キングダム 493話 ネタバレ 【最強の弓矢兄弟が飛信隊に入隊?】最新確定

   

キングダム 名言ランキングはこちら
史実から紐解く!キングダムの今後の展開予想はこちら

 

キングダムネタバレ最新話情報です☆

 

~493話 キングダム ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ 無料~

 

~前回のハイライト~

我呂
「・・・・・・ソウゲン・・・・・・
ソ・・・
蒼源って・・・
ま・・・まさか・・・
あの特殊弓騎兵団を作った蒼源様かっ!?」

急に叫ぶ我呂に驚く信


「!?な 何だ・・・
やっぱ知ってんのかよ我呂」

兄弟
「?」

我呂
「し・・・
知ってる・・・
つーかお前らこそ聞いたことねーのかよ・・・

た たしかにすぐに戦死して戦場に名を残さなかったが
蒼源って言えば・・・
秦で唯一人『中華十弓』に名を連ねた達人だ!!」


「え”っ!?」

e382ade383b3e382b0e38380e383a020e3838de382bfe38390e383ac20492e8a9b1493e8a9b120e69c80e696b0-6


「こっ・・・こんな所にその技を継ぐ奴が・・・
しっしかも飛信隊に!?」


「・・・・・・
何かひょっとして入れてもらえる流れなのかな?」


「え!?そうなの兄ちゃん」

 

ネタバレ キングダム 493話

 

”中華十弓”を父にもち
圧倒的な弓技を見せる兄弟!!
またまた凄腕披露の予感が・・・!?

 


「淡」


「うん」

的を遠くに設置する淡
その間 兄が信達に
”中華十弓”の説明を始める


「”中華十弓”とは
趙 武霊王の時

全土から弓自慢を呼び集めて
腕比べを催し

その時の上位十人を
そう呼んだのが
始まりらしいです

優勝した金令は
五百歩の所から

十射中八射が的を
射抜いたそうです」

798


「!」


「五百」

的から五百歩を数え終える淡


「兄ちゃんこの辺だよ」


「うん」


「え?」


「そう ちょうどこの距離です」

尾平
「え”っ!」

的が点にしか見えない距離
驚愕する一同

 

かすかに見える
”中華十弓”の証

 

試しに1本矢を打つが
的に当たったかどうかすら
分からない距離

父・蒼源はこの距離でも
十射中八射はあてたという

テン曰く中華には十射
当てる者もいるとのこと

特に十弓の中の上位3人は別格
1人は魏の馬朱離


「んじゃあとの二人は?」

テン
「燕の仙手備と趙の青華雲だ」

mhg


「でも運悪く麃公軍に入って
すぐ討ち死にしちまったんだろ?」

そこで岳雷が話に割って入り
麃公の事について語り出す

岳雷
「蒼源様が何もせずに
死んだような言い方をするな

たしかに決して
長い期間ではなかったが

蒼源様の矢は戦場で
多くの味方の命を救い

多くの敵将校を射殺し
戦を勝利に導いたのだ」

兄弟
「・・・」

8u8

岳雷
「それから麃公将軍も
蒼源様を抜擢し
特殊部隊を作らせた

弓騎兵だけで構成された
遊撃隊だった」

背景には麃公 蒼源の姿

麃公
”好きにやれイ”

蒼源
”うむ”

re6

岳雷
「だがある戦場で
窮地に陥った隊を
救いに行った

”蒼弓”は敵の大いなる
伏兵に遭い敗れた
そこで蒼源様も死んだ」

テン
「!!」

岳雷
「すまぬ そこで救われた隊に
俺はいた

お前達の父の死に
俺は大きく関わっている」

そう言い兄に頭を下げる坊主

zcf


「淡 ますます戦場に
行きたくなったな 」


「そうだね 兄ちゃん」

sdc

2人は飛信隊を
志望した理由を問われる

飛信隊は弓矢のように
まっすぐだと聞いた
というのが理由らしい


「あとキョウカイと
カリョウテンが

可愛いって噂も
あったんだよね

兄ちゃん」


「バカ!淡
それは今
別に言わなくてもいいだろ!」


「え」


「あと さんをつけろ!さんを!」

弓矢兄弟にずっこける飛信隊

6g7

気を取り直して頭を下げる兄


「・・・あの 体力試験には
早々と落ちてしまいましたが

この弓にかけて
一所懸命戦います

俺達をどうか飛信隊に
入れて下さい!」


「兄ちゃん・・・」


「淡!」


「あっ!」

淡も頭を下げる
弓矢兄弟は特別合格


「カカカ あっさり
特別合格出しちまったな
テン」

テン
「あっさりじゃないよ
信にも見えてるんでしょ
あの的・・・」


「ああ」

scr

兄弟が放っていた矢は全て
的に命中していた

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━

大岩を持ち上げている志願兵
それは前回持っていた志願兵(干斗)
崇原が干斗に話しかける

崇原
「お前はどうせ残れないから
今聞いといてやる」

干斗
「るせェ!
あんたは黙って向こうへ行ってろ!

崇原
「何で入りたい
”干斗(かんと)”?」

干斗
「・・・ぐっ 元下僕から
這い上がった隊長に・・・

その脇を固めるあんたらも
ほとんど平民の出・・・

そ そんな部隊が活躍してて・・・
憧れねェ奴はいねェだろがっ!!

ヌォォ絶ってぇ
残ってやるからなあああ!!」

4fg

━━━━━━━━━━━━━━━

一方 キラキラと眩いばかりに輝いているキョウカイ

ナレーション
「キョウカイが受け持った
別の会場では

全く同じ体力試験を
四百人もの人数が
通過してしまった」

志願兵達の走りを
見ているキョウカイ達

志願兵達
「ウオオォ!!
ゼハァ・・・ゼェ・・・
ヌオオォ!」

飛信隊
「こいつら・・・
一体 どうなってんだ」

志願兵達
(死んでキョウカイ様と
戦争に行くんだァ!!

キョウカイ様ァ!
キョウカイ様ァ!

ぐはっ!!
今目が合ったぞォ!!)

飛信隊
(ぜってェこいつら
キョウカイ目当てで
頑張ってやがる)

tr3

━━━━━━━━━━━━━━━

別の会場では楚水も
400人を選抜していた

合計で1150人
予定の1000人より多い

ナレーション
「それで仕方なく更にそこから
千人きっちりになるよう

追加選抜試験が
行われたのである」

テン
「ご・・・ごめん」

fgd

ナレーション
「身体能力に優れた
新戦力一千人が選抜され
飛信隊に入隊したのである」

dfg


「お前ら!
あんな苦しい選抜を
よく勝ち残ったな
まったく大したもんだ!」

新兵達
「!!」

「た 隊長!!」

「隊長 信!」

「声が通る!」

「ああ」

(隊長信に褒められた・・・!)

1


「今からこの非じゃないぐらいの
訓練が始まる」

新兵達
「!!」


「でもへばるんじゃねえぞ!
お前らは全員もう

大武功めがけて走り続ける
飛信隊なんだからよ!」

2

 

 

以下嘘バレ


「中華十弓・・・!!」

我呂
「と とんでもない奴らが
入ってきたがったな・・・!!」


「おい コイツら入隊で
いいよな!?」

テン
「・・・」


「テン?」

難しい顔をして考え込んでいる貂
その背後でドキドキしながら
答えを待っている兄弟


「・・・どうした?」

テン
「オレの考えが甘かった・・・!」

キョウカイと信の戦い方が違うように
一人一人個性があって当たり前だと
悔しそうなテン

テン
「誰にも真似できない
”個性”を持った兵士は
いるはずなんだ

探そうとしてなかっただけで・・・
クソ こんな当たり前の事を
忘れるなんて」

いったん体力試験も弓も剣技も全て中止させるテン

志願兵達は戸惑いつつも
休める事に安堵する

志願兵達を一か所に集めると
テンが一同に問いかける

テン
「他人に誇れる特技があるか」

少し沈黙の後 一人の手が上がる
すると次々に手が上がっていく

一人目の志願兵
「農業の知識なら負けない」

そう自信満々で話す
思わずズッコけるテン

だが家具の製造をしているという
オジサンの「材料さえあれば何でも作れる」
という発言に目を光らせる

弓矢兄弟のような個性は稀だが
弩弓さえあればどんな兵士でも
恐ろしい部隊へと変わるとテン

水泳の達人 火薬に詳しい者
変装・潜入が得意だという者など

特殊な技能をもった13人の志願兵を前に
テンが武者震いを始める

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

キングダム 名言ランキングはこちら
史実から紐解く!キングダムの今後の展開予想はこちら

~キングダム 494話 ネタバレ 確定495話の展開は?に続く~

 - キングダム