ダイヤのA act2 39話 ネタバレ 【追加点は決して許さない】

      2016/08/10

ダイヤのA 高校別強さランキング選手権はこちら

 

ダイヤのA act2ネタバレ最新話情報です。

 

【39話 ダイヤのエース act2 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ】

 

沢村
「降谷ー!大事なのはここからだぞ!」

a23788de0f64253b1ddc54526f55d919

不退のエースが悠然とマウンドへ。

 

ダイヤのA act2 39話ネタバレ

青道(西東京)-市大三高(西東京)
初回、青道は2点を先制!
背番号1・降谷、マウンドへ!!

降谷の立ち上がり、荒れている模様。

インコース高めに大きく外れる。

これでカウント3-1。

観客
「おいおい、また抜けたぞ」

1

先頭打者を打ち取ったものの、その後フォアボール。
3番宮川にはレフト前に運ばれ、4番星田はレフトフライ。
セカンドランナータッチアップでツーアウトランナー1・3塁。

現在の打者、5番ライト・佐々木伸介2年
(やっぱ速え・・・
しかもこれだけ荒れてると的も絞れねえ・・・)

観客
「うーん、降谷大丈夫か
変化球全部引っ掛かってるし、こっちから見ても力んでいるのが分かる」

ブルペンの沢村
「降谷ー!!ツーアウトだからなー!」

降谷、次も明かなボールでフォアボール。

これで満塁。

2
観客
「くっ・・・この立ち上がり、天久より悪くねえか?」
「緊急事態だ」
「2点もらってんだからもっと楽に投げればいいんだよ」

ベンチの部長は焦っている。

片岡監督は無表情。

御幸が降谷のもとへ。

「これでランナーが埋まったんだ
近くで取れる分守りやすくていい
変化球にコツンと合わせられるのも嫌だし、ここま真っ直ぐで押すぞ!」

頷く降谷。

御幸
(てかそれしかストライク入る気しねえし・・・)

ツーアウト満塁。
打席には6番キャプテン安達弘樹。

田原監督
(ランナー埋まった状況で引っ掛かる変化球・・・
さすがの御幸ボーイも後ろに逸らすのは怖いだろ
ターゲットは真っ直ぐオンリー
キャプテン安達ゴーゴー
浮ついた球を上から叩きつけろ)

御幸
(ど真ん中でいい
しっかり腕振れ
力でねじ伏せろ
それがお前の持ち味
どれだけ走者を出そうと、ここで断ち切れば問題ない)

真ん中高めのストレートを安達が打つ。

センターへの大きな当たり。

東条が下がり、フェンス手前でキャッチ。

青道高校初回を0点で切り抜ける。

3

観客
「おぉ・・・
さすが三高のバッター。
降谷の高めのストレートに振りまけなかったぞ。」

九鬼
「怖え~。完全に狙ってたな。」

沢村
「やはり油断できない
万全の準備を!!」

降谷
「要らないから」

沢村
「いーや必要だ!
いつでも変わるぞ!」

天久
(満塁で点が入らないと軽くヘコむよなあ。
どうしてもスケベでちゃうというかさ・・・)

その後、両ピッチャー制球に苦しみ、初回以降もランナーを背負うピッチングが続く。

4

(2回裏終わって変わらず2-0)

そんな中、4回裏、春市のファインプレーが飛び出す。

ヒット性の強いライナーを春市が飛びついてナイスキャッチ。

沢村
「きたぁ~、春市タイム!!」

倉持
「春市ナイス!ヒャハハ」

両チームの堅い守備がピッチャーを助け、0点のまま回は進む。
(4回裏終わって2-0)

御幸
(小湊・・・サンキュー
もう少し変化球が使えないと、さすがに厳しいな)

降谷に話しかける春市。

「止めれてよかった!」

グラブを合わせる降谷と春市。

しかし降谷が白目でオーラを出している。
(もっともっとバックが楽に守れるように、打者を圧倒する投球を)

御幸
「コラコラ、オーラをしまえ・・・」

春市
「うん、しまって」

御幸
「ようやく変化球が枠に入りだしたんだ
次の回、変化球を中心に組み立てれば三高のバッターも戸惑うぞ」

降谷
「わかりました
捻じ伏せます!」

御幸
「目線を外すだけでいいから
ど真ん中でいいから!」

春市
「落ち着いて」

ベンチの由井
(気持ちが入りすぎて制球も定まらない
とんでもなくリードしにくいはずだけど・・
要所でタイムを取り、声をかけたり、リードの意図を正確に伝えたり・・
降谷さんの気持ちをなんとかコントロールしようとしている・・・
もちろんチームが勝つためだけれど・・
試合だとここまで献身的に振る舞えるんだ・・・)

片岡監督の表情が少し明るくなった・・・

落合コーチ
(そろそろリズム作ってほしい・・・)

スタンドの1年
「いや~、小湊さんの守備やべえ」
「二遊間の安定感な!」
「降谷さんまだ調子出てないけど、絶対ここから上がってくるぞ」

瀬戸
「リードはしてるけどそんな押してる雰囲気ないよな」

奥村
「・・・」

打者白州に対する天久のピッチング。

スライダーを空振りする白洲。

5
スタンドの成宮
「初回から見極めができてたスライダーに手が出始めたな」

多田野
「・・はい」

追加点は決して許さない!!
天久光聖、本領発揮。

 

随時追加更新


スポンサード リンク

ダイヤのA 高校別強さランキング選手権はこちら

~ダイヤのA act2 40話 ネタバレ 確定41話の展開は?に続く~

 - ダイヤのA act2