ダイヤのA act2 31話 ネタバレ 【頂点まであと2つ!】

      2016/08/10

ダイヤのA 高校別強さランキング選手権はこちら

 

ダイヤのA act2ネタバレ最新話情報です

 

31話 ダイヤのエース act2 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

 

市大三高監督・田原利彦
「主力投手を二人起用し、新戦力の1年がとどめの1発・・・
デンジャラスだな
勝ち方に王者の貫禄がついてきた」

zxzx

充実のコールド勝ち!
頂点まであと2つ!!

 

ダイヤのA act2 31話ネタバレ

『他所のエース』

春季東京都大会
準々決勝第二試合
市大三(西東京)-仁王学舎大附(東東京)

5回表、ここまでスコアは0対0

仁王学舎の攻撃でランナーを三塁に進めるも、この回も得点ならず

粘りの投球を見せている両チームのエース

観戦中の青道の選手

前園
「ええよな、仁王学舎の投手」

倉持
「スピード結構出てるだろ
市大の打者が振り遅れてるもんな
かたや天久光聖
失点はしていないけど、ピリッとしてないよな
首傾げてるし」

渡辺
「うん
これは本来の姿じゃないね
スライダーもあまり投げてないし・・・」

御幸(隣に沢村と降谷)
「こうなってくると先制点がポイントになるな
お前らも試合の流れ
よく見ておけよ
ひとつのエラー
判断ミス
何が試合の勝敗を分けるか」

6b2620aa50bcf6fd2307f7e0082109be

気合の入った投球を続けている仁王学舎のピッチャー
インコースを攻める

343d3422d67c462e5a06d60516bfcbe8

御幸
「市大打線にも臆せず、向かっていく姿勢
面構えもいいし、誰かに似てるな(沢村?)
けど試合もこれから後半
リードをどう組み立てるかだな
前半通用したからといって、簡単にストライクを取りに行くと、対応してくるぜ」

御幸の言葉が終わらないうちに市大の3番打者がソロホームラン

6aa40ca177a5199064d3e5f467d05470
沢村と降谷は尊敬のまなざし

御幸
「な!
・・・とはいっても、出会い頭の一発かもしれねえ
これ以上追加点を与えなきゃチャンスは来る」

しかし、市大はその後ヒットを重ね、1点を追加する

a4e2afb718d22e036e04db661566da49

御幸
「さすが・・・
この追加点は嬉しいよな」

市大の攻撃が終わり、マウンドへと向かう天久

御幸
「さぁ、大事なのはここから
膠着した試合が動いた時は、自軍も失点しやすくなる
この回をしっかりと抑え、流れを確実につかむことが出来るか」

天久は自信に満ちた表情
「つーかさ、1点あれば充分ですけど」

847f96c9b77ee76cdd7690df37493a55

その後、6,7,8回を0点に抑える

倉持
「あのヤロ、ギアを上げやがった」

反撃を試みる仁王打線
しかし天久はスライダーで三振の山を築く
結局、5回以降二塁を踏ませぬパーフェクトピッチングで仁王学舎を捻じ伏せた

御幸
「あのスライダー とんでもねえな」

沢村
「た・・・戦う前から何を弱気な!!」

降谷
「聞きたくなかった」

御幸
「いや、実際、高校レベル超えてるって」

試合後インタビューを受ける天久
「いや・・・
去年の春は真中さん調子崩してたし・・・
自分は別に因縁とか思ってないです」

春の都大会もいよいよ準決勝、決勝を残すのみ
決勝に進んだ2チームには関東大会の出場権が与えられるが、ここでの結果が、甲子園に直接つながるわけではない
とは言え、ベスト4のうち3チームが西東京
夏の本戦で再戦する可能性がある限り余計な情報や弱みを見せることも出来ない

38ed320197b4a329ded1c7c20062c605

負けても次はあるが、負けるつもりはない
夏を見据え、各校のプライドだけが激しくぶつかり合う

監督室

話し合っている監督、落合コーチ、倉持、御幸、前園、高島、部長

御幸
「今日の降谷のピッチングなら市大打線も苦労すると思います
けど、ピッチングにやっぱり力みがありますね
長いイニング投げた時どうなるか」

落合コーチ
「・・・リリーフの方が今はいいんですかね」

部長
「え?
じゃあ次の先発は?」

食堂から出たところで沢村と奥村光舟がばったり鉢合わせ

無言で睨んでいる沢村

奥村
「何ですか?」

瀬戸
「おい光舟」

沢村
「飯食ったのか!!」

光舟
「食べましたよ」

瀬戸
「3杯だぞ!!」

光舟
「はい3杯・・・」

沢村
「超山盛りか!?」

光舟
「・・・・」

沢村
「ふははははは
ただの山盛りなど山盛りとは言えんわ
このひよっこ飯が」

303bec203d0f670c32fe395a97ec2e30

瀬戸
(うるさい・・・)

浅田
(やっぱり根に持ってた~ )
「行きましょう、沢村先輩
てか何しにここへ!!」

沢村
「忘れた!!」

ベッドで横になり、考え事をしている降谷に声をかける由井

由井
「降谷さん、今日投げ足りないんじゃないんですか?
俺、いつでも付き合いますよ」

daiya31_13

~ダイヤのA act2 32話 ネタバレ 確定33話の展開は?に続く~

随時追加更新


スポンサード リンク

ダイヤのA 高校別強さランキング選手権はこちら

 - ダイヤのA act2