ダイヤのA 青道高校の投手陣について徹底考察!!

      2016/10/16

~ダイヤのA 青道高校の投手陣について一覧まとめ~

ダイヤのA 高校別強さランキング選手権はこちら
ダイヤのAの今後のポイントや展開予想はこちら

 

現在ダイヤのA act2が好評の中、実は第1部を観たことがないという方が多いと聞きます。
ここで登場キャラクターの中から主人公のポジションでもある投手陣の能力や、ステータスなどを比較し徹底考察してみました。

 

丹波光一郎

story_05_04

所属:青道高校 3年生

出身地:東京都

ポジション / 背番号:投手 / 1

投打:右投げ右打ち

血液型:A型

CV:森田成一

「毎試合ゲームを作ってこそエースだからな!」

中学時代は市大三高の真中の控え投手であったが、エースへのこだわりが強く、青道へ入学を決意した。

野球と投手の才能は抜群のものを持つがノミの心臓のため、大事な場面に弱く、また極度のあがり症は入部当初から期待の目で見ていた指導陣と目を合わせられない程だった。

クリスと親しく、再びバッテリーを組めることを願っていた一方、先輩にも物怖じしない御幸のことは苦手としている。

縦に大きく割れるカーブを武器にする本格派投手。

ストレートはMAXで140km/h。

夏の予選を前にフォークを習得するも2年の秋に肘を故障してしまう。

3年の春に復帰するも夏の大会前、練習試合で顎に死球を受けて負傷し、予選を目前にして戦線離脱を余儀なくされる。

復帰後は途中降板したけじめとしてスキンヘッドにして登場した。

苦難を共にしてきた3年生からは変わらぬ信頼と期待を寄せられており、片岡監督もそれを酌みエースナンバーは彼に託した。

 

 

川上憲史

33455655_480x270

所属:青道高校 2年生

出身:埼玉県

ポジション / 背番号:投手 / 10

投打:右投げ右打ち

身長 / 体重:173cm / 63kg

誕生日:3月25日

血液型:B型

趣味・特技:音楽鑑賞(J-ROCK)

愛称:ノリ

CV:下野紘

控えめな性格のリリーフ経験豊富な投手。

バッティングピッチャーとして東清国に滅多打ちにされ罵倒されていたシーンが沢村が青道の見学に来た際に描かれている。

入部当初から才能と実績を認められていたが、控え目な性格の為上級生の東からよく叱咤されていた(東が卒業したあとでも大声を聞くと動揺してしまう)。

月に2冊は音楽雑誌を購入するほど、一人で音楽を聴くのが好き。

白州とは同じ一軍で同級生の外野手で気の合う友達。

沢村からは「ノリ先輩」と呼ばれる。

一軍の二番手投手。コントロール抜群のサイドスロー。

1年の秋から試合に出場しており、リリーフ経験が豊富で、決め球は低めのストライクゾーンからボールゾーンに落ちるスライダー。

夏の大会ではリリーフの経験を買われ終盤から最終回までを任されていて、秋季大会では不安定なところは見られるものの、徐々に夏大会前の状態を取り戻しつつある。

1年時の秋季大会でシンカーを三連続で死球にしてしまったトラウマがあり、2年の秋までシンカーを封印していたが、降谷や沢村の活躍を目の当たりにし、ピッチングの幅を広げるためにも解禁することを決意した。

 

 

沢村栄純

11498-783139664

所属:青道高校 1年生

出身:長野県 / 赤城中学

ポジション / 背番号:投手 / 20→18

投打:左投げ左打ち

身長 / 体重:175cm / 65kg

誕生日:5月15日

血液型:O型

趣味・特技:クワガタ捕り、相撲観戦、釣り

CV:逢坂良太

「エースには俺がなる!エースの中のエース!!キングオブエースに!!」

家族構成は父、母、祖父の四人暮らしで、当初は地元の高校に進学し、仲間と共に野球を続けるつもりだったが、中学校の最後の試合を観戦していた青道野球部副部長兼スカウトの高島礼にその隠れた才能を認められ、その気はなかったが渋々ながら見学に訪れた青道で御幸一也と出会い気持ちが揺らいで、高い技術を身につけるために野球留学をするか地元の高校に進むかで葛藤するが、最終的には自分の力を試したいということで、仲間の後押しと共に青道への入学を決めることになった。

これまで本格的な指導を受けたことがなく、野球はもっぱらプレイするだけで見るということをしてこなかったため、野球の細かい知識は抜けていることがある。

感情豊かな一面もあり何かあるとすぐに泣き出すことがある。

素直さ闘志とを剥き出しにした負けず嫌いの性格の持ち主。

単純で素直なため、他人にはからかわれたり馬鹿にされることも多々あるが、野球に関しては人一倍熱心でありその点は他の部員にも認められている。

入部当初からその言動や熱い性格が周囲の反感を買うことも多かったが、クリスとの衝突を機に、それまで自分に欠けていた投手としての大切なことを教わり、努力を重ねる姿はチームメイトからも少しずつ認められはじめた。

上級生であっても入部時から振り回されることの多い御幸は苦手としており、多少反抗的な態度でタメ口で話しているが基本的に自分が尊敬する相手には礼儀正しい。

また、調子に乗りやすい性格上、試合中味方から罵声やヤジを受けることが度々ある。
学校の成績はもっぱら悪く、数学の知識に至っては小4で止まっているほどだが、1学期の期末試験は金丸の指導のおかげもあって、赤点は回することができた。

寮では倉持、増子と同室である

倉持からは関節技をかけられたりパシリにされていて、
地元の若菜とのメールのやり取りを勝手に返信される等の被害に遭っている。

春市とは互いに「春っち」「栄純君」と呼び合っている。

同学年で同じポジションの降谷を特にライバル視している。

夏の大会で三人とも一軍入りしており、いつも一緒にいることが多い。

金丸と共にマネージャーの春乃と同じクラスであり、自覚はないが気になる相手として意識されている。

タイミングの取りづらい変則的なフォームとキレのあるクセ球が持ち味

数少ない左投げ投手で、当初は「ストレートだけの一本勝負」と豪語しており球速も130km/hに満たないが、実際は手首と肩関節の柔らかさにより無意識に上下左右に変化する「ムービングファストボール」を投げられる。

投手以外の経験はほとんどなく、フライもまともに捕れなかったり、打撃面はトスバッティングの球すら空振るなど投手以外の技術は壊滅的だが、なぜかバントだけは天才的に上手く、150kmのピッチングマシンのボールにも当て、勢いを殺してライン上に転がすことを容易くこなす。

試合の流れを引き寄せる闘志を前面に押し出す姿勢は、多少のピンチにもほとんど動じずぶつかっていける精神面の強さといった「エース」としてのたぐいまれなる才能を持ち、その才能の原石の大きさに捕手の御幸や指導者陣、クリス、また対戦した相手校の監督なども将来性を感じている。

夏大会後はイップスにより調子を崩すも、秋季大会で初先発登板した七森戦でこれを克服することができ、フォーシームを習得して以降、ボールのキレは増した。

落合コーチの助言により、ピッチングの幅を広げるためチェンジアップの習得に取り組む。結果、通常の握りのチェンジアップと鷲掴みで握る高速チェンジアップの習得に成功し、ムービングのさらなる発展の兆しを見せた。

 

 

降谷暁

71wvqfgrmnl-_aa1000_

所属:青道高校 1年生

出身:北海道 / 苫小牧中学

ポジション / 背番号:投手 / 18→11→1

投打:右投げ右打ち

身長 / 体重:183cm / 65kg

誕生日:7月1日

血液型:O型

趣味・特技:釣り、昼寝、読書(主に動物図鑑)

CV:島﨑信長

「もう‥誰にもマウンドを譲らない」

表情はあまり変わらないものの感情の起伏が分かりやすく、いつも無愛想だが
内には並々ならぬ闘志が宿っている。

端正な顔立ちで、御幸同様に女子からの人気も高いが、中学時代は自分の球を取れる捕手がおらずチームメイトから遠ざけられ、一人壁に向かって投げていた。
雑誌で紹介されていた青道の捕手御幸なら自分の球を捕球してくれるに違いないと考え、一般入試で青道に進学した。

春市と同じクラスメイト。学業成績は悪く、1年夏の期末試験は赤点で追試を受けていた。

同学年で同じポジションの沢村は実質的ライバルと呼べる存在、夏の大会にて三人とも同じく一軍入りしており、いつも一緒にいることが多い

浮き上がっているかと錯覚するかのような150km/h近い剛速球を投げる怪物ピッチャー。

いわゆるセンスの塊のような人間で、打撃面はムラがあるがバックスクリーンへの本塁打を打てる長打力の持ち主。長打力と強肩を買われ、マウンド降板後もそのままレフトに入ることが多い。

練習やマウンドに対する執着心がかなりあり、途中で練習を止められたり、マウンドから降ろされたりするとオーラを発するほど不機嫌になる。

秋季大会ではエースナンバーを背負い、力投しているが、立ち上がりの失点や試合によって好不調の波が激しいなど課題を多く抱える結果となった。

余談ではありますが・・・

一見クールに見えるが、実はかなりの天然である。
注射を怖がる描写がある。
他人の話を聞かないことも多い。

という少し変わった一面もあります。



~次回考察へ続く~



スポンサード リンク

その他の関連記事一覧↓

ダイヤのA 高校別強さランキング選手権はこちら
ダイヤのAの今後のポイントや展開予想はこちら

以上、ダイヤのA 青道高校の投手陣についてでした♪

 - ダイヤのA act2, 週刊少年マガジン