テラフォーマーズ 新章12話 ネタバレ 【祈る生物】最新13話

   

 

テラフォーマーズネタバレ最新話情報です。

【新章12話 テラフォーマーズ ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ】

 

祈る聖ゴキ
(神よ・・・・・・これから貴方の意思に反して”他の生き物”に)

20160529004222bcb

(“ただ捕って食べるよりもひどい事をします”)

 

―――――もし同じ星に『祈る生物』が

二つ以上現れたらどうなるか―――――?

その二つは―――――絶対に解り合えない

 

テラフォーマーズ新章12話ネタバレ

恐れ。人間よ、怒れ!!

 

モニターに映し出されている聖ゴキを食い入るように見つめている燈。


「師匠を殺ったのは
このハゲだ・・・!!!
ついに見つけた!!
“この個体”が
人間を研究材料にしてやろうとしている事を・・・!!
止めなければならねえ!!」

 

ゴキブリどもによる赦しがたき人間への所業・・・・・・!!

 

「ねーお母さん 台所にゴキブリいた」

 

あのいつかの少女の姿。
その少女にゆっくりと歩み寄るテラフォーマー。

そして今、いくらか年を取ったその少女は収容所内をゴキブリに連れられ、どこかへと向かっていた。

少女
「・・・・・・・・・」

(お母さんは あの時 あたしを庇って・・・
あれ・・・・・・
どれくらい前だっけ・・・・・・)

再び少女の回想へ。

「キャッ!!!」

いきなり押し倒され、服を脱がされる少女。

「じょうじょ じょう」

テラフォーマーたちは少女の裸を見て頭を抱える。
そして興味なさそうに少女を投げ捨てるテラフォーマー。

母親の遺体にすがりつく少女。

「・・・ひっ・・・」

「ひっ・・・・・・」

「おかあさん・・・おかあ”さん・・・・・・」

そこに聖ゴキが現れる。
他のゴキブリたちが直立不動で整列する。

母親を指さす聖ゴキ。

「じょうぎぎじょうじ・・・」

そして聖ゴキが少女の方を振り向く。

少女
「っ・・・・・・・・・」

少女は恐怖に体がすくみ、逃げ出すことすらできない。

おもむろに聖ゴキは自分の布を破ると、裸の少女へと着せる。
さらに落ちていたヘアゴムを、優しく少女の髪へとつけてあげる聖ゴキ。

20160604151343833s
突然の出来事に固まる少女。

聖ゴキ
「じじょうじ」

聖ゴキは満足したようにその場を去っていく。

【回想終わり】

 

収容所内を歩いている少女。

 

あの時のゴムは、まだ少女の髪に─・・・。

 

少女
(それから―――
10年・・・くらい?
一日二回のごはん・・・ 外には一度も出ず・・・
苦しい事や痛い事はされなかったけど・・・
一年前と二年前・・・
それぞれ・・・
男の人をあてがわれて
子供を二人産んだ
元気かな・・・あの子達)

20160604151339ae1s

殺風景な部屋へと招き入れられる少女。
部屋の中央には巨大な柱。
そしていくつかのガス管のようなものが設置されいる。

そこには少女の他にもう一人、同じ年頃の少年がいた。

少女
「あっ・・・」

少年
「あ・・・・・・
どうも・・・」

少女
(この人・・・・・・2人目の時の――・・・)
「・・・・・・・・・」

「今度は何をさせられるんだろ・・・・・・
前回は一応ベッドがあったけど・・・
施設も一年前に一気に新しくなっちゃって・・・」

表情が少し明るくなっていく少女。

少女
「もしかしたら・・・帰れるのかも・・・
そこにいる”ヒト”・・・
あたしが捕まる時にもいた・・・
ボスっぽい”ヒト”・・・・・・
あたし・・・2人産んだから・・・・・・
もしかしたら”おやくごめん”で外に帰されるのかも・・・・・・!!」

少年の顔も明るくなっていく。

少年
「・・・マジで?」

ガンっとレバーを下ろす聖ゴキ。

するとふたりは口から泡を吐き、嘔吐していく。

少年
「ヴォロッ・・・!!
ハァッ・・・ ・・・・・・っこ
これ・・・は・・・・・・!」

震えだす少女
「あ・・・・・・あれ・・・ハァ」

「気分が・・・」

「血も」

動けない少年
「・・・・・・・・・」

少女
「・・・こ・・・・・・
これをガマンしたら・・・
外へ帰れる・・・とか・・・?」

少年
「・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・」

もはや受け答えさえできない少年は力なく膝をつく。

少女
「・・・・・・ち ちがうかなぁ・・・
はは・・・・・・」

少女もまた膝をつく。

少年へと手を差し出し、言葉を振り絞る少女。

少女
「・・・あたしね
・・・・・・ずっと
ケーキ屋さんになりたかったの・・・」

20160604151340ff8s
「あたし7歳の時からここにいるの・・・・・・
ねぇ・・・・・・
まだある?
ケーキ屋さん・・・
外には・・・」

少年
「・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・」

言葉が出てこない少年は、ただただ口からあふれ出る血を抑え、涙を流していく。

「・・・・・・・・・・・・」

 

そしてついに力尽きてしまうふたり。

聖ゴキはふたりの死亡を確認すると、レバーを上げ、端末で何かを確認している。

聖ゴキ
「・・・・・・・・・ じょうじ」

とそこに、エレベーターに乗って一人のテラフォーマーがやってくる。
慌てて来たのか、肩で息をしている様子。

聖ゴキは、まるで言わんとしていることを分かっているかのように、不敵な笑みを浮かべていた。

2人の遺体を部下に任せると自身は新生児が並べられた部屋へ。

「じょう」
「じょう」
「じょう じょう・・・」

赤子の数を数えている聖ゴキ。

 

―――人間の様に祈り

人間の様に喋り

そして

人間に仇なす生物

 

一方、モニターを見つめる一警護の面々はいずれも険しい表情を浮かべている。

人間達(かれら)は 中で起きた事の全てを見たわけではない

だが・・・

鬼塚慶次は 生まれて初めての感情を抱いていた
しかし戸惑ってはいなかった

 

今にも殴りかかろうかという表情の慶次。

 

三条加奈子も初めてだった
こういうものは 男がもつ気持ち(もの)だと思っていた

全員が 共に滾らせていた――――

 

サムライソード
「・・・殺す」

怒る燈
「何処に隠れていようと探し出すぞ・・・
人間を嘗めた事を後悔させてやる」

20160604151341ce3s

 

刺し殺す様な!!

怒りを!!

 

燈に応える一同
「応ッッ!!!!」

一方、ベッドで療養中の斎藤はタブレットでその映像を見せられていた。

斎藤
「成程な・・・・・・
“そこ”自体は見た事ねぇが・・・
壁や天井の感じが オレが“手術”を受けた場所と同じだ・・・・・・
中国領の可能性があるな」

 

救え。一秒でも早く!!

次号、謎の施設の場所は・・・!?

 

 

以下嘘バレ

収容している人間に薬を投与しようとしている聖ゴキ
悲鳴を上げている人間

聖ゴキ
(神よ、このものに安寧を・・・)

【アメリカ ネバダ州】

ナレーション
「アメリカネバダ州、エリア51・・・

長らくアメリカ政府が存在を隠していたことから
【宇宙人やUFOの研究実験場ではないか】と注目されていた」

何かの資料を見ているミッシェル

ミッシェル
(これが事実なら・・・もうアメリカは・・・)

 

随時追加更新


スポンサード リンク

~テラフォーマーズ 13話 ネタバレ 確定14話の展開は?に続く~

 - テラフォーマーズ