まる。

アカシア「!?」

ココ
「その毒人形は特別性だ
全身の神経を麻痺させる最強の神経毒で作った人形だ
並の猛獣なら匂いを嗅いだだけで麻痺するレベルだが―――――・・・」

アカシア
「クク・・・
弱い奴等ほど強い言葉を使いたがる
”最強の毒”だと・・・?
私(ネオ)がどれほどの食材を食べて来たと思っている
”神の消化作用”!!」

全身に巡った毒を一瞬で消化するアカシア。

アカシア
「ふん・・・
予想通りクソみたいな味だ」

ゼブラ
「そうか
それならこれも食ってみやがれ
ジェットビートパンチ!!!」

ゼブラがグルメ細胞の腕で音速のパンチを放つ。

しゃくっと一噛みするアカシアだが、そのまま吹き飛ばされてしまう。

アカシア
(なにっ?食いきれんエネルギーだと・・・!?)

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

トリコ捕獲レベルランキング完全版はこちら
トリコ八王メンバーまとめ一覧はこちら
トリコ強さランキングはこちら

~トリコ 388話 ネタバレ 確定389話の展開は?に続く~

 - トリコ