トリコ 380話 ネタバレ 【トリコがアカシアにフルボッコ】

      2016/07/22

トリコ捕獲レベルランキング完全版はこちら
トリコ八王メンバーまとめ一覧はこちら

 

トリコネタバレ最新話情報です。

 

【380話 トリコ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ】

 

~前回のハイライト~

カラカラに乾いて乾眠中のアカシア。

ナレーション:
その姿から・・・・・・
生気は感じられない・・・
死の定義は様々だが・・・ 朽ち果てて崩壊していく細胞・・・
消えてなくなっていく体を前に・・・
アカシアの“死(それ)”を・・・
猛獣たちは誰も疑わなかった・・・

20160713165724716

しかし鹿王は“裏の世界(チャンネル)”をゆるめない それどころかさらに時間を加速させた

細胞の中に潜む・・・
食欲の残り火が・・・

完全に・・・消えるまで・・・

しかし、消えたはずの残り火が再び灯り始める。

と同時に、強大なエネルギーで裏の世界を飛び出していくアカシア。

死に絶えたデビル大蛇たちも姿を現す。

アカシア
「“食欲”の有無が死の定義なら 私以外は全員死んでいる
この世の生物はすべて
私の食欲を満たすための餌なのだからな・・・」

鹿王
『「確実に・・・」
「死んだハズ・・・」』

『「進化して生まれ変わったのか?」
「この空間に順応した生命体に?」』

アカシア
「スカイディア・・・
ナメたマネを・・・
ネオは“生きたまま進化する”・・・
だから王になれたのだ
確かに“進化”には試練が必要だが・・・・・・
まったく・・・
“この環境”に体を適応させるのはなかなか苦労したぞ・・・
しかし通常何十万年とかけて進化し順応していく過程も
このバカげた空間が縮めてくれた・・・
“時間の早い空間”が仇となったな・・・
私はさらに成長することができたわけだ・・・ そして・・・」

一瞬で移動し、トリコの首元に腕を突き刺すアカシア。

アカシア
「おい・・・神を出し抜いて何をしている・・・
お前・・・本当にいいかげんにしろよ
トリコ・・・茶番は終わりだ
GODは私がいただく」

20160713165857bf9

トリコ
「・・・・・・っ!」

 

■復活のアカシアと卓を囲みバトル!?

 

トリコ380話ネタバレ

■GOD目前にして死のピンチ!!

アカシアに首を貫かれるトリコ。

トリコ
「が・・・
・・・はっ」

アカシア
「度が過ぎたなトリコ」

スタージュン
「!!トリコ!!」

鉄平
「!!」

トリコの方を見やるスタージュンと鉄平。

ジョア
(油断―――――!!)

ジョアの菌で肩をやられるスタージュン。

スタージュン
「!! ぐ・・・」

その隙を突かれ鉄平がペアにボコボコにされる。

スボッ

鉄平
「!!」

ペア
「さぁ・・・
食え!!
アカシア・・・」

アカシア
「立ちのぼる黄金の湯気・・・
炸裂する神の香り・・・
見ろ・・・
まだほんの一部だが・・・
完璧な調理が施されている・・・」

とそこでGODが背中に乗ったアカシアに気付き、舌を伸ばしていく。

がしかし、「ふんぬっ!!」と気合い?咆哮?で弾くアカシア。

 

そこに八王たちが一気に迫っていく。
デロウスは異次元レーザーを馬王はヘラクブレスをその他八王たちもそれぞれがアカシアに狙いを定めていた。

ナレーション:
八王の多くが―――――
本気で攻撃態勢に入った場合 対象者の体が原型を留めていられる時間は100分の1秒もない
ほぼ攻撃と同時に死ぬと言っていい
だがアカシアが作り出した 限りなく圧縮された時間(とき)の中では
攻撃を開始したまま八王たちは止まっていた

アカシア
「“これ”が進化した私の『裏の世界(チャンネル)』だ
しばらく黙ってろバカ共
GODの調理には・・・
大量のカロリーを必要とする・・・
犠牲を払わずにGODの調理をこなせる料理人は・・・
この世に何人もいないハズだが・・・
どーだっていい・・・
調理できるのならそれがたとえニトロだろうがジョアだろうが・・・」

(フローゼだろうが・・・)

一瞬神妙な表情を見せるアカシア。

20160721145339ec3

アカシア
「これは運命だ・・・
今このタイミングでGODが最高の状態なのは・・・
手招きしているのだ・・・
美食の神々が・・・私を・・・」

(最果ての地へ―――――)

すぐにゲス顔に戻るアカシア。

201607211453332c4

GODの元へ行こうとしたアカシアの腕をトリコが掴む。

アカシア
「!」

トリコ
「・・・・・・ っ・・・」

アカシア
「・・・・・・ これ以上出しゃばるなトリコ・・・
お前の食い意地もなかなか見事だったぞ
だが・・・」

腕が突き刺さったまま、今度は首の骨をへし折られるトリコ。

20160721145334023

アカシア
「弱けりゃ ごちそうには有りつけん
さぁ 待たせたなGOD」

腕を抜き、先へ進もうとするアカシアの腕をまたしても掴むトリコ。

アカシア
「!」

首を折られ、絶命したはずのトリコが放つ異様なオーラ。
もう一度振り返ったアカシアが目を見開いていく。

そこには白鬼の姿が。

20160721130500ae7

アカシア
「うおおおあ」

思わずトリコをぶん殴るアカシア。

トリコはあっさりと地面に叩きつけられてしまうが、殴ったアカシアの右拳は齧られ無くなっていた。

アカシア
「・・・・・・」

すぐにネオが姿を現し、拳のことなど忘れていく。
その目に映るのは目の前のGODのみだった。

しゃく・・・

一口GODを食べたネオの目の色が変わる。

ゴ・・・ク

たった一口食べただけで、シワシワの老人のようだったネオが若返っていく。

とそこに背後から飛びかかる猿王。

20160721145336b3b

さらに八王全員の攻撃が放たれていく。

強大な爆発。

その全てを飲み込んでしまうネオ。

しゃく

爆煙の中から姿を現したのは分離したアカシアと新生ネオ。

その左手には引きちぎられた猿王の上半身が握られていた。

20160721145337ce4s

上半身だけになりながらも、至近距離から咆哮を放つ猿王。
しかしネオはそれを次々に飲み込んでいく。

さらに馬王が動く。
強烈なヘラクブレスを放つが、はるかに強力な咆哮で逆に馬王の身体を吹き飛ばしてしまう。

ペア
「うおあ」

アカシア
「お前がネオ・・・
私の食欲の正体が・・・」

そう語るアカシアもまた若返っていた。

201607211455285ees

■ネオ、圧倒的!!

 

以下嘘バレ

■”世界最高の食材”を目前にトリコの運命は・・・!?

アカシア
「GODは私が頂く」

GODが”仕上がり”目前だと言うアカシア。
かつてフローゼが調理した時よりも濃厚かつ芳醇な香りだと評価。
その匂いに誘われるかのようにネオが顔を出し、GODにかぶりついていく。

しかし一口かじった瞬間暴れ始めるGOD。

一方、包丁を手に四天王の前に立つチチ。
「黙らんか!!」と騒ぐゾンゲを一喝。

ゾンゲを黙らせたあと、チチが包丁を構える。

チチ
「暗技 ”蘇生切り”」

一瞬で3人を捌いていくチチだが、生命反応がほぼ強まる様子がない。

チチ
(おそらくカロリーを相当”食われとる”
やはり”アレ”が必要か・・・!!)

取り出したグルメケースには光り輝く透明なゼリーが入っていた。
これがアカシアのフルコース前菜”センター”。

見た目は完全にグルメ細胞。
このゼリーから滲み出た液体こそが療水とのこと。

そしてセンターを口にした3人が復活する。

場面変わり、いよいよ調理の最終段階に突入した小松たち。
大竹・仲梅ペアは食材のDNAがいよいよ地面に近づいていこうとしている。

次第に大竹らの周囲にも、至福の香りが漂ってくるがそこでネオに齧られたGODが暴れだしていく。

一方アカシアに首を貫かれ、倒れるトリコの脳内で話かけたのは小松。
金色に光る食材を手にしている。

小松
「トリコさん
どうか”これ”を食べて・・・・・・頑張って下さい・・・!!」

倒れたトリコの身体が光り出す。

随時追加更新

 


スポンサード リンク

トリコ捕獲レベルランキング完全版はこちら
トリコ八王メンバーまとめ一覧はこちら

~トリコ 381話 ネタバレ 確定382話の展開は?に続く~

 - トリコ